スポンサーリンク

夏目漱石の「こころ」の読書感想文の例文!物語のあらすじとネタバレ

Pocket

夏目漱石の「こころ」のあらすじ

夏目漱石のこころは3部で構成されています、「先生と私」「両親と私」「先生と遺書」

「私」=先生は叔父に自分の両親から受け継いだ財産を奪われます。先生は裏切られたことで人間不信になり叔父の元を離れます。

間借りしている家のお嬢さんに恋をしてしまいその後にKと同居することになり三角関係になります。先生はKからお嬢さんに対する恋心を聞いていながら自分の気持ちは言えず、

Kにお嬢さんを諦めさせるためかつてKが言った言葉をKに投げかけます。その後先生はお嬢さんと結婚が決まります。周りに少し知れ渡ったころにKが自殺します。

先生は親友を裏切ったことで罪悪感に苦しみ最後は自らも死を選ぶ。

「先生と私」の私=学生の眼を通した主人公の先生が描かれる前半と、「先生と遺書」の後半の告白の展開が対照的な名作。

スポンサーリンク

夏目漱石の「こころ」を読んだ感想

「精神的に向上心のない者はばかだ」この言葉がKを追い詰めます。真宗寺に生まれたKは求道のためなら全てを犠牲にすべきという考えを持っていました。

Kはお嬢さんに恋をしたことで自身のこころの中にそれまでの生き方とは相容れない感情を見出してしまいます。それは彼にとって許し難いことでした。

Kは以前、自分が友人「先生」に放った言葉を真正面から突き付けられたうえ信頼していた友人にお嬢さんを奪われるという裏切りにあい死を選びます。

その死の場面は鮮烈なイメージで私の中に残っています。彼が一切の恨み言を遺書に書かなかった理由は彼の高潔な精神から書くのは恥だと考えたことと、お嬢さんと母親を苦しませたくなかったからでしょう。

結果的に遺書に恨み言がなかったことで先生はさらに重い十字架を背負うことになりました。

先生は自分を慕って通ってくる学生「私」に出会い、彼に若き日の自分を重ねることで苦しみながらも自死を選ぶことで解放されることを望んだのだと思います。

先生はkの中にも自分や学生の中にもある根源的な寂しさを私たちに気づかせてくれます。友人を死に追いやった先生の死は自業自得という言葉で片づけるのは簡単ですが、それだけではこの小説を読む意味がありません。

この「こころ」が傑作と言われ、高校生の教科書に必ず載るほどであるのは、誰の心の中にもある、根源的で普遍的な寂寥感を読者に気づかせそれに負けない強さを養ってもらいたいからだと私は思います。

乃木大将の真似をして明治天皇ご崩御の殉死という形をとろうとするところに、妻を傷つけたくないという最後の願いを愛情ととるか心の弱さととるかは受け手にも依りますがそこにも先生の心の中の闇の深さが感じられます。

「ひとは生まれるのもひとり、死ぬのもひとり」と言いますが、人生を歩むのも、寂しさを連れて歩むものなのです。その寂しさに飲み込まれないように、心の強さをはぐくむことが大切だと思いました。

夏目漱石「それから」の読書感想文!現代版ニートの恋物語?
夏目漱石「それから」の読書感想文!現代版ニートの恋物語?
夏目漱石の「それから」読書感想文!現代版ニートの恋物語? この物語の主人公、長井代助は三十歳で無職の男性です。大学を優秀な成績で卒業するも...
夏目漱石の坊っちゃんの読書感想文!何回読んでも面白い名作!
夏目漱石の坊っちゃんの読書感想文!何回読んでも面白い名作!
夏目漱石の坊っちゃんの読書感想文!何回読んでも面白い名作! 明治の時代に生きた「坊ちゃん」 小説の舞台は、明治初期。まさに江戸時代が...
太宰治の走れメロスの読書感想文!ダメ男の友情に感動?
太宰治の走れメロスの読書感想文!ダメ男の友情に感動?
太宰治の走れメロスの読書感想文!友情物語? 走れメロスを今回初めて読んだんですが、正直熱血ギャグマンガのストーリーを読んだような気分です。...
スポンサーリンク