スポンサーリンク

ふじいそうた(藤井聡太)8月22日の朝日杯中継は?竹内雄悟四段の成績は?

Pocket

ふじいそうた(藤井聡太)8月22日朝日杯中継は?竹内雄悟四段の成績は?

藤井聡太四段の8月22日(火)の対局の中継予定です。

第11回朝日杯将棋オープン戦8月22日(火)の中継予定

対局と解説会は朝日新聞デジタルで中継があります。

中継予定時間は10:00~17:00までとなっています。

8月22日は2回戦が10時から始まり、2回戦の勝者が3回戦に進みます。3回戦が14時からとなっています。持ち時間が短いので一人が一日に2局対局することが多いです。

決着がつくのが早いのでスピード感のある対局になりそうです。 1回戦の藤岡隼太アマとの対戦は14時開始で15時44分には終了していました。

8月22日(火)のスケジュール

10:00~大石直嗣六段 VS 藤井聡太四段(2回戦)
14:00~藤井聡太四段 VS 竹内雄悟四段(3回戦)
となります。

2回戦の対局相手:大石直嗣六段のプロフィールと成績はこちら勝ち進んだ場合の

3回戦の対局相手:竹内雄悟四段のプロフィールと成績は下にまとめておきます。

朝日杯オープン戦は例年公開対局となっています。 1回戦の藤岡隼太アマとの対戦のときは藤井フィーバーの真っただ中で例年対局は公開されていましたが、会場が混乱するかもしれないと急遽非公開の対局になりました。

今回は関西将棋会館4階多目的ルームで大盤解説会が予定されています。事前申込制なので興味のある方は将棋連盟HPまでどうぞ。ちなみに対局の方は非公開とのことです。

スポンサーリンク

竹内雄悟四段とは?プロフィール

竹内雄悟(たけうちゆうご)四段プロフィール

1987年12月17日生まれ29歳
広島県広島市出身
師匠:森信雄七段
竜王戦5組
順位戦C級2組

2013年4月1日に25歳で四段に昇段しプロ入りしています。奨励会に入会(2004)したのは広島観音高校2年生の時で同期入会者の中では2番目に年長でした。

奨励会入会も遅かったようですが、四段プロ入りも年齢制限ギリギリだったようです(プロ棋士になるには26歳までに四段にならないと奨励会退会 )

竹内雄悟(たけうちゆうご)四段は改名しており、旧名竹内大悟(たけうちだいご)といいます。改名したのは2007年の奨励会二段の時だそうです。

将棋ファンの間では「ユーゴ先生」という呼び名で親しまれています。棋士の間では「タケダイ」と呼ばれ続けています。

なぜ改名したのか詳しい理由は明らかにされていません、しかし改名するということは何か事情があるのでしょうね。

スポンサーリンク

(3回戦対局相手)竹内雄悟四段の成績は?

竹内雄悟四段の最新の成績をまとめておきます。3回戦?対戦するかわかりませんが、藤井聡太四段の成績もまとめておきます。

藤井聡太四段 竹内雄悟四段
2017年対局数 27 10
2017年勝敗(結果) 24勝3敗 4勝6敗
2017年勝率 0.8889 0.4000
通算対局数 37 152
通算勝敗(結果) 34勝3敗 75勝77敗
通算勝率 0.9189 0.4934
棋士レーティング 1714 1561

そういえば竹内雄悟四段と藤井聡太四段は今年すでに2回対戦していますね。

2017年2月23日 NHK杯・予選決勝(藤井四段6戦目)

2017年5月18日 加古川青流戦2回戦(藤井四段18戦目)

2局とも藤井聡太四段が勝利しています。もし3回戦で対戦ということになると3回目の対局になります。これは負けられないと竹内四段も燃えてるんじゃないでしょうか?

ちなみに 大石直嗣六段は竹内四段の兄弟弟子にあたります。大石六段との対戦になれば兄弟対決ということになりどちらにしろ注目を集めそうですね!

ふじいそうた(藤井聡太)朝日杯速報!大石直嗣六段戦の対局結果は?

スポンサーリンク