CRISISクライシス4話のネタバレ!爆弾解除できず暗殺者の正体も不明?


CRISISクライシス4話のあらすじとネタバレ

小栗旬さん、西島秀俊さん出演のドラマ、クライシス4話のあらすじとネタバレです。

スポンサーリンク

クライシス4話のあらすじ

田丸と稲見は大学教授の有馬丈博の護衛をすることになる。有馬は命を狙われていて1週間後に出国予定という事しか情報は与えられず護衛に付く。

航空宇宙工学の教授の有馬は横柄な態度で特捜班に接する。研究室付近で異変を察した樫井(野間口徹)は爆薬の匂いがする。

爆弾が仕掛けられているかもしれないと注意をするが有馬教授は樫井の注意を無視する。

無視して部屋のドアを開けたとたん爆音がし研究室は爆破されてしまう。近くのエレベーターホールで銃を構えている男の姿が。

なんとか裏から逃げ出すが駐車場でも違う男が潜んで待っていた。稲見は暗殺者の男と激しいアクションを繰り広げる。

吉永は鍛冶に事の真相を問いただす。鍛冶は有馬教授はミサイル実験の力を入れているある国から狙われていて、拉致の可能性があると話す。

稲見は現場に現れた刺客について「暗殺のプロ」だと感じていた。

暗殺者?

拉致ではなく殺しに来ていると・・

有馬は護衛についた特捜班に当初、横柄な態度を取っていた。だがそれは自分の事を警護ではなく監視していると思っていたから。

すべてをマスコミにばらすと言ったりする所をみると何か大きな機密を握っているのでしょう。

有馬は田丸に買い出しをさせ大山を背後から遅い気絶させる。外に出て公衆電話から電話をかけます。

有馬がいなくなり、手分けして捜そうとする稲見たちに吉永はもう警護の任務は解かれたと話す。出国も、もうしないと言う。

有馬は国家に対して反逆行為を行っていて見放されたんだろうよ話す。しかし稲見たちは1度は護衛していた人物、なんとか出国させてやろうと捜しに行く。

爆弾が体中に

自宅で爆弾を体中に付けられた有馬がいた。

樫井が爆弾を解除作業する中、有馬は話し出す。事の起こりは4年前、ある学会の帰りに1人の女に出会った。

それはハニートラップで先方はジェットエンジンの設計図を要求してきた。

悩んで知り合いの政府の人間に通報した。

すぐに公安がきてスパイが摘発され一件落着すると考えていた。

だが公安は偽物の設計図を渡せと言ってきた。

その提案に乗り飛ばないミサイルの設計図を書くことにしたが次第に怖くなり公安に手を引きたいと言うと、今度は逆に公安からスパイ容疑で逮捕すると脅された。

そこからやけになり転落の道を辿ったと話す。

必死に解除作業をするがとても難解な爆弾で時間が足りないと話す。

残り7分の所で上司がやってきて一旦外に出るよう言われ・・

稲見たちが外に出たあとに爆発する。

CRISISクライシス4話を見た感想

このドラマはほんとにアクション・シーンが見ものって言うだけあります!

特に稲見を演じる小栗旬がひたすらカッコイイ!しかし毎回アクションシーンのあとは犯人を逃してる気がしますが(笑)

せっかくのアクションシーンならスカッとしたいので犯人確保!ってなってくれたほうが気持ちがいいです。

今回4話の任務は用人警護。その用人もやっかいな感じの大学教授でした。大学教授はいったい何をしていたのか出国してどうするのか、最後までみてもわかりにくい内容でした。

一週で完結ではなく、2週やってもいいくらいの内容ではと思うくらいの難しい話しでした。

大学教授を狙う2人組みも冒頭の印象では頭の切れる肉体派という感じで強そうでしたが、国家の組織とはいえどんな団体なのかもわからず、誰の指示での行動かもわからないまま終わってしまいました。

狙いは何なのか、ミサイルが関係しているのか、まさにリアルタイムのニュースと関連づけた話題のようにも思いました。

有馬が国家に対する反逆者として狙われていたのは、なるほどと思う所もありましたが、内容はわかりにくかったです。

また毎週出てきた長塚京三さんと平成維新軍の存在は今週はなかったので来週からの動向が気になる所です。

ストーリーは面白いのですが、毎回展開が遅く暗い絵が続くのでいつも眠くなってしまいます。もう少し事件の真相が前半からテンポよく明らかになっていってくれると見やすいのですが。

国家という大きすぎるものを相手にしているので今後解決していくのか、動きはあるのか分かりませんが展開が気になります。

また俳優さんも皆さん演技派なので見応えがあります。今回は野間口さんの演技が素晴らしかったです。初回からすごく役柄に馴染んでいて自然でしたが今回は特に良かったですね.

最後、実はすでに解除できましたって展開を望んでましたが、結局有馬の命は救えず最後がなんとも言えない終わり方で辛いラストでしたね。

有馬は稲見たちに「国家を信用するなよ」と言い残しました。

このセリフはこれから先の布石、伏線っぽいですね。

暗殺者も捕まってないですし、その正体もわからずじまい・・今回の暗殺者の正体や平成維新群ともどこかで絡んでくるのでしょうか?

後味の悪いラストが続いているので来週あたりは無事事件解決して欲しいですが・・そうならないドラマなんでしょうね。

ちょっとストーリーが暗すぎて辛い部分はありますが、5話も楽しみです。

コメント