スポンサーリンク

のぼうの城は天下の豊臣軍にケンカを売った実話?2万対500の戦い!

Pocket

のぼうの城は実話?20000対500の戦い!

歴史小説というと、難しい、暗いという印象を持っていました。それも本当にあった話ならば、どんなにか悲劇なんだろうと。しかし読んでみると、なんという爽快感!

埼玉にある小さなお城を知恵と勇気、そしてその人たちの人となりを愛している土地の民が全力で守りきる、歴史ロマンです。

<ストーリー>
この城、敵に回したが間違いか」天下統一目前の秀吉が唯一、落とせない城があった。
驚天動地の戦いが今、始まる!天下統一目前の豊臣秀吉に唯一残された敵、北条勢。
周囲を湖で囲まれた「浮き城」の異名をもつ「忍城(おしじょう)」もその一つ。
そんな中、忍城ではその不思議な人柄から農民たちから“のぼう様(でくのぼうの意)”と呼ばれる、成田長親(なりた ながちか)が城を治める事に。

長親に密かに想いを寄せる甲斐姫(かいひめ)。
戦に強く「漆黒の魔人」と恐れられる丹波。丹波をライバル視する豪傑・豪腕の和泉(いずみ)。
‘軍略の天才’を自称する若侍、靱負(ゆきえ)。
迫りくる天下軍に緊迫する仲間たちを前に、「北条にも、豊臣にもつかず、皆で今までと同じように暮らせないかなあ~」と呑気な長親だが・・・。
武将として名を挙げる事に闘志を燃やす石田三成は、秀吉より預かった2万の兵を進め、忍城に迫る。
やむなく降伏することを覚悟する忍城軍。しかし三成軍のなめきった態度に、長親が思いもよらない言葉を発する。
「戦いまする」そして、誰の目にも絶対不利な、たった500人の軍勢対2万の大軍の戦いの火ぶたが切って落とされた!

忍城は絶対に勝てないと思われる大軍に攻められます。水攻めされ、しかもそれを指揮したのがかの石田三成とあっては…

もうだめだ、勝ち目はない!食料も底を尽きたらどんな終わり方をするんだろう?悲劇と思わせて、しかしその魅力で人の心をつなぎとめて動かす。

やはり最後は力や武器じゃない、人の心が大切なんだとグッときます。読み終わってみて、本当にこんな事が昔にあったのか、感動しすぎて逆に疑ってしまいます。

そして現地を歩いてみたくなる、そんな物語に出会えたことを心から感謝したくなる一冊です。

スポンサーリンク

魅力的な脇役たち

物語の主人公はたいていは魅力的ですが、脇役のほとんどの名前を覚えたり、声や顔や仕草を自分なりに想像を膨らませてワクワクするなんてことはほとんどありません。

しかしこの物語に関しては別でした。全ての人物が生き生きと描かれ、自分なりに想像を膨らませ過ぎてイメージが崩れるから実写化しないでほしいと思ったほどです。

そして最後に全員が幸せになってほしいと切に願いました。2011年に映画化もされ、野村萬斎をはじめ錚々たるキャスティングで機会があればDVDも観ると理解が深まると思います。
【送料無料】 のぼうの城 スペシャル・プライス 【DVD】
個人的にはたんばが一番のお気に入りだったため、わたしの好きなぐっさんにたんばを演じてほしかったと、後々になっても口惜しく感じるほどでした。

この脇役の魅力あってこその城主の魅力なんだろうと納得します。

スポンサーリンク

何度も読み返したくなる1冊

普通、どんなに面白くても1度読んだ本はもう一度読もうと思うことはあまりありません。大体ハードカバーのうちに購入しますが、もったいないことをしたと後悔することが多くこれからは図書館を利用しよう!と毎回思います。

結局話題にのぼっているうちに読みたくて買ってしまうのですが…。
しかしこの本に関しては、読み終わってからも印象に残った場面を振り返ってその部分だけ戻って読み直しあ、あの場面はなんて言ってたかな…?

とまた別の場面を読み返し…。しまった、朝から読んでいたら一日中のぼうの城に浸れたのに…と後悔する程でした。

そして購入してから私はもう3度、最初から読み直しています。こんなにはまった話もこれがはじめてで老若男女問わずぜひぜひおすすめしたい一冊です。

スポンサーリンク