心を空っぽにすれば夢が叶うを読んだ感想!瞑想について感じたこと


「心を空っぽにすれば夢が叶う」を読んで瞑想について

 

この本で瞑想について学んでいくと、愛をもって誰かに何かを与えることができればそれは自分が受け取るものになるという、循環があることに気付きます。

 

これは損得勘定ぬきの循環です。私たちはカタチだけの愛ではなく、真の愛についても考えていかなかればいけません。真の愛とは自然や宇宙がもたらすものでしょう。

 

草木が茂ること、生き物が育つこと、これは全て自然がもたらすものです。また、動物たちが子を守り、育てるという無償の愛があります。

 

子育ては人間界においても同じ無償の愛があります。ですが、人間界には残念ながら、偽りの愛も存在します。世の中には、私たちを狂わすたくさんの誘惑があります。

 

世の中の想念の1つに「不景気」があります。不安の種を浄化することによって、世の中の想念に同調せずに済むのです。

 

周囲に影響されない平和な心を持ち続けるためには、「宇宙が無限である」という事実を信頼しなければいけません。

 

しかし、目に見えない宇宙を信頼するということは、私たちにとって、そう簡単なことではないでしょう。だからこそ、瞑想によって宇宙を体感する訓練をする必要があるのです。

 

スポンサーリンク

心を内側から豊かにする瞑想のすすめとは?

 

今の日本人は物質的に恵まれていながら、精神面が豊かではないという見方があります。簡単に物が手に入りやすいからこそ、いつまでたっても現状に満足できない傾向が強くなっているのです。

 

そう考えると物が足りなかった時代の日本は、今より心は豊かだったのかもしれないと思えてきます。今の時代の中で精神的豊かさを得るためには、瞑想によって内側の自分を見つめることが必要です。

 

それは、命のありがたさ、豊かさに気付く事です。自分の内側を見つめることで、自分の内側を満たしていくことが出来るのです。

 

そうすることができれば、私たちの幸せは無限に続きます。本当の瞑想とは、それほど意味のあるものなのです。内側を満たしていくことによって、自分の周囲も良い方向へと変わっていくでしょう。

 

瞑想について学んでいくと、親子や夫婦または友人関係などすべてにおいて「周囲を変える」のではなく「自分が変わる」ということが大事だということが分かります。

 

起きてしまった悪いことを人のせいにすることも、自分を責める必要も無くなります。ある瞑想の教えの本にもあるように「内側の豊かさは、誰にも奪うことができません」

 

ですが外側の豊かさは絶えず変化するものなのです。その事に気付かず外側の豊かさを追い求め生きている人が数多くいます。

 

しかし見かたを変えてみると、外側の豊かさを追い求める人の多くは、向上心が強い人だともいえます。

 

向上心が強いということは、決して悪いことではないはずです。実際、向上心の強い人ほど内側の自分を見出しつながる力も強いと考えられているのです。

 

その結果、成功を手にしやすいと考えることができます。心身を浄化し、リラックスした状態にあるときそして宇宙の無限さを信頼したとき、願いは叶うようになっています。

 

また、自然の恵みに感謝する気持ちも忘れてはいけないことの1つです。自然の偉大な力は、人間の力には到底及ばないものです。そして、自然は恵みを与え続け、見返りを求めません。

 

人間は宇宙の一部であり、自然の一部であるということを意識して過ごしている人はどれくらいいるでしょう。私たちは、自分の力で生きていると勘違いしがちなのです。

 

瞑想によってそのことを意識することが、自分自身を知ることにつながっていきます。私たちの心の中には、たくさんのガラクタがあります。

 

「思い込み」「トラウマ」などもその1つです。それらによって私たちは苦しむことがあります。それらを捨てることでずっと楽に生きられるのですが、その捨て方が分からずにいるのです。

 

心を浄化する瞑想は、そのようなガラクタを捨てるためにも習慣化すべきものです。ただ自然の法則に従って生きていくだけで幸せな人生を送ることができます。
私たちはもっと心を自由にしてあげることができるのです。

 

著書紹介と「ヨグマタ」の意味とは?

 

「ヨグマタ」とは「ヨガの母」という意味。この本の辛口の批評で「著者への依存を招きかねない」というのがありますが読み進めるうちにそれは違うということが次第にわかってきます。

 

著者の相川佳子とは、はじめてヒマラヤ聖者となった人物でインドで公開サマディを行っています。サマディとは日本語では「三昧(ざんまい)」と言う意味。

 

内容紹介

外国人女性としてはじめてヒマラヤ聖者となった著者が、自由に、楽に、人生を豊かに送る秘訣を公開。
競争社会に生きる、悩みと不安と混乱の多い現代人のために書き下ろした、人生で本当の幸福を得るための本です。心のとらわれを外し、広い視野の人になり、夢を叶えるヒントを満載した、知恵と実践と愛の書。

心と体の声がここまですっきりといっしょな方を他に知りません。日本で今、まじめに生きていきたい、器用に生きられない人にとって大切な本となるでしょう (よしもとばなな)

公開サマディをたびたび行い、精神的指導者としてインド中の尊敬を集めているヨグマタは、人に幸福をもたらす、大きく優れた力をもっています。この本は、変革期を迎えている日本の、広く一般の人々、なかでも人生の指針を求めている人たちの心を豊かにし、深い安らぎに導くに違いありません (パイロット・ババジ(インド・スピリチュアル協会会長、マハヨガ協会会長))

 

難しく考えずに瞑想についてもっと知りたい、心をからっぽにしたい人におすすめの1冊。

コメント