大雪山の読み方は一体どっちなの?タイセツザンだいせつざん?


大雪山の読み方は一体どっちなの?タイセツザンだいせつざん?

大雪山がまだ8月なのに早くも初雪!ということでTwitterで話題になっていますね!

ところで大雪山てなんて読むの?

タイセツザン?それとも、だいせつざん?

スポンサーリンク

大雪山の読み方ってどっちなんでしょう?

Wikipediaによると、「 大雪山 」の名前を始めて記した書物は1899年の日本名勝地誌で、この中では「たいせつざん」と読みが振ってあります。

1912年帝国地名辞典では「たいせつざん」

国土地理院では「たいせつざん」

1934年に国立公園に指定された時には「だいせつざん」

など、呼び方が違うようですね。

スポンサーリンク

ところで大雪山て?

大雪山とは、北海道中央部にある火山群の名称のことです。一つの山ではなく、いくつかの山岳から成っているものの総称です。

旭岳

北鎮岳

白雲岳

愛別岳

北海岳

黒岳

赤岳

緑岳岳

などです。

weblio辞書には「 ヒマラヤ山脈の異称、雪山」とあります。

大雪山の読み方、ツイッターでは?

・ロープウェイにはだいせつざんとあった。

・大雪山国立公園の読み方はだいせつざんこくりつこうえん。

・調べたらどっちでも良かった。

・アナウンサーによって読み方が違うような気がする。

Twitterでは、どちらの読み方もあるよね~、どっちも正解っぽいという意見が多数ありました。

雑誌を読んで初めて知ったという人もいるぐらいなので、今まで自分の読み方に疑問を持たずに来たってことなのかな。

北海道で「たいせつざん」なんて呼ぶ人いる~?っていうことは北海道の人のスタンダードはだいせつざんなのかもですね。

要するに、「たいせつざん」「だいせつざん」2種類の呼び方があり、各所で呼び方は違う。たぶん北海道民のスタンダードは「たいせつざん」の読み方ということになりますね。

コメント