スポンサーリンク

中村しょうせいドラフト指名あり?スカウトの注目度は?

Pocket

中村しょうせいドラフト指名あり?スカウトの注目度は?

今年も盛り上がりをみせた全国高校野球選手権大会。今大会で最も注目を集めたのが広陵(広島)の中村奨成だ。

甲子園の伝説、清原和博氏の持つ本塁打記録を破るなど、高校野球界に彗星のごとく現れた中村。ドラフト指名が気になりますが中村選手の出身中学やプロフィールを調べました。

[ad#kinuko-res]

スポンサーリンク

中村しょうせいの出身中学は?

中村は広島県廿日市市(はつかいちし)出身。地元の廿日市市立大野東小学校で野球を始め、そのまま大野東中学校に進学する。

中学校時代は「大野シニア」に所属して投手兼補手として活躍、大野シニアでは県大会8強まで進んだ実績がある。

その後は野球の強豪校である広陵高校へ進学。100人以上も所属する野球部のなかで1年生春からベンチに入り、その年の夏からレギュラーとしてプレーをしている。

広陵高校の野球部では1年生でレギュラー入りすることはめったにないことだそう。中村選手の実力が最初から図抜けていたということなのでしょう。

スポンサーリンク

中村しょうせい選手のプロフィール

今大会の活躍によりプロから注目を集めている中村選手。プロフィールは以下の通りです。

【名前】中村奨成(なかむら しょうせい)【生年月日】1999年6月6日
【出身】広島県廿日市(はつかいち)市
【身長】182センチ
【体重】77キロ
【遠投】120m
【50m走】5.8秒(平均6.0秒)
出典:http://sp.baseball.findfriends.jp/

ご覧の通り、走攻守において高い数値を誇っている。特に注目されるのはその強肩だ。プロの世界では、2秒を切れば強肩と言われるが、中村のホームからセカンドまでの送球は最速1.75秒とプロの中でもトップクラス。

まだ高校生でこれからの伸びシロも充分にあると考えると、いずれはプロ野球界を代表するようなキャッチャーになるとの声も多く挙がっています。

[ad#kinuko-res]

スポンサーリンク

中村しょうせい選手のスカウト注目度は?

そんな中村も甲子園の決勝では優勝を逃し涙。試合後はプロ志望を明言したが、実際のスカウトの評価はどうだろうか?

「肩も強いし、パンチ力、足もある。素材としての魅力があるね。スイングスピードは速いし、遠くへ飛ばす能力がある。」
(セ・リーグのあるスカウト)

「走攻守三拍子が揃った捕手は全国的に見てもなかなかいない。素材は高校生トップクラス。」(セ・リーグのあるスカウト)

「高校生のキャッチャーでは一番。守備面だけでなく、ヘッドを利かせるバッティングや走力を持っていて、総合力が高い。体ができてくれば1軍で戦える選手。」
(パ・リーグのあるスカウト)

と各球団のスカウトはコメント、中村の打撃面や守備、走力などの総合力に高い評価を下している。

また、あるスカウトは「中村は良くて外れ1位クラスだったが、甲子園で評価を上げた。2~3球団の1位で指名し、競合もある。」との話。今回の夏の甲子園で評価され、文句なしのドラフト1位候補になったようです。

9月にカナダで行われるU-18野球日本代表にも選ばれている中村。もしまた活躍すればプロ側の評価を更に上げるのは確実だ。現時点では「2~3球団」だが更に1位指名をする球団が増えてくる可能性もある。

中村しょうせいという新たなスターが誕生した野球界。今秋のドラフトは中村から目が離せない。

[ad#kinuko-res]

スポンサーリンク