藤井四段が朝日杯名古屋での公開対局!会場へのアクセスと申し込み方法は?


2018年1月13、14日に名古屋で行われる第11回朝日杯オープン戦。

こちらは公開対局で両日とも午前10時から一回戦が2局行われ 、午後14時からは2回戦が1局あります。

大盤解説会もあります、有料で定員制となっています。出場者については1日あたり4人、二日間で計8人、8人のうち3人が佐藤天彦名人、羽生善治竜王、藤井聡太四段と新年にふさわしい豪華な顔ぶれになっています。

まだ観覧の募集要項などは出ていません、申し込み方法が分かり次第追記します。

先に東桜会館へのアクセスなどをのせておきます。

ちなみに東桜←”ひがしさくら”と読みます。

会場は東桜会館(名古屋市東区)会場までのアクセスは高岳駅または新栄町駅で下車。

郵便番号461-0005愛知県名古屋市東区東桜2-6-30

名古屋市営桜道線・高岳(たかおか)駅、地下鉄東山線・新栄町(しんさかえまち)駅のどちらかで下車すると近いです。

スポンサーリンク

現在わかっている対局予定

名古屋での対局は

13日午前10時から羽生竜王VS高見泰地六段、八代弥六段VS糸谷哲郎八段との対局

14日午前10時から藤井四段VS澤田六段、佐藤名人VS永瀬拓矢七段との対局

14日午後14時から勝者同士の対局

それ以外の組み合わせ(名古屋での対局ではありません)

渡辺明棋王VS三浦弘行九段、久保王将VS丸山忠久九段

*観覧募集などがでましたら申し込み方法など追記します。

朝日杯将棋オープン戦名古屋公開対局の申し込み方法

第11回朝日杯将棋オープン戦本戦大盤解説会の概要

公開大局大盤解説会日程:1月13日(土)1月14日(日)

両日とも一回戦は午前10時から、2回戦は午後14時から開始となっています。

解説・聞き手:木村一基九段・貞升南女流初段・中澤沙耶女流初段

大盤解説会には対局後の棋士も登場。

料金:観戦S 席6900円・観戦A 席5000円・観戦B席4000円・大盤解説会のみ2000円(高校生以下1000円)

申し込み方法:公式サイトからネットでの申し込みになります、先着順の受付となりますので気になる方はお早めにどうぞ。

大盤解説会には対局後の棋士も登場とありますのでそれだけでも見る価値はありそうです。

コメント