仮面ライダーのスーツアクターとは?特撮のスーツアクターになるには?


仮面ライダーエグゼイド 現代に生きる超人!スーツアクター列伝

中の人などいない!はもはや過去のギャグとなり果てた・・・中の人は間違いなくいるのです!!というわけで、今回は仮面ライダーエグゼイドの変身後のアクションを担当するスーツアクターについて紹介しようと思います。

スポンサーリンク

仮面ライダーのスーツアクターになるには?

裏方だけど特撮ヒーローものが好きな人には憧れの対象、スーツアクター。スーツアクターになるにはどうしたらいいの?ってことで調べてみました!

まず現在の有名どころのスーツアクターである高岩成二・永徳(えいとく)・藤田慧は3人ともジャパンアクションエンタープライズ所属の俳優さんです。

ジャパンアクションエンタープライズの養成部に応募するのが近道のようです。まず書類選考がありオーディションに受かると養成部の研修生になれてそこから修行を積みスーツアクターの道へ!!詳しくは公式ページで確認してみて下さいね。

スーツアクターとは?

着ぐるみ・ぬいぐるみを着用して、変身 (ヒーロー)・怪獣・ロボットなど人間と外見の異なるものを演じる、俳優にしてスタントマン。

言葉そのものは日本の特撮映画・テレビドラマで使われてきた和製英語で、ハリウッド映画など海外では用いられてない。

引用 ウイキペディア

有名なスーツアクターを何人か調べてみました。

カリスマ!スーツアクター高岩成二

まずは特撮ファンには説明不要のカリスマ・スーツアクターの高岩成二!今年も元気よく仮面ライダーエグゼイドのスーツアクターを担当しています。

高岩氏は仮面ライダーアギト以降、平成仮面ライダーのほぼすべての主役を担当している
カリスマ中のカリスマと呼べるすごい人なのです。

高岩氏のスタイルと言えば、なんといっても変身前の人物描写との一体感を重んじた演技です。

現代の特撮ヒーローは、ひと昔前のように派手な身振り手振りによるアクション以上に、落ち着いた自然な演技が要求されます。

高岩氏は、ちょっとした仕草や立ち方等、最低限の動きのみで見事にキャラクターを演じ分ける演技力の持ち主!

彼の演技によって、逆に変身前の役者さんが役作りに影響を受けるケースも多々あるようです。

特に、ひと昔前の仮面ライダー電王での演じ分けの数々はもはや伝説!本人曰く、
「これまでの俳優としてのキャリアをすべて出した、もうなんも出てこない」程だったそうな(笑)

2号ライダーといえばこの人!永徳(えいとく)

続きまして最近の2号(もしくは3号)ライダーポジションを演じる機会が多い俳優の永徳(えいとく)!仮面ライダーエグゼイドでは仮面ライダースナイプのスーツアクターを担当しています。

なんだかこの人2号ライダーの宿命か、いつもやたらと重いスーツやらハードな演技を要求されることが多いようです。

かつての仮面ライダーWでは、2号ライダーの仮面ライダーアクセルを担当。ノーマルのアクセルはスーツが非常に重く、動きづらくて難儀していたところ・・

進化形態では動きやすくなった反面今度は片足でひたすらキックしまくるというハード演技を要求されることになってしまうという2重苦を味わったという苦労人(笑)

いつかは高岩氏のポジションにつけるといいですね!

緩いどころかハードそのもの!藤田慧

最期は近年活躍中のアクター、藤田慧(さとし)!仮面ライダーエグゼイドでは頭身が低いレベル1のライダー全般を演じています。

一見ゆるキャラ風味のレベル1ですが、かなり無理な姿勢で演じなくてはならないこと、またスーツの重量はレベル2以降のライダーの倍近くあるらしく、その撮影は緩いどころか滅茶苦茶ハードです!!

体が細いため女性の怪人やライダー等を演じることが多い藤田氏ですが、やはりスーツアクターは体力勝負なのです。スーツアクターはやはり超人なのか・・・

以上、主だったスーツアクターを紹介しました。仮面ライダーシリーズのみならず、特撮モノの裏方にして主要ポジションであるスーツアクターの皆さん。彼らの活躍は今日も続く・・・

 

仮面ライダーエグゼイドのキャラ設定は?歴代ライダー史上初の医者

仮面ライダーエグゼイドの新しいキャラはゲーマー?見どころとあらすじ

仮面ライダーエグゼイドのライダーガシャットて何?おもちゃと食玩

飯島寛騎の身長と体重と彼女の噂?仮面ライダー出演で大学は中退?

コメント