スポンサーリンク

24時間テレビ2017の観覧応募の倍率は?当選のコツは?

Pocket

24時間テレビの観覧応募の倍率は?当選のコツは?

24時間テレビの観覧募集に応募する際、みなさんが願うのが「当たりますように!」ということだと思います。しかし願って当選するなどと都合よくはいかないのが抽選です。

激戦必至の観覧招待券を手にする確率を少しでもあげるために、何をすればいいのかをお伝えしようと思います。

ステージはどのくらいの人数が入れるのでしょうか?ステージを作ったり、スタッフのいる場所などがあるので、24時間テレビの客席数は本来の武道館の客席数よりもかなり少なくなります。

正確な数はわかりませんが、一般、FCを足して1日およそ5000人ほどとも言われています。割合は一般2:FC1くらいでしょうか?

今まではFCの数や人数で数が変わっていたようですが、今年のパーソナリティはグループをまたいでいるので変更があるかもしれません。

スポンサーリンク

24時間テレビ2017観覧募集の倍率は?

パーソナリティの顔ぶれによっても変わりますが観覧募集の倍率は例年300倍~600倍といわれています。あたったら奇跡!と言ってもいいくらいの倍率ですね。

一般枠とFC枠ではFC枠の方が倍率が若干低いようです。

一般枠はジャニーズのファン以外の方も応募しますし、子連れの方が一定確率で当選しますので、それ以外の方の倍率が上がるのです。もし同行者も含めFCに加入しているのであればFC枠を狙ったほうがいいかもしれません。

去年応募した人のツイッターによると去年は600倍!そういえば去年はNEWSでしたね。

今年2017年の倍率はまだでていませんがパーソナリティに亀梨さんがいますので例年より高くなると予想できます。

スポンサーリンク

24時間テレビ観覧応募の当選のコツは?

ここからは当選する確率をあげるためのコツや裏技?をお伝えしようと思います。まずは全ての枠で使えるものからご紹介しますね。

1:同行者と相互応募

AさんとBさんのふたりで行くとしたら、

・Aさんが代表者でBさんを同行者にするパターン
・Bさんを代表者でAさんを同行者にするパターン

この二種類で応募するというやり方です。純粋に当選確率が倍になるのでぜひ行っておいたほうがいいと思います。もちろんハガキで3人以上の申し込みの場合は全員が代表者として申し込むのがよいでしょう。

2:神社へお参りに行く

神頼みですね。信じるものはなんとやら、です!今回はよく当たるといわれている神社を3箇所ご紹介します。

・皆中稲荷神社(東京/新大久保)

どんな願いも叶うという言い伝えが江戸時代からあるこの神社。賭け事に強いと言われています。JR山手線の新大久保駅から徒歩3分という立地も魅力的ですね。

お参りの後に境内で販売されている絵馬に当たってほしいことを書いて奉納したり、弓の形をしたお守りを購入するのもいいでしょう。

・東郷神社(東京/原宿)

日露戦争時、当時世界最強といわれたロシアのバルチック艦隊を破った日本の指揮官ということで世界中から注目された海軍提督、東郷平八郎を祭っています。ご利益は当然「勝負運」。特にここ一番の勝負というときに効果を発揮するといわれています。

原宿駅から徒歩5分、竹下通り近くにあるというアクセスのよさも魅力的です。

・賀茂神社(滋賀/近江八幡)

神社の公式Twitterが「各種チケットの当選確率を上げるのにご利益があります」と書くほどの強さです。近江八幡駅からバスを使わないといけませんが、時間をかけていくからこそ得られるものもあるのでしょう。

関西地方の方はぜひ一度行ってみて下さい。

三箇所ご紹介しましたが他にも勝負事や賭け事に強い神社は全国にあると思います。何箇所も回るのではなく、一箇所でしっかりお願いし、もし当たったらちゃんとお礼を言いにお参りしてくださいね。

3:1日目に応募する

24時間テレビの観覧は1日目(26日)と2日目(27日)とがあります。長時間いられてフィナーレも見ることが出来る2日目のほうが圧倒的に人気があります。

そのため少しでも確率をあげたいのであれば1日目に応募するほうがいいでしょう。

4:子供と一緒に応募

24時間テレビのテーマのひとつに「家族愛」があります。

もし家族愛をテーマにしたテレビの放送中に客席を映した時、親子連れの姿が一組もなかったとしたら…?家族愛というテーマが視聴者に伝わりませんよね。

そのため、子供を含んだ組み合わせを一定数当選させているのです。

どのくらいの数かというのはわかりませんが、全体の倍率から考えると子共を含んだ家族の倍率のほうが圧倒的に低いと思われます。もしお子様が24時間テレビの観覧に興味を持ってくれるようであれば一緒に応募するのがいいでしょう。

決して親のエゴで連れて行って退屈させることがないように気をつけてくださいね。

24時間テレビ観覧応募の当選のコツは?(ハガキ編)

さて、ここからはハガキのみで通用する当選確率をあげる裏技をご紹介します。いずれもインターネットでの応募が出来なかった時代から、懸賞ハガキを出すときに使われていたものです。

1:不備がないようにする。

裏技というよりは基本中の基本です。特に手書きの場合、漢字の間違いや記入ミス、不足項目がないように十分注意してください。

せっかく当たったのに住所が間違っていて案内が届かなかったりしたら悔やんでも悔やみきれません。何度も確認し、できれば自分以外の人にも確認してもらったほうがいいでしょう。

2:字をキレイにバランスよく書く

これも基本です。せっかく不備がなくても住所が読めなかったら招待券を送ることが出来ません。またバランスよくというのも重要なポイントです。

ぱっとみたときに必要事項が読みやすいハガキはそれだけでポイントがアップします。自分以外の人に見せて読みやすいかを確認してもらうことをお勧めします。

3:キャラクターやシンボルマークをかく

ここからが応用になります。

キャラクターは例えば、デベア、そらじろー、ズーミンなど、日本テレビのキャラクターであれば大丈夫です。字の邪魔にならないように、見やすくかわいく描いてみてくださいね。

シンボルマークは地球の周りに輪があるいつものマークでも構いませんが、今年のシンボルマークの花を描くほうがいいでしょう。

□と△のみで仕上げた花のマーク、書くのが苦手な場合は色紙を切ってハガキに貼るのもいいかもしれません。

4:カラフルに仕上げてみる

沢山のハガキを眺めた時、黒一色で仕上げたハガキよりもいろんな色を使ったハガキのほうが目にとまりやすいですよね。

ハガキをカラフルに彩ることで目立つ一枚を作ることができます。ここでも大事なのは必要事項が見やすいように仕上げることです。

可能であれば他の人にちゃんと必要事項が読みやすく、すぐに認識できるようなハガキかを確認してもらってください。

以上、紹介してきましたがいかがでしたか?

ハガキの場合は特に、手間を費やして丁寧に書きましたという姿勢が見えるような一枚を作るのがいいでしょう。

WEB応募の場合は目に見えてなにかすることは出来ませんが、この中にある方法を一つでも活用することで少しでも当選確率が上がればいいですね。

この記事を読んでくださった皆様が無事に当選できますように願っています。

スポンサーリンク