少年野球と野球塾の違いとは?上達への近道は指導者と個人練習が大事?


少年野球チームと野球塾について

少年野球チームとは・・

小学生・中学生が行う一般的な軟式野球のことを指し、ボランティアでの活動で指導者も普段は仕事をしながら土日祝日はチームに通うスタイルが一般的です。

部費を集めて活動費として学童チーム加盟料や道具費、保険料などに充てていてボランティアなので父兄など保護者が指導にあたるのも特徴です。

ひと昔は野球好きな近所のおじさんがコーチや監督なんていうのも多かったようですが現在ではその風習を進化させ父兄が監督やコーチをするのが多くなってきているようです。

父兄である以上自分の子供には厳しく他の子供には甘いなんてこともあり問題は山積みのようです。やはり父兄ではなく近所のおじさんが指導にあたるほうが・・・なんて思ったりしてしまいます。

野球塾って何?どんな種類があるの?

学習塾とスタイルは一緒で学校から帰ってきて宿題を済ませてから塾に通うスタイルが一般的です。

地域にもよりますが、大きな室内練習場を構えていたり小さなスペースで塾をしていたりと様々です。近年バッティングセンター併設のバッティングスクールが増えてきています。

おおまかにバッティングスクールとピッチングスクール、総合的な野球塾の3つに分かれています。

チーム練習ではないためバッティングだけ、ピッチングだけ習いたいという子が増えているのでしょう。

そして総合的な野球塾はバッティング・ピッチングだけではなく野球に必要なトレーニングも備えていて、怪我をしにくい体づくりや捕るための基本練習など野球を長く続けるため、そして野球から他のスポーツに変わっても通用するようにとの野球塾もあるようです。

チームとは違いボランティアではありませんから野球塾によっては入会金+月謝制が多く、塾の時間も1~2時間の間が一般的です。

チームとは別にこっそりうまくなりたい子にはもってこいですが、近所に塾があることはまだ少ないです。

当然親の送り迎えや塾代もかかりますからネットで調べて問合せしてみましょう。

チーム同様の無料体験も大体ありますから渡り歩いても面白いかもしれません。

チーム練習もそうですが塾により指導方法が全く違うケースがあります。

1,000人指導者がいたら1,000通りの指導方法があることは理解しておきましょう。

スポンサーリンク

野球塾の個人指導とは?

野球塾のいい所はチーム指導ではない個人指導があることです。チーム練習では個人の欠点などはあまり個別に対応できなかったりします。

土日長い時間を要してチーム練習を行うのは日本の少年野球では当たり前で、もちろん悪いわけではありません。

チームで戦うのでそのチームワークが重要で作戦もありますし勝ち負けはチームでつくことですから当然と言えるでしょう。

では日曜日に指導者が君はここを直したほうがいいよと子供に言うとしましょう。子供はどこをどう直したほうが良いのか、またどれが良いのか悪いのかがわかりません。

勉強と違い答えはすぐありません。自分で練習をしても間違ったやり方でやり続けても直りませんし上手くなりませんよね。

野球塾では経験豊富な指導者がその子供に合わせた指導で的確にアドバイスし長期的に見てくれます。野球の練習は地味で地道にやるのが一番うまくなる近道とされていますしプロ野球選手も基本練習は必ずやると聞いています。

野球塾には教え上手な指導者がゴロゴロしているようですからやはり体験にいくべきでしょう。

餅は餅屋?プロに教わるのが大事?

野球塾について書いてきましたが百聞は一見にしかずというべきでしょう。

日本の少年野球の練習は長いくせに内容はどうなの?うちの子の順番が回ってこない。うちの子だけ試合に出れない!おやじたちの酒のつまみだ!など問題だらけと聞きます。

アメリカではチーム練習はせいぜい3~4時間、その他の時間は各子どもたち好きなところのベースボールスクールに通っていると聞いたことがあります。

色々な指導者と出会い学び、自分に合わなければアウトプットする。必要なものだけ吸収するといった方法です。

日本では小学校・中学校・高校・大学、何も動かなければ4回しか指導者と出会うチャンスはありません。

せめて自由が利きなんでも吸収できる小学生・中学生の時期はたくさんの指導者に出会いたくさんの指導を受けるべきではないかと思います。

そうすればもっと技術も伸び視野が広がることは言うまでもありません。

コメント