スポンサーリンク

仮面ライダーエグゼイドの新しいキャラはゲーマー?見どころとあらすじ

Pocket

今から楽しむ仮面ライダーエグゼイド処方箋!

今回の仮面ライダーはちょっと風変わりなライダー?今までとまったく違うキャラデザインに賛否両論ですが・・

医者+ゲーム+ヒーロー=ライダー!?

ちまたで話題の仮面ライダーエグゼイドについて、そのみどころを紹介いたします!
今からでも遅くない、エグゼイドを一緒に楽しみましょう!

スポンサーリンク

仮面ライダーエグゼイドのあらすじ!

西暦2016年、ゲームのバグより生まれた正体不明のコンピュータウイルス「バグスターウイルス」が人々を襲っていた。

バグスターウイルスに対抗するため政府は仮面ライダーに変身できる医師を集め「電脳救命センター」を設置した。

命令を受けたCRの一員「仮野明日那」は、仮面ライダーエグゼイドになれる天才ゲーマー「M」を探していたが、中々見つからない。

研修医の宝生永夢が診ていた患者がバグスターウイルスに感染、怪物に変貌してしまう。永夢はその場に居合わせた明日那が持っていたゲーマドライバーを受け取ると、「仮面ライダーエグゼイド」に変身しバグスターを倒す。

実は永夢こそ明日那が探していた天才ゲーマーMだったのだ!こうして、永夢の医者としての、そしてライダーとしての戦いが幕を開けたのであった・・・

スポンサーリンク

みどころポイントその1・なんかいつものライダーと違う!

まず目につくのは、従来のライダーらしからぬポップなデザインのライダーです。

今作のライダーは3頭身で可愛い見た目の「レベル1」から、従来の頭身である「レベル2」にレベルアップするという特徴があります。

マスコットからヒーローへ、ヒーローの姿もまた「変身」する所はこれまでに無いアピールポイントと言えるでしょう。

医者なんだけどゲーマーという設定も斬新だけど・・ライダーの姿も今までにない新しいデザインでなんだかな~と思われる方も多いかもしれません。

ですが昔からの特撮ヒーローファンの私は「ビーロボカブタック」や「鉄ワン探偵ロボタック」等を思い出しました(古っ!)

そう考えてみると意外とそうぶっ飛んだデザインというわけでもないのですね・・ゲームが大きなテーマの一つだからこそ違和感がないと言えるのでしょう。

案外今の子供達にはすんなり受け入れられるのかも?でも3頭身のほうは・・ちょっとギャグチックですね。。

スポンサーリンク

みどころポイントその2・派手な見た目と裏腹に・・・?

もう一つのポイントは、ポップな見た目と裏腹に、意外なほど重いストーリー展開です。主人公は研修医にして天才ゲーマーである宝生永夢。

天才ゲーマーってのが今っぽいですね~ありえるのかな?

彼は当初、エグゼイドの適合者として選ばれたのですが、実は適合者の条件である適応手術を受けていないことが判明します。

手術を受けていない人間が、何故変身できるのか?そこには永夢の重大な秘密が隠されていて・・・バグスターウイルスはどうやって生まれたのか?

世界を脅かすゲーム病とは?彼にまつわる多くの謎をはらみながら物語は進みます。また、脇を固めるサブキャラもまた魅力。

あくまでプロの医者として患者への過剰な干渉は避けながら活躍する飛彩や闇医者でありながら何かの意図をもって仮面ライダースナイプとして戦う花家大我(はなやたいが)

過去のトラウマから真実を告げられない狼少年的な人間となってしまいつつも、ある真実を追い続ける貴利矢(仮面ライダーレーザー)こうした脇役の活躍も見どころの1つです。

仮面ライダーは日曜朝8時から放送です!!(TVアサヒ系列)

スポンサーリンク