スポンサーリンク

ボク、運命の人です6話のあらすじ!かまわん好きです4文字で両思い?

Pocket

ボク、運命の人です6話のあらすじ!かまわん好きです4文字で両思い?

ボク運6話のあらすじ

とにかく晴子を部屋に連れて来いと言う神・山P

誠のことを保留にしたっていうことは何かあったの?と三恵に聞かれてまだわかんないと晴子は答える。

朝、出社してきた関原は荒れた様子で「大凶だ!」何かと思ったら早朝マラソンをしていたらフレグランス四谷(三恵)がとあるマンションから出てきて、続いてその後定岡が出てきたところを目撃したという。

三恵が朝帰りした所を目撃してショックを受けた関原は今夜付き合え!関原と葛城(澤部)と誠はその夜、居酒屋で飲んでその勢いで3人で誠の部屋に来る。

3人でいる時に葛城が昔サッカーの応援に行ったときに2人でテレビ映ったんですよね~と言い出して昔のビデオを見ることに。

ところがそこに偶然晴子が映っているのを発見し驚く誠。そのときチャイムが鳴り・・

もしかして神?と動揺する誠に関原と葛城は誠のあまりの慌てぶりにもしや女?と怪しむがただの宅配便だった。

荷物の中身は米。

スポンサーリンク

神からのミッションは「目指せ亭主関白!」

葛城(澤部)は途中で帰ったが関原は泊まっていき次の朝2人で朝食を食べる、で関原が帰った途端に神・山Pが現れ

「誰が家におっさん呼べって言ったの?」

呼んでないよ勝手に来ただけだ、と言う誠に神は

「誠も聞いたでしょ、 定岡君は自宅に早くも新しいターゲットを招き入れるのに成功してるの」

切り替え早いて本当だったんだ~と感心する誠に神は未来からこんないいヒント受け取ってるのにどうして実践しないかね~と言いながらウエディングカーから落ちて拾っていた空き缶を見せる。その空き缶には、

「目指せ亭主関白!」

これのどこがヒント?今ひとつピンとこない誠に神は、

誠に圧倒的に足りてないのは彼女をぐいぐい引っ張ってくる強引な男らしさ

つまり亭主関白を目指せば晴子を簡単に家に呼べちゃいます♪

スポンサーリンク

亭主関白を目指すには?4文字で会話?

亭主関白の夫が妻に話すときどういう風に言ってるか思い出して

飯、風呂、寝る、金 、はい共通点は?

全部2文字?

そう!つまり亭主関白とは全部2文字で喋る男のことです!

2文字でどうやって家に呼べって言うの?

誠は絶対無理だと・・

女子は回りくどいごたく並べた言葉よりシンプルな言葉に心動かすの!

でもさすがに2文字は無理だよ、会話にならないから!という誠に神は、

「じゃあなん文字だったらいいの3文字?3.5文字?」

もしかして35億を意識してる?

で結局4文字に落ち着きます、でも4文字でも結構きついよね(笑)

4文字でも別れ際にさよならを言えないし!という誠に山Pは

バイバイ、 グッバイ、 じゃあね、あばよ、けっこう言えるよ?

彼女にオッケーしてもらいたかったら1度でも無視しないことだね。

もし無視したらどうなるの?

無視したらグッドバイフォーエバー 永遠にさようならだね!

永久あばよ!←これはアドリブ?

スポンサーリンク

亭主関白4文字で会話できた?かまわん?

とある日、エデンの園田で誠は定岡と飲みながら話してました。会社の上司が三恵が朝帰りしたのを目撃したって言ってるんだけどと聞くと定岡は・・

僕の家には珍しいペットがいてさ、イグアナとアルマジロなんだけど、 三恵ちゃんが見たいって言うから家に来たんだけどバカ話しながら飲んでたら途中で寝ちゃってさ、気持ち良さそうに寝てるから起こせなくってさ、でも何もなかったんだよ。

切り替えが早いけど手は早くないから、晴子の親友だしさ軽い気持ちで手だせる相手じゃないでしょ、

誠はその言葉に納得する、にしてもいつのまにか仲良くなってますね~仲良くどころか最初はライバルだったのにいつのまにか応援してくれてるし、定岡ってすごくいい人ですよね。顔は濃いけど、って関係ないか?

そこに偶然晴子と三恵が来て4人で一緒に飲むことになる。やっぱドラマは偶然が多いね(笑)

神からの宿題で晴子との会話は全部4文字までなので、三恵とはペラペラ喋るの晴子に対してだけ4文字以内で喋る誠。

今日はどうして二人で飲んでるの?という三恵に誠は「定岡くんには世話になったから今日はちょっとそのお礼で」

晴子がなんで世話になったの?と聞くと・・

必死でテーブルの下で指折り数えて言葉を探して・・

「筋トレ」

何で筋トレしようと思ったんですか?

「別に」

で最後に会計でお財布を出そうとした晴子に言った誠の4文字が

「かまわん」

定岡や三恵とはペラペラ話すのに晴子にだけ真顔で話す誠に三恵は・・「正木君となにかあった?なんかいつも以上に晴子にぎこちなかったよね~」

「必要最低限のことしか喋りたそうになかったし・・ 」

怒ってるんじゃないの? もうこれ以上は待てないっていうサインかもよ?という 三恵に晴子は「わかってる・・でも」と煮えきらない様子。

一方誠は部屋に帰って神にやっぱり4文字以内で会話なんて無理なんだよ~!

「かまわん」なんて言葉、人生で初めて言ったよ~絶対に頭おかしいやつだと思われてるよ~とごねる。

 

OK!1度だけ4文字縛りを解除します、その代わり別の亭主関白ミッションやってもらうけどね。

え~もうやだよ~亭主関白~!さけぶ誠ですが確かに4文字で会話はかなりきつい!

次のミッションは木彫りの王将を彫る!

亭主関白、4文字で会話がもう無理!ということで次のミッションは、木彫りの王将を彫るというもの。

木彫りの王将って何?

定岡君に秘策伝授されてきたでしょ?いやあれ置物じゃなくてペットだから?

2人は色々言い合うけど、神はとにかくどんな手を使ってもいいから晴子をここに連れてきて!と言います。

誠は木彫りの王将ってなんだよ~とか思いながら結局神の言うとおりに王将を彫る。めちゃめちゃ素直!

この木彫りの王将がなにに役立つのか?さっぱり検討もつかなかったけど・・

長くなったので次のページに続く

スポンサーリンク