藤井聡太1月14日朝日杯本戦の中継予定は?速報結果!


第11回朝日杯本戦について

対局日:1月14日(日)

対局予定:朝日杯本戦1回戦

澤田真吾六段VS藤井聡太四段

この日は勝者が永瀬七段もしくは佐藤天彦名人と2回戦で対局することになります。名人との対局の可能性もあることから明日はかなり注目が集まると思います。

ちなみにこちらは名古屋での公開対局となります。13日の公開対局では国民栄誉賞の授賞が決まった羽生竜王の対局があり盛り上がったそうです。

14日の観戦チケットも完売しています。公開対局についてはこちら

藤井四段が朝日杯名古屋での公開対局!会場へのアクセスと申し込み方法は?
2018年1月13、14日に名古屋で行われる第11回朝日杯オープン戦。 こちらは公開対局で両日とも午前10時から一回戦が2局行われ 、午後14時からは2回戦が1局あります。 大盤解説会もあります、有料で定員制となっています。出場...
スポンサーリンク

1月14日(日)朝日杯本戦の中継予定

ニコニコ生放送

解説:井出隼平四段・聞き手:塚田恵梨花女流1級

AbemaTV

解説:三枚堂六段・佐々木大地四段・聞き手:中村桃子女流

朝日杯公式サイトの中継ページ←棋譜中継があります。

対局日程なども公式サイトで確認できます。

携帯中継(将棋連盟公式アプリ)

開始時刻:午前10時

持ち時間:各40分

対局相手について

 

澤田真吾六段

1991年11月21日26歳

三重県鈴鹿市出身

竜王戦2組、順位戦 B級2組に所属しています。 地元ではイケメンだと噂になっています,個人的には髪型が気になりますね。

将棋フィーバーでしょうか?お正月の福袋で棋士と対局があちこちの百貨店で売り出されたようです。こういうのは夢があっていいですよね~対局の模様をテレビで中継してほしいですね。

永瀬拓也七段

 

1992年9月5日生まれ25歳

神奈川県横浜市出身

竜王戦1組、順位戦C級1組に所属しています。

2012年2加古川青流戦、新人王戦で優勝しています。

佐藤天彦名人

1988年1月16日生まれ29歳

福岡県福岡市出身

竜王戦2組、順位戦第75期名人となっております。その独特のルックス髪型、ファッションセンスなどから貴族と呼ばれています。

世間的にも広く貴族と認知されておりこのような雑誌の取材も・・家庭画報の1月号の記事で佐藤名人の自宅で取材しています。

え?これ本当に自宅?ていうようなゴージャスな写真が載っていますよ。 興味のある方は家庭画報.comで見てきてください。

見ましたか?ものすごい貴族ぶりですよね、どこかのホテルと言ってもいいくらいのゴージャスさです。個性が強烈な佐藤名人ですが、逸話は”貴族”っぷりだけでなく他にも多数あるようです。

マントを着こなしたり、その独特のファッションセンスだけでなく投了の時にリップクリームを塗ってから投了した事があり、ファンの間で話題になりました。

リップクリーム塗る~~!?口を潤してから💛

そのときの様子はyoutubeなどでググればたぶん見れますので興味ある方は検索してみてください。

記憶に新しいのは将棋電王戦でPonanzaに2連敗したことでしょうか。これ以降将棋電王戦はなくなりましたね。

現時点での成績

今回はそれぞれの(1月8日)時点でのレーティングをのせておきます。

藤井聡太四段→1757

澤田真吾六段→1801

永瀬拓也七段→1909

佐藤天彦名人→1868

(参考:将棋DB)

朝日杯オープン戦とは?

 

全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人によるトーナメントです。一次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円です。持ち時間:40分

トーナメント制/一次予選、二次予選、本戦(16名)

トーナメント表

明日の名古屋での公開対局は赤で囲っている部分になります。 ちなみにDの結果は2回戦で羽生竜王と八代六段が戦い羽生竜王か準決勝2月17日(土)に駒を進めています。

朝日杯本戦の結果速報

持ち時間が40分なので展開は早そうです。

藤井四段VS澤田六段→54手まで藤井四段の勝ちとなりました。

佐藤天彦名人VS永瀬拓也七段→138手まで佐藤天彦名人の勝ちとなりました。

14時からの2回戦は藤井聡太四段VS佐藤天彦名人の対局になります。

なんとっ!!

藤井四段が14時からの佐藤名人との対局に勝ちました!ということで次はいよいよ羽生竜王との対戦、準決勝になります。

今局の棋譜については朝日杯の公式ページで確認できます。

佐藤名人に地元の公開対局で勝てたのがうれしいのかいつもはポーカーフェイスな藤井四段が頬を若干赤らめながら話していますね。

澤田六段、佐藤名人と格上のトップ棋士に勝ったことではずみがつきそうですね。

羽生竜王との準決勝戦は2月17日(土)です。

コメント

  1. 匿名 より:

    矢代ではなく八代六段です