スポンサーリンク

2017小学校高学年におすすめの自由研究5つ!簡単ですぐできる!

Pocket

小学校高学年におすすめの自由研究5つ!

好きなクッキー型を使った石けん作り

石けん作りに使用するアイテムは、純正の固形石けん1つとおろし金です。
あとボールとサランラップとクッキーの型と、エプロン(汚れ防止のため)も必要です。

香りをつけたい場合はラベンダーのエキスなどを用意するといいですね。ほかにはラベンダー以外のハーブエキスや、ハチミツ等でも良いでしょう。

次に作り方ですが最初にボールの中に固形石鹸をすりおろして、水を少しずつ加えながらこねます。香りをつけたい人は途中でエキスを数滴垂らして、さらにこねて下さい。

そして耳たぶと同じくらいの硬さになったら、粘土でお団子を作るみたいに丸めます。
その時ぬれた手で丸めると、綺麗な形になります。

生地が出来たらクッキーの型の上からラップを掛けて、そのラップに乗せるように詰めて行きましょう。

型の下から上の方まで平になるように生地を詰めてから型を抜けば、オリジナルの石けんが完成します。

しかしこのままではまだ柔らかくて使える状態ではないので、風が通る場所に数日間保管しておいて下さい。

日差しがキツイ場所やジメジメした場所だとヒビが入ったりカビが発生する原因にもなるので、必ず室内で湿度が低いところを選びましょう。

完全に乾いたら、ちゃんと石鹸として使えるようになります。それに泡もちゃんと立ちますし香りも華やかでおすすめですよ。

スポンサーリンク

市販されている水に関する研究

水を揃えれば研究は1日でも終わります。海外では水道が整備されていても日本のように気軽に水が飲めないという話から硬水と軟水について調べました。

実験よりも調べ物が好きなお子さんに向いています。何種類もの水を飲み比べられるのが子どもには楽しいようです。

最初に本やインターネットを使って硬水・軟水がそれぞれどういうものなのかを調べます。近隣で購入できるもので構わないので、海外産と国産の水を数種類用意。

ラベルから硬度を確認し、硬水と軟水に分けます。それぞれをテイスティングし味や飲みやすさなど感想を書きとめます。
硬水の商品と軟水のものを交互に飲むとよりわかりやすいかもしれません。調べたことは水ごとレポート形式にまとめてもいいですし、発表の機会があるならば、硬水と軟水に分け表にまとめるなど工夫してみるといいと思います。

工場見学でも水に対する興味がわくコースがあります。調べてテイスティングした感想を書くだけなので、小学校3年~4年くらいから高学年まで興味を持って取り組めると思います。

スポンサーリンク

10円玉をきれいにする自由研究

<用意するもの>

汚れた10円玉

水・醤油・洗剤・ソース・タバスコ・レモンの果汁・ラー油・ケチャップ・マヨネーズ

綿棒・ティッシュペーパー

<やり方>

10円玉を綿棒で水と洗剤をつけてこすってみます。この二つでは、こすっても汚れは落ちませんでした。
次に醤油・ソース・お酢・タバスコ・レモンの果汁・ケチャップ・マヨネーズなどをつけて綿棒でこすってみると汚れが落ちました。
どうして洗剤は汚れが落ちなかったのでしょう?洗剤は汚れを落とすものですよね。
それは、液体に入っている成分に共通のものがあります。それは、お酢、塩になります。

10円玉の汚れが落ちないのは、10円玉はただ単に汚れているんではないです。あれは、10円玉が酸化しているんです。

つまり、10円玉の銅が黒いのは、酸化銅になっているからで、塩や塩酸でこすると、くっついている酸素がとれるから、10円玉がきれいになったのです。この現象を還元といいます。

スポンサーリンク

日本列島の天候変動の研究

2週間から3週間位を目安に行うのが良いと思います。

新聞やインターネットで、日本各県の県庁所在地の天気をチェックして毎日記録していきます。その際、記録する天候の時刻は必ず一定にすることを忘れないようにします。

2017年4月1日正午の天候を例に記載しますと、

地域 4月1日 月日 月日
札幌 晴れ ・・・
仙台 曇り ・・
東京 ・・
名古屋 ・・・
大阪 曇り ・・
広島 晴れ
高松 晴れ
福岡 晴れ ・・
那覇 ・・・

このように3週間程天候を記録していきます。

この記録は一覧表にまとめますが、このとき、晴れは赤色・曇りは灰色・雨は青色、などに色分けすると見やすくなります。

色分けした天候一覧が出来上がったら、晴れ(赤色)を線で結んでいきます。すると、日本の西から東に向かって徐々に晴れ(赤色)が移っていくのが良くわかります。

これによって、日本の上空には偏西風という強い風が吹いていて、西から東へ前線や雲が流されていることが、子供にも理解できるようになります。

バナナは日焼けするのか?日焼けの研究

<用意するもの>

日焼け止め数種類と、バナナを用意します。日焼け止はSPF値の違うものをそろえましょう。

<やり方>

何もつけないバナナ、各日焼け止めを塗ったバナナ、アルミホイルでくるんだバナナを、よく晴れた日の日中に数時間、屋外に放置します。

その後、バナナの写真を撮り、皮の色の変化を比べます(色見本や色彩カードなどがあると、比較しやすいです)。

さらに、同じ実験を曇りの日にも行い、晴れの日と曇りの日との違いもチェックします。紫外線チェッカーがあると、具体的に紫外線の量の違いを数値化できます。

思った以上に視覚的に差が出るので理科が苦手な子供にもおすすめです。余裕があれば身近な紫外線を利用したもの(配達後の葉書、クレジットカードなど)について、ブラックライトを使って確かめられると紫外線の性質をより実感できるでしょう。

尚、この実験を行なう際には、直接太陽やブラックライトを見ないように気を付けてください。

市販品で自由研究に役立つキットもあります、うまく活用して自由研究を簡単にはやく終わらせてくださいね!

2017夏休みに親子で取り組む自由研究3選!小学校低学年向き!

スポンサーリンク