あなそれ6話のネタバレと感想!尾行にワインぶちまけ東出の狂気!


あなそれ6話のネタバレ!尾行にワインぶちまけ東出の狂気!

 

有島と接触した涼太は何食わぬ顔で家に帰ってきた。
まるで有島を意識したような服や小物に身を包み、明るく笑いかける様子に呆然とする美都。不自然な夫婦関係に疑問を呈してみるが、まるで話が通じない。
美都はそんな現状から逃げるように有島を呼び出し、夫の了承があるからと別れないことを告げる。それに対し有島は麗華の勘の良さが怖いと言い別れを切り出そうとするが、美都の勢いに押され未だ出来ないでいた。

そんな中、涼太は“二人で楽しく暮らすため”と、美都に窮屈なルールを押し付け、息苦しい日々が続いていた。
涼太の逸脱した行動の連続から、とうとう口論になってしまった美都と涼太。笑みを称えながら挑発してくる涼太に息が詰まった美都は…。

あなたのことはそれほど公式サイトより

はい、修羅場のはじまりですよ~”夫の了承があるから別れないってなに?みっちゃん、すごすぎ(笑)ゆがんだ愛情というか、まさに狂気?

スポンサーリンク

涼太がイメチェン?楽しく生活するためのルール

涼太がイメチェン~なんで~有島を意識したこのスタイル、メガネまで変えてあまりの変わりようにみっちゃんもびっくりしてますね(目が点てまさにこのこと?)

 

まあ・・おしゃれといえばおしゃれだけどねぇ?美都はなんでそんなに楽しそうなの?と涼太に聞くと、涼太は美都が不倫をしていても変わらず愛し続ける、だから

 

別れないよ

 

ぼくたちに大事なのは今後どうやって楽しく暮らしていくかなんだよとグラスにワインを注ぎます(ひょええええ~こわっ)

 

イメチェンしたのは「みっちゃん、こういうのが好きなのかな?」と思ってのことらしいけど、外見変えたらいいという問題じゃないような・・

 

とにかく涼太の闇は深い!みっちゃんも顔がひきつりまくり!

 

有島と会った美都は・・

「私、今のままでいいらしいの、だから別れない(夫は了解してる)」有島は「勘のするどい麗華が怖い・・」と言います。

 

一応別れないことになった?

 

美都が陶芸教室の佐藤さんにLINEで連絡してると涼太が「2人のときは他の人に連絡しないっていうのはどう?」そして食事中は会話しようなど、楽しく生活するためのルールを提案してくる。

 

もちろん美都はそんな涼太がゆううつ・・明日の夜、佐藤さんと飲みに行ってくると報告。美都は心の中で「不安でしょ?楽しくないよね、だって私浮気してるから」とつぶらいています。

 

東出(涼太)の反撃?逆襲?

 

涼太がイメチェンした格好で出社すると小田原が「奥さん、そういうのが好みだったんだ」と言います。涼太は歯が痛いから歯医者に行くといい早退します。

 

小田原は美都が有島君と会ってるのを見てますからね、美都が浮気してることはうすうす気づいてたっぽいからね(笑)

 

涼太が早退したすぐ後に悦子がやってきて小田原とお茶することになり、そのとき小田原は涼太が美都のことで悩んでいるらしいとポロッと言ってしまいます。

 

悦子は「美都には小田原さんみたいに汚れた人のほうが良かったかもね」

またするどい発言をします。人の本質を見抜くあたりだてに水商売やってないね。

 

麗華は同じマンションのママ友、横山(中川翔子)と公園に行くと、ベンチに涼太が座っていました。さりげなく会話をかわし、妻の勤務先が近いんです。幸せそうですねと言う涼太に麗華は「お名前、伺ってもいいですか?」

 

そう聞かれて涼太の表情が一瞬、動揺した感じでしたがすぐに「ワタナベです」淡々と答える。麗華はたぶん、この間来た女の夫だと直感してますね。

 

その後自宅で有島と「カニ」を食べながら今日公園で「ワタナベ」という人に会ったと一部始終話します。そういえばこないだうちに忘れ物届けに来たあなたの同級生も「ワタナベ」さんよね?

 

有島は凍ってました。有島はこの後カニの大群に夢でうなされます。

 

美都の家出

 

美都は佐藤さんとレストランで食事し家に帰るときに有島からLINEがあり、

 

「柴犬君を放し飼いにしないでください」

 

どういうことかと思い家に帰って涼太を問いつめる。麗華に会ってどうするつもりなの?と言う美都に、どうして僕が責められるの?バレたら関係が続けられなくなるから?

 

美都が絶句していると「今日はほんとに佐藤さんと会ってたね」この1言で尾行されていたことを知り自分の部屋に駆け込みクローゼットからスーツケースを取り出しバタバタと荷物詰めだす。

 

なにをしてるの?と聞いてくる涼太にとうとう美都は「息が詰まる」それでも涼太は美都のことが好きだと言う。

 

「もう無理。超、無理!」そう言い大急ぎで荷物をまとめ出ていきます。実家には戻れない美都はカプセルホテルに行きます。

 

美都は有島君にLINEしてたけど、既読にはなるけどなかなか返信こずにヤキモキ。それもそのはずで有島は麗華の母親が具合が悪いということで麗華の実家に車で行っていました。

 

 

香子に説教されても懲りない美都

 

美都は香子に呼び出されて「ばっかじゃないの!!」とすごい剣幕で怒られます。

 

香子は有島とどうなりたいの?大事にされてると思ってるの?と散々説教されますが心の中では知らないくせに・・などとつぶやいてました。

 

有島の家庭を壊して一緒になりたいとかそういうことじゃないけど・・でもなにも考えてないって・・じゃあなんで涼太と結婚したんだろうね。。ほんとに困ったちゃんです。香子のこれだけ言われても心のなかでは違うこと思ってるし全然懲りてない(笑)

 

涼太が頼れる人は香子しかいないから、みっちゃんはほんとはいい子なんだ、だから頼みます。と泣きながら言われたから・・だからウチ来る?美都はこのとき心の中で

 

「やられた!先手打たれた!」そう思いながらもいくあてがないのでとりあえず美都は香子のところに泊まることに。

 

有島の浮気に完全に気づいてる麗華

 

麗華の母(清水ミチコ)は麗華に「おまえはほんとにいい人と結婚した、私のようにならなくてよかった」と言います。

 

麗華の母もまた夫(麗華の父親)の浮気に悩まされた過去があるようで・・麗華は母親にそう言われて複雑ななんともいえない表情を浮かべています。

 

美都は有島にLINEで「家をでました、香子のところにいます」麗華の実家にいた有島は「今、奥さんの実家、1人で・・・」

 

急に仕事になったと言い訳して先に車で帰ることに。車に乗り込んだ有島にお弁当を渡して見送るのかと思いきや急に麗華は助手席に乗り込み、私も一緒に帰ろうかな~ドキッとしたのか、慌てた様子の有島。

 

「私好きなことしていいって言われたら、今あなたを1人にしないわ」

 

そして麗華は車を降りて見送りました。

完全に気づいてますね・・

 

東出(涼太)が切れてワインぶちまけ!

 

美都は仕事が終わり、LINEの返信がこないのでトボトボと香子のマンションに向ってました。すると有島から「今から会える?」

 

美都はスーツケースをひっぱり小走りであわてて会いに行きます。香子のマンションには置き手紙をして・・涼太は香子に電話してそろそろ迎えにいこうと思います、ところがちょっと遅かったかもです。逃げました。

 

その言葉を聞いた涼太は・・なにかがはじけたように持っていたワインを部屋中にぶちまけます。みっちゃん、バカだね。

 

奇声を上げながらワインをぶちまけ最後には瓶ごと壁に投げつけます、見事な切れっぷりです。

 

 

あなたのことはそれほど6話の感想と7話の予想

 

今回もすごい展開でしたね~わざわざ麗華に接触したり、ほんとに涼太は一体なにがしたいんだろうと思ってしまいます。バラしてもめさせたいの?別れさせたいのか?

 

美都を尾行して会ってる相手が”佐藤さん”と確認した時の顔が怖かった~~これぞまさしくホラー!

 

にしても有島も噓ついてまで自分だけ帰るって・・美都は有島に会って「2人で逃げよっか?」と言ってたけど、麗華も勘付いてるしもう別れたいと思ってるのに、絶対に別れないと言い張る美都に強く出れないって・・優柔不断な有島。

 

柴犬君を放し飼いに・・は名言ですね、思わずうまいって笑ってしまいました、その柴犬君もとうとう切れてワインぶちまけてましたね。部屋中ドロドロですが大丈夫でしょうか?

 

7話の予告では結局、有島に「友達に戻ろう」「家に帰れ」と言われるがもちろん涼太のところには戻れず実家に帰ります。実家のスナックを手伝っているときに涼太が迎えにきますが、とうとう美都は「離婚」したいと言い出す。

 

そして小田原がなぜか美都の職場に来て、美都に「で、どっちと別れるんですか?」

「別れた方がいいと思います」

 

原作にはいない人物、小田原、なんか企んでそうな雰囲気がこわいです。涼太と美都にどう絡んでくるのか?

 

有島とスーツケースを持った美都が会っているところを誰かに見られてましてね・・ボカシかかってたけど、たぶん麗華と同じマンションの横山じゃないかな?

 

そしてそのことを麗華にチクり・・・7話もみどころ満載ですね~原作漫画のあらすじを知りたいかたはこちらでどうぞ。あなたのことはそれほど3巻のネタバレ!

 

原作漫画を読んで見たい方はこちらで電 子 書 籍 Rentaあなたのことはそれほど

 

コメント