スポンサーリンク

実はねらい目?成人の日にディズニーが混雑しない訳!

Pocket

せっかくの冬休み、ディズニーランドへ行きたいな、と計画を立てている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、1月のディズニーランドは閑散期として知られています。あえてこの時期に狙っていくファンの方もいるとか。

今回はそんな1月のディズニーランド事情についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

ディズニーの1日の平均来場者の数は?

オリエンラルランドの公式発表によると、ここ数年の1年間の来場者数はおよそ3,000万人。ですが、これはディズニーランドとシーを合わせていますので、だいたい半数の1500万人で、1日の来場者数を平均すると1日5万人くらいの来場者数となっています。
もちろん、これは月や休日によってばらつきがあります。
(参考:オリエンタルランド 入場者数データ http://www.olc.co.jp/ja/tdr/guest.html)

混雑時で1日8万人 ガラガラで2万人

一般的には混んでいる日で6万人。ものすごい混雑の日で8万人と言われています。(これくらいになると入場制限がかかると言われています)

一方、天候不順などでガラガラのパークは2万人と言われています。2万人の日であれば、アトラクションも数十分待ちですむようです。

それでも2万人の人出ですので、もちろんパーク内は盛り上がっています。

スポンサーリンク

なぜ、成人の日が混雑しないのか?

年間の中でもっとも入場者数が少ないのが冬休み後の1月と言われています。気温も低く長時間パークで遊べないというのと、年末年始でイベントが続いた後疲れてちょっと休みたいというシーズンになるからでしょうか。

あとは、年末年始のツケがまわってお財布もちょっとさみしいというのも関係しそうですね。
その1月の中でもねらい目なのが実は「成人の日」です。

2018年の成人の日は1月8日で3連休の最終日に当たります。3連休で混んでいるのではないの?と思ったあなた実は違います。

成人の日は例年とても空いていると言われている日なんです!

理由としては

①浦安市の成人式が行われていることが全国的に知られている。
②翌週(2018年度は1月13日(土)14日(日))がセンター試験受験日のため、当事者はもちろん、家族も体調管理のため、外出を控えがち。
③天候の予想がたてづらく、旅行の計画もたてづらい。

そのような理由から、「成人の日」は穴場の日だと言われています!

スポンサーリンク

1月8日は成人じゃなくても入場可能?

浦安市の成人式がディズニーランドで行われているのは皆さんご存知だと思います。

2018年も午前中の2回、9:30からと11:00から行われる予定です。
(浦安市HPより)

ですがこの日は成人式に参加される方しか入場できないということはありません。成人式が行われるディズニーランド内ショーベースは入場できませんが、それ以外であれば通常通り入場できます。

もちろん、アトラクションも普通に乗ることができます。例年の様子から見ると入場制限は特にかかりません!

当日は、成人の方以外に親御さんや祖父母の方、報道陣の方などもいるようですが、入場の際のチェックなどの場所が変わることがある以外は特に変更になることもありません。

過去の成人式の出席人数を調べると、1500人から2000人ですので、通常訪れる入場者数を考えると、それほど影響はなさそうです。

むしろ、成人の方は着物を着ている方もいますのでアトラクションを楽しむ余裕はなく、その後の同窓会等の予定もあり、午前中でパークを退園する方も多いようです。

となると平日並みの2万人程度の人出であれば、アトラクションもスムーズに楽しむことができます。よって「成人の日」のディズニーランド・シーは、空いていると予想できます。

以上、成人の日のディズニーランド事情についてお話しました。とはいえ1月のパークは晴れていてもとても寒いです。しっかり防寒をして、風邪などひかないように、ぜひ空いているパークを楽しんでください!

スポンサーリンク