スポンサーリンク

菅井竜也七段は藤井聡太四段より強い?羽生キラーと言われる所以は?

Pocket

菅井竜也七段は藤井聡太四段より強い?羽生キラーと言われる所以は?

菅井竜也七段.jpg

菅井竜也七段プロフィール

1992年(平成4年)4月17日生まれ(25)
岡山県岡山市出身
師匠:井上慶太九段

2010年4月1日四段昇進17歳でプロ入り
2011年8月21日五段昇進
2015年3月10日六段昇進
2015年11月5日七段昇進

棋風は元来振り飛車党で、目標にしている久保利明を彷彿とさせる、捌きを重視する棋風であった。 2013年あたりから相矢倉を中心として居飛車も指すようになり、2014年頃は、序盤で趣向を凝らした相矢倉を好んで指していた。 2015年に入るとノーマル四間飛車も多用している。

序盤研究に定評があり、「菅井流」「菅井新手」と呼ばれる数々の戦法や新手を編み出していることでも有名で、対局相手にとっては的が絞りづらい棋風である。

電王戦での呼び名は「振飛車電脳棋士」
ネットでは「勝率くん」と呼ばれることもある。
引用ウィキペディア

菅井竜也七段は本も4冊出版しています。

「羽生キラー」 と言われる所以は現在進行中のタイトル戦第58期王位戦の七番勝負で羽生善治王位(46) に2連勝をしているから。今ノリに乗っている勢いがあるから要注意かもしれませんね。

菅井竜也七段が羽生王位を破り初タイトル獲得!今後の対局予定は?
菅井竜也七段が羽生王位を破り初タイトル獲得!今後の対局予定は?
菅井竜也七段が羽生王位を破り初タイトル獲得!今後の対局予定は? 将棋の王位戦で羽生王位に挑戦していた菅井竜也七段がとうとう初タイト...
スポンサーリンク

菅井竜也七段は藤井聡太四段より強い?

菅井竜也七段には竜棋会という後援会があり熱烈なファンがいます。菅井竜也七段を応援しているファンは藤井四段が出てきたときも、

「 天才と言う褒め言葉は菅井先生に勝ってから使って欲しい!」
「藤井四段が菅井先生にどこまで通じるのか?」

などなどかなり熱いコメントのオンパレード!!第67期王将戦一次予選決勝戦で対局することになることがわかったときは・・

ついに藤井四段との対局、非常に楽しみです。最近また振り飛車党に戻られた感のある菅井先生に振り飛車がやや苦手と言われている藤井四段、ここは(菅井七段) 勝っていただきたいところです!

菅井七段の勝利を願うファンのコメントなどが多数載っています。後援会のファンの応援が熱い!

菅井竜也七段の菅井竜也杯というものもあります。

菅井竜也杯とは後援会の竜棋会が主催で毎年8月に開催しています。
共催:山陽新聞社・日本将棋連盟岡山県支部連合会
会場は岡山市にある山陽新聞社本社。

一般大会とこども大会に分かれています。

こども大会の方では菅井竜也七段他による指導対局もあり、参加費もかかりますが賞品もあり地元の将棋ファンには楽しめるイベントになっていますね。

2017年の第8回菅井竜也杯将棋大会は申し込み締め切りを過ぎていますが来年以降で参加してみたいな~など興味のある方は菅井竜也七段の後援会である竜棋会のブログを覗いてみてください。

菅井竜也七段のファンの間では藤井四段に簡単には勝たせない!という意気込みというか勇ましさを感じます。また菅井七段自身、現在羽生善治王位に2連勝していますのでかなり勢いがありますね。

棋士レーティングも7/28現在で1831となっています。

藤井四段のレーティングは1714ですからかなり強敵といえますね、棋士レーティングについてはshogidata.info参照しています。

勝率は2016年7割、2017年は7割7分となっておりかなり強いといえますね。8/4の対局は見応えがありそうですね。

菅井竜也七段の成績や戦績は?勝率やレーティングは?

菅井竜也七段の王位タイトル獲得は?王位戦の日程や中継は?

菅井竜也七段の身長や体重プロフィールは?メガネやシャツがおしゃれ?
菅井竜也七段の身長や体重プロフィールは?メガネやシャツがおしゃれ?
菅井竜也七段の身長や体重プロフィールは?メガネやシャツがおしゃれ? 先日王将戦で藤井聡太四段と対局したことで菅井竜也七段を知った観る将の人...
スポンサーリンク

『菅井竜也七段は藤井聡太四段より強い?羽生キラーと言われる所以は?』へのコメント

  1. 名前:伊藤 投稿日:2017/08/02(水) 21:14:42 ID:1441e1cb3 返信

    菅井七段の勝率について、「2017年は7割7部」という記述がありますが、正しくは「7割7分」と表記します。

    • 名前:yao 投稿日:2017/08/02(水) 21:35:08 ID:9ed5e1a24 返信

      誤字の指摘ありがとうございます。訂正しました。