スポンサーリンク

ボク、運命の人です4話セリフかアドリブかネタバレ!晴子が不倫?

Pocket

ボク、運命の人です4話山Pのセリフはアドリブ?

今週も亀梨君と山Pの掛け合いが見事でしたね!山Pの演技、軽いなって思ってたら山P「アドリブ」が多いらしく晴子役の木村文乃さんも驚きだとか?

とうふの絵の書いてあるトートバッグが出て来る前の前フリ、いまならとうふ2丁入るトートバッグついてきます♪とかこのへんのかる~いノリがアドリブなのかな?

セリフかな?アドリブかな?と考えながら見るのも楽しいですね、しかも今回は山Pエプロン姿!お勤めお疲れ様でした!もアドリブかな~?

どこまでがセリフでどれがアドリブなのか?亀と山Pの掛け合いを見てたらなんとなくわかりますね(笑)

スポンサーリンク

ボク、運命の人です4話のネタバレと感想!

ボク、運命の人です4話を感想をまじえながらネタバレしていきま~す!

晴子は恋愛する気がないらしく・・そしてちゃんこ鍋屋には三恵だけがいた!定岡も誠も晴子の伝言を三恵から聞きがっくり!もちろん”どちらともつきあえない”というもの。

切り替えが早いからきっぱり諦めるよと話す定岡に、誠はえっ?そうなの?僕はまだあきらめないよ。。

山Pはもう無理だよと諦めモード?神のくせにそんな簡単にあきらめていいのかっ!と思ったらなんと誠は「本気で好きになった!」

なんだかんだ言って誠、単純すぎ(笑)

スポンサーリンク

晴子の衝撃の発言?晴子は不倫してた?

「三恵が言うように付き合ううちに好きになっていけばいいと、割り切って考えることがどうしてもできなかった」 ってなんか堅いというかネガティブな考えの晴子。もしかして過去になにかあった?

定岡は「偶然再会して会社も隣で運命だって、結婚する物語の中にいるのかなって、振られたショックより話が違うっていう気持ちだった」

「なにアドリブ入れてんだよって思った」運命だと思ったんだけどね、と言う。すると晴子は・・

「ここで絶対プロポーズされるっていうところで、実は結婚してるって言われて」

「セリフが違うじゃないって・・」2年前に私も同じ事思ったんだよねと衝撃の発言!

晴子、不倫してたのか・・でも「プロポーズ」されると思ってたということは、知らなかったわけで意図せず不倫になってて深く傷ついた、そんなとこでしょうか?

なんかすごいネガティブ発言ばかりだから”なんで?”と思ってたけどそりゃトラウマになるよな~それで結婚できないかもしれないって後ろ向きの考えばっかりだったんですね~

スポンサーリンク

部長の人参嫌いを克服させる作戦!

絶対に諦めないという誠に神・山Pは、まず部長に人参嫌いを克服させろ!という指令をだします。はあ?なんでそんなことしなきゃなんないの?と聞く誠に神・山Pはそろそろわかるっしょ!と言います。

部長に人参嫌いを克服させるのがどうつながるのかわかんないけど、とにかくなんか意味はありそう?

上司のニンジン嫌いを克服できないような男が、晴子さんに好きになってもらおうなんて無理なんだよ!誠は半信半疑ながらやってみることに。

まず主任の杉原に相談します、杉原が言うには「嫌いな人間からものを買おうと思うか?思わないよな?だからまずは嫌いじゃなく、可も不可もない人間になるんだよ。そして向こうが興味を示しめしてきたらこっちのもんだ!」と言います。

なかなかいい事いいますよね?誠はそのアドバイスをもとにまずは部長に人参の入ったお菓子を勧めることから始めます。

人参の入ったクッキー、人参の入ったシフォンケーキを食べさせ作戦はうまくいくが、実物の人参料理を食べさせようとしたところで部長から逆に説教されてしまう。

嫌いなものを食べさせるのは無理がある、ゼロからゼロに何をかけてもゼロにしかならないんだよ?結局部長に人参を食べさせることはできなかった。

人参嫌い克服成功?で晴子は?

酔っぱらって誠は家に帰って神・山P に、やっぱり無理なんだよもうきっぱり諦める。山Pはわかった、じゃあけじめをつけるために今すぐ晴子に電話しろと言う。

神・山Pと売り言葉に買い言葉で誠は電話するが晴子は出なかった。次の日誠が会社に行くと晴子の会社の社長・鳩崎と偶然一緒になり人参の話になる。

実は人参の入ったケーキを勧めてくれたのは鳩崎で「部長さんどうでした?」と聞かれ「やっぱり人参を克服するのは無理」だった事を話すと・・

「日本一の人参がある。その人参を、部長さんに食べさせたらいいわよ」と聞き早速人参農家へ出かけた誠。

その日本1の人参を部長は今まであれだけ嫌ってたのが嘘のようにボリボリと食べる!同僚(ハライチ澤部)は”日本1”だからかもしれないけどね!と話す。

あれだけ嫌ってたのに、わかんないもんですね(笑)

その日残業していた誠に晴子から電話がかかってきます。晴子は三恵から、嫌いだと言ってわざと遠ざけようとしてる、嫌いっていうことはもう好きになりかけてる、はっきり二度と電話してこないでっていわないとまたかけてくるよ?

と言われてたのでかけてきただけ。でも誠は考えが変わったと晴子に話します。

誠は人参農家で「家がにんじん農家だったからついただけで別に好きで始めたわけじゃない。でも嫌いじゃなかった。最近ようやく好きになってきた」という農家のおじさんの話しを聞き、

嫌いじゃなかったらいいんだと、最初から好きじゃなくてもいいんだと、気がついたと。

だから僕のこと、嫌いなのか嫌いじゃないのかそれだけ教えてください、と晴子に言います。

晴子は「嫌いじゃないです」そう答えた晴子に大喜びする誠、その時2人はまだ会社にいました。誠は気付いてなかったけど晴子は誠が大きな声を出したので気付いてました。

電話の後に下でばったり会って誠は驚きますが晴子に人参を3本あげます。そしてこの人参を今からちゃんこ屋に持って行くんですけど一緒にどうですか?と誘うけどそれは断られます(だよね)

5話は誠と晴子が初デート?

誠が家に帰ったら神・山Pは・・30の男が嫌いじゃないって言われたぐらいであれだけ大喜びするのも凄いよね、燃費のいい男だな!

褒められてるのかけなされてるのかよくわからないですね(笑)

次は初デートだよと、そんなわけないよと疑う誠にヒントを出します!

鋭利な刃物、彼女の涙、ホテルで肩と肩が触れ合う!

たぶんこれは断髪式でしょうね!そして手の力を鍛えろ!という宿題がでましたね~予告編見るとなぜか定岡とジムで鍛えてるシーンありで・・

車に轢かれそうになる晴子を助ける展開→ここで腕力、握力が役立つ?←鍛えろという宿題の意味?

だんだん面白くなってきましたよ~楽しみですね!

スポンサーリンク