スポンサーリンク

高島屋2018年福袋で藤井四段の師匠と対局!売り出し店舗と販売方法は?

Pocket

高島屋2018年福袋で藤井四段の師匠と対局!売り出し店舗と販売方法は?

出典:photoAC

年末になると売り出されるのが福袋、 ファッション系の福袋はもうすでに予約が始まっていますね。

最近の傾向で多いのが「体験型の福袋」です。各百貨店はオリジナリティを出そうといろんなアイデアの体験型の福袋を発売します。

2018年福袋は2017年の流行を意識した福袋が多いです。 その中でも将棋に関係した福袋を紹介します、11月1日高島屋のオリジナル福袋が発表されました。

気になる内容と売り出し店舗などをチェックします!!

スポンサーリンク

藤井四段の師匠と対局!高島屋オリジナル夢袋の内容とは?

将棋好きスーパーキッズ集まれ!

「杉本昌隆七段(藤井聡太四段の師匠)に未来の天才棋士がチャレンジ」夢袋

と題した福袋が高島屋から発売されます!藤井聡太四段の師匠の杉本昌隆七段も藤井フィーバーですっかり有名になりましたから顔を覚えた方も多いと思います。

<プロフィール>

杉本昌隆七段:棋士番号197

1968年11月13日生まれ48歳

愛知県名古屋市出身

師匠:(故)板谷進九段

しかもお値段は何と税込で2018円!

信じられないほど安い値段ですね笑

一組2名様で税込2018円!となりますがこれは倍率がかなり高くなりそうです。

詳しい募集人数は

15組30名様✖2回=合計60名様限定(抽選販売)

(一組につきお子様1名と帯同保護者様1名)

この福袋の対象は将棋の好きな小学生で高島屋によると小学生が対象なのでお年玉で買える金額に設定したということです。

まさに福袋ならぬ夢袋ですね! これは将棋好きキッズなら喉から手が出るほど欲しい福袋でしょうね!

でも抽選に並ぶのは保護者かな?

公式サイトによると

【内容】 将棋人気が高まる中、天才棋士 藤井聡太四段を指導した秘訣に迫ります。

●藤井聡太四段の師匠 杉本昌隆七段による将棋講義

●未来の名人を目指す少年少女15 人と杉本昌隆七段が同時に対局 ※帯同保護者様は、ご見学のみとなります。

●杉本昌隆七段と記念撮影

■実施予定日:2018 年3 月の土・日のうち 1 日を予定 (11:00、14:00) ■実施会場:日本橋店 特設会場

※いずれも予定です。 一部内容が変更になる場合がございます。

※現地までの交通費はお客様のご負担になります。

※この内容は、夢袋のために特別に企画されたものです。

引用高島屋PDFより

夢袋の体験の実施日は3月なんですね~春休みに設定も可能ですね。 抽選応募については2018年の1月2日と3日のみになっていますので受付場所の店舗を要チェックしておきましょう!

スポンサーリンク

高島屋オリジナル夢袋の売り出し店舗は?販売方法は?

こちらの福袋は関東の9店舗限定で抽選販売が行われます。その9店舗を調べました。

高島屋の公式サイトによると

【ご応募】

◆受付期間:2018 年1 月2日(火)・3 日(水)

◆受付場所:髙島屋関東9 店舗:日本橋店、新宿店、玉川店、立川店、横浜店、港南台店、大宮店、柏店、高崎店

専用応募用紙に必要事項をご記入のうえ、設置の応募ボックスにご投函ください。

受付期間終了後、ご応募いただいたお客様の中から抽選のうえ、ご当選者様には担当者より直接ご連絡いたします。 当選されたお客様には、別途詳細をご案内いたします。」

タカシマヤの各店舗の住所を載せておきます。

高島屋日本橋店

〒103-8265 東京都中央区日本橋2丁目4番1号 TEL:(03)3211‐4111

高島屋新宿店

〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号 TEL(03) 5361-1111

高島屋玉川店

〒158-8701 東京都世田谷区玉川3丁目17番1号 TEL(03) 3709-3111

高島屋立川店

〒190-8507 立川市曙町2丁目39番3号 TEL(042) 525-2111

高島屋横浜店

〒220-8601 横浜市西区南幸1丁目6番31号 TEL(045) 311-5111

高島屋港南台店

〒234-8501 横浜市港南区港南台3丁目1番3号 TEL(045) 833-2211

高島屋大宮店

〒330-8511 さいたま市大宮区大門町1丁目32番地 TEL(048) 643-1111

高島屋柏店

〒277-8666 柏市末広町3番16号 TEL(04) 7144-1111

高島屋高崎店

〒370-8565 高崎市旭町45番地 TEL(027) 327-1111

高島屋のトップページはこちら←各店舗の情報もこちらから見れます。

将棋が好きなお子さんがいらっしゃる方はめったにない機会なのでチェックしてみてください。

スポンサーリンク