スポンサーリンク

ボク、運命の人です 3話のネタバレ!野球のスコアの点数で連絡先交換?

Pocket

「ボク、運命の人です 」3話のあらすじ

「ボク、運命の人です 」3話のあらすじは、亀梨和也演じる正木誠が恋のライバルである定岡光圀(満島真之介)から飲みに行こうと誘われたところからスタート。

最初、誠は「なんで?」と驚くが・・定岡は「飲みに行こうっていったじゃん!」とめちゃくちゃさわやかに誘います。

神・山Pいわく定岡は人生最大のモテ期を迎えているとか?モテる男の余裕感を最大に感じますね!

その飲み会では、定岡が木村文乃演じる湖月晴子を誘い四谷三恵(奈々緒)とともに4人で飲み始めたのですがやはり正木はいいことろを出せず定岡にまたもやリードをされます。

スポンサーリンク

完璧で人生最大のモテ期を迎えた男のプロボーズ?

今絶好調のモテ期を迎えている定岡は周囲の女性からも熱い視線を浴びており、四谷からも推薦される結婚の超優良物件。

飲み会の席でも飲み物の気配りも笑いのセンスもあり結婚したい男性の条件6つ「頼りがい・価値観・ユーモア・性格・見た目・収入」を平均以上にもっている定岡。

また食べ物の好みも春子と定岡は合うが、正木は合わずにいいところを見せられず飲み会は終わってしまった。

四谷三恵(奈々緒)は定岡は気配り、運命などバランスのとれた完璧な六角形な男で超優良物件だと晴子に話す。

そんな定岡が春子にプロポーズをしようと決意。絶対絶命のピンチを神(山下智久)のお告げに従って乗り越えられるか見どころです。

連絡先も聞けず、帰宅後に山Pが現れてののしられる。恒例の面白い掛け合いなんだけど、誠の部屋は思いっきりセットだね(笑)

今からクラッシックを勉強するといいCDを買ったのにほったらかし、まだ自分の連絡先も渡せてない、晴子の連絡先も聞けてない、そしてライバルは超モテ期!やばいよ?

神からの指令は彼女の好きなクラシックを100曲覚える事。そうすれば自ずと道は開かれると。

スポンサーリンク

晴子の為にどこまでも必死な誠

正木は運命を切り開く為に、春子の好きなクラシック100曲を日々暗記中。そうすると曲の題名と同じ現象がおきるではありませんか。これも神の仕業なのか?

そんなある日ばったり会った定岡に明日春子にプロポーズしようと思うと告げられた。絶対絶命のピンチ。もう日にちがありません!

湖月の父から実家にウオーターサーバーの説明に来てほしいと連絡を受け行くことになったのですが山Pからの宿題が、連絡先を必ず渡して来いと。

ですが、せっかく実家で晴子に会えても「仕事してください」と冷たくあしらわれ連絡先を渡せず。。。

頑張れ正木誠!晴子は定岡と一緒に高校に向っていました。思い出の場所でプロボーズする定岡。そのときメンデルスゾーンの結婚行進曲が流れていました。

誠は定岡のプロポーズを阻止しようと走り出しましたが間に合わず。私も間に合わなかったの!?って思いました。

しかしここからがクライマックスに向けていいところ。

スポンサーリンク

スコアボードのいたずら?神の仕業?

プロポーズを阻止できなかった事がショックで川辺で落ち込む正木。そんな誠に2人の少年が野球に誘ってくれました。

乗り気じゃなかった誠もここがいいところなんでしょうね、一緒に真剣勝負することに。スコアボードに点数をつけ、ふと点数を見た誠はあることに気が付きます。

なんとスコアボードの点数が途中までだけど自分の携帯番号になっているではないですか!これも神のしわざか?とピンと来た誠。

そんな時プロポーズ帰りの晴子とばったり会います。しかし、春子はあんな好物件の定岡のプロポーズを断ったとの事。

誠チャンス到来!

晴子にスコアボードの事を話します、まだゲームの途中で今から完成させるから後でよかったらスコアボード見てください!

スコアの点数が僕の携帯の番号になってます!って

晴子は「あなたが意識してやるんじゃ?」と疑います。

晴子じゃなくても信じないよ・・

まだ試合の途中だった正木は試合再開します。家に帰った晴子は両親から一緒に夕飯をたべるつもりでエビフライ揚げたから”誠を連れて戻ってきて”と言われしぶしぶあの河川敷に行きます。

誠に言われた事を思い出しスコアボードを見ると・・点数が書き込んであります。半信半疑でその点数をもとに電話をかけると・・・

つながりました!!「まさかほんとにかかるなんて」と驚く2人。

誠は「今日は満月です」そのときドゥビッシーの月光の光が流れてました。離れた場所で満月を見つめ合う二人、ロマンチックですね~。

そして誠はちゃんこ鍋を一緒に食べる約束をします!よっしゃ~!と喜ぶ誠ですが、家に帰ると山Pが「甘い!!」

人生最大のモテ期の男、定岡でさえ振られたのに、そんな簡単に晴子は攻略できないよ!と言います。定岡が「魔王」なら晴子は「大魔王」だと。

感想まとめと4話の予想

誠が一緒に野球対決した小学生は「あかい」と「いとう」運命の赤い糸!

どこまでも運命なんですね~

3話の運命のキーはクラシック曲100選でしょう!ドラマ内で誠が覚えたCDがこちら。

そもそも山Pの存在自体が謎ですしね(笑)誠がほんとに一生懸命で演じる亀梨くんが全然かっこよくみえません。山Pも神のくせにチャラすぎるし・・

亀梨くんと山Pの掛け合いがこのドラマの見どころの1つなんだろうけど、正直微妙・・ライバルを演じる満島慎太郎のセリフがなんかわざとらしくて・・

演技ヘタだなと思いました。それかわざとやってるのかな?

第4話では盛り上がっている誠ですが、いっぽうの晴子は誰とも結婚できないかもと?誠はちゃんこ鍋に晴子を誘いましたが、来たのは三恵だけで・・

どうやら晴子は定岡、誠、両方を振るつもりのようです。どうしてそこまでかたくななのか?誠は山Pにもう無理かもね~と言われて誠は、

「地球滅亡とか関係ない!本気で好きになったんだ!」と叫んでましたね。この先大魔王・晴子の心を開けることができるのでしょうか!?

スポンサーリンク