父の日2017に義父に贈るメッセージの文例集!手紙やカードの書き方まとめ


父の日2017に義父に贈るメッセージの文例集!手紙やカードの書き方まとめ

 

今年も父の日が近づいてきましたよ~今年2017年の父の日は6月18日(日)です!プレゼントは用意しましたか?まだなら参考にしてくださいね!

 

 

今年2018の父の日はいつ?由来と人気プレゼントランキング”!
母の日が終わると次に来るのが父の日。 カーネーションが並び、大々的な宣伝をする母の日に比べると地味な印象のある父の日ですが、感謝の気持ちを伝えたいという日であることはなんら変わりません。 そんな父の日に関しての話しやお勧めのプレ...

 

 

プレゼントにも悩むけど、特に義理のお父さん相手だとプレゼントだけを渡すのも抵抗がありますよね。

 

なにかしら一筆添えないと気の利かない嫁だと思われるかも…でも何を書けばいいのかわからない…。

 

そんな方のために、義父に贈る手紙の書き方をまとめていこうと思います。

 

スポンサーリンク

便箋に手紙を書く、書き方は?

 

長い文章を書きたい人はもちろん普通の便箋でいいのですが、短いメッセージを送りたいけどカードを使って書いたことがない!むずかしい!書き方がわからない!

 

そんなときは一筆箋やそえぶみ箋を使うのがお勧めです。

 

 

専用の封筒も用意されていますし、行が少ないのであっという間に一枚埋まります。二枚以上書けば無礼にもなりません。

 

縦書き、横書きとありますが、60代以上の方であれば縦書き便箋のほうがなじみがあるでしょう。

 

この世代は細かい文字が見えなくなってくる年齢でもあります。少し大きめの文字で書くようにしてください。

 

なお、手紙を書くときには「お義父さん」は使用せず、「お父さん」にしてくださいね。

 

こうやって書けばOK!父の日のメッセージ文例集

 

1:お義父さんと同居、もしくは頻繁に会う機会がある場合

 

この場合は直接会ってプレゼントを渡すケースになると思います。
口頭で「ありがとう」が言えるので文章は短くても問題ありません。
特にキーワードを入れる必要もないでしょう。

 

その分口頭でいろいろな話を聞いて、話してコミュニケーションをとってくださいね。
では例文を載せてみます。2種類ありますが下の文章はお子様がいる場合となります。

 

お父さんへ、いつもお気使いいただきありがとうございます。
日ごろの感謝を込めて、夫婦で選んだ父の日のプレゼントを送ります。
これからも至らぬ所があると思いますが、いろいろと教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

 

お父さんへいつも私達家族を見守っていてくれてありがとうございます。
●●(子供の名前)も一緒にプレゼントを選びました。
これからも元気なお父さんでいてください。
感謝の気持ちを込めて

 

こんな形になります。シンプルに書いて大丈夫だと思います。

 

2:遠方に住むお義父さんへ

 

遠方の場合はいくつかキーワードを入れる必要があります。

 

・こちらの近況を一文入れる
・お義母さんのことにも触れる
・父の日のプレゼントを贈る事、感謝の気持ちをしっかり入れる
以上三点となります。

 

これだけの内容を入れればある程度文章が長くなると思うので、便箋に二枚以上書くという点でも問題ないでしょう。

 

もちろん、「拝啓、敬具」などを使った手紙を書いてもいいのですが、一度それをやるとずっとやり続けないといけないので、手紙を書き慣れていない人にはお勧めできません。

 

ではこちらも例文を載せてみましょう。先ほどと同じく下の文章はお子様がいる場合となります。

 

お父さんへ梅雨に入り蒸し暑い日々が続いていますが、お変わりありませんか。
こちらはおかげさまで夫婦とも元気に過ごしております。
ささやかではありますが、夫婦で選んだ父の日のプレゼントを送ります。
お盆には二人で伺いたいと思っていますので、その時にはまたいろいろなお話を聞かせて下さいね。
お母さんにもよろしくお伝えください

 

お父さんへ
いつも私達家族のためにお心遣いいただき、ありがとうございます。
今日は父の日なので、日ごろの感謝を込めてプレゼントを贈ります。
この色は●●(子供の名前)がおじいちゃんに似合いそう、と言って選びました。
気に入っていただければ嬉しいです。
お盆にはみんなで帰省します。お父さん、お母さんに逢えるのが今から楽しみです。
朝晩の気温差がある日々が続きますが、どうぞお体には気をつけてお過ごしください

 

こんな形になります。同居の場合より少し文章が長くなっています。
もちろん、近況報告などでもう少し長くできるようであれば長くしても大丈夫です。

 

手紙やカードを書くために使える参考書籍

 

もう少しいろいろな表現や書き方を知りたいという方のために、いくつか書籍もご紹介します。

 

これ以外にもたくさん参考になる本は出版されていますので図書館などで確認してみてくださいね。

 

 

書き方のマナーとコツ [ 伊藤美樹 ]

(暮らしの絵本)/杉山 美奈子 (監修)

手紙だけではなく、メールやFAX、伝言メモの書き方も載っているお得な本です。絵本仕立てで登場人物がかわいくとっつきやすいのもありがたいです。

 

 

世界一短い手紙で気持ちを伝える

そえぶみ箋の使い方/むらかみかずこ(監修)

 

そえぶみ箋に特化した本ですが、内容は一筆箋にも応用可能。季節ごとの手紙の書き方の文例が多数収録されていて使いやすいです。

 

 

たった3行のシンプル手紙術―
仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術 (日経ビジネス人文庫) [ …

仕事も人間関係もうまくいく“手書きフレーズ”/むらかみ かずこ(著)

 

仕事上で使う文例が多いですが、3行の手紙を書くためのモチベーションをあげる方法が多々あります。一読しておくといいと思います。

 

父の日にカードを送る場合の例文

 

カードの場合は手紙のようなかしこまった形式はないので気軽に書けるのがメリットです。
気軽である分、厳格なお義父さんだと送るのが難しいかもしれません。

 

そんなときはお子さんにカードを書いてもらいましょう。
孫からのものであればかしこまっている必要は全くなく、逆に喜んでもらえると思います。

 

それに一筆添える形であればかしこまった形式の手紙は必要ありません。

例えば・・

子供)おじいちゃん、ありがとう
親)いつもお気遣いいただきありがとうございます。
●●(子供の名前)が父の日にとお父さんにカードを書きました。
プレゼント共々気に入ってくれると嬉しいです。

 

という感じでよいかと思います。お子さんのカードがメインになるので一筆箋やそえぶみ箋1枚だけでも大丈夫です。

 

なお、お子様がいらっしゃらない場合は便箋(一筆箋などを含む)にしたほうが無難です。

 

夫が手紙を書く場合の例文など

 

ここまで文例と一緒に見てきましたが、可能であれば一言でもいいので夫にも直筆で書いて貰う事をお勧めします。めんどくさがったとしても、

 

「貴方が書くほうが喜ぶに決まってるでしょう」と言うと書いてくれます。

 

実の子の手紙は親にとっては嬉しいものですからね。
ただ、ここで大事なのは全部書かせようとしないことです。

 

本当に一筆箋に一言+名前でいいのです。わずらわしさは最低限にしてあげるのがポイントです。

 

例文として

・いつもありがとう。
・夏休みには帰るよ。
・体は大事にしてね。
・こっちは元気でやってるよ。

 

などがあります。
もちろん、もっと沢山書いてくれるのであれば書いてもらってもかまいません。
上の文章の組み合わせでもいいと思います。2人で一緒に書いてもいいですね。

 

旦那様)お父さん、いつもいろいろ送ってくれてありがとう。僕達も元気でやっています。夏には帰るからそれまで体大事にしてね。
奥様)いつもお心遣いありがとうございます。父の日のプレゼントを二人で選びましたので送ります。お盆に伺えるのを楽しみにしています。

というような感じです。

 

夫婦で文章が被らないのがベターですが被ってしまってもそこまで問題はありません。
もし旦那様が書いてくれるようなら先に書かせて被らないように奥様が文章を考え直すのもいいと思います。

 

旦那様のほうが文章が長くなっても問題ありません。ただし奥様も必ず一文書いてくださいね。

 

それからもう一つ、もしお子様が似顔絵や手紙を書いてくれるのであればぜひ同封してあげてください。

 

孫の手紙なんて最高のプレゼントだと思いますよ。

 

以上、いろいろと上げてきましたが一番大切なのはなんといってもハートです。
手書きの文章は、書いた人の気持ちがこもります。

 

それは受け取った側にとって何よりの価値となります。
お義父さんへの感謝が伝わるよう、気持ちを乗せた文章を書いてくださいね!

コメント