スポンサーリンク

藤井聡太炎の七番勝負第2弾が9月放送?自ら指名で相手を選ぶ?

Pocket

藤井聡太炎の七番勝負第2弾が9月放送?自ら指名で相手を選ぶ?

AbemaTVがまた面白い企画を発表しましたよ!

「藤井聡太四段 炎の7番勝負」 続くオリジナル番組第2弾!

若手棋士とトップ棋士に別れチームで対抗し七番勝負を繰り広げる。

「若手VSトップ棋士  魂の七番勝負」として

2017年9月よりAbemaTVの将棋チャンネルで放送予定。

スポンサーリンク

藤井聡太四段 炎の七番勝負とは?

藤井聡太四段 炎の7番勝負とは2017年2月から4月にかけて放送された将棋チャンネルの AbemaTVオリジナル番組。藤井聡太四段の七番勝負の対局結果をまとめてみます。

第一局  増田康宏四段  先手  95手 ◯

第二局 永瀬拓矢六段   先手 114 ◯

第三局 斎藤慎太郎六段  先手 91手 ◯

第四局 中村太地六段   先手 117手 ◯

第五局 深浦康市九段  後手 122手 ◯

第六局  佐藤康光九段   先手 95手  ◯

第七局 羽生善治三冠   先手 111手 ◯

非公式戦ながらプロデビューしたばかりの若手棋士が7連勝したということ。

羽生三冠に勝利したことに関しては非公式戦なので普段はしない手を試したのでは?などとも言われていますが、なんにせよ羽生三冠に勝利したということでかなり話題になりました。

AbemaTVでは初めて書籍化されることも決まっています。

2017年8月28日「天才騎士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃」マイナビ出版販売。

スポンサーリンク

炎の七番勝負第2弾は自ら指名で相手を選ぶ?

炎の七番勝負第2弾は若手棋士が自ら対局したいトップ棋士を指名するルール。

画期的なルールですね~よく考えてあります、盛り上がること必至のルールですよね。

ちなみに若手棋士は23歳以下で今、将棋界で注目の棋士7名!

<若手チーム>

青嶋未来五段(22)

佐々木勇気六段(22歳)

近藤誠也五段(20歳)

八代弥六段(23歳)

増田康弘四段(19歳)

佐々木大地四段(22歳)

藤井聡太四段(15歳)

若手棋士の中には藤井聡太四段の30連勝を阻止した佐々木勇気六段もいますよ。佐々木勇気六段もかなりの負けず嫌いで勝利への執念は凄まじいですからね、これは見ものですね~

しかもプロ歴が浅い順に自ら指名すると AbemaTVの公式サイトの説明に書いてありました。ということはですよ・・・プロ歴が浅い藤井四段から指名することになりますね、

ということは藤井四段は指名したい人をきっちり選べるわけね。。。藤井四段はトップ棋士の中から誰を指名するんでしょうね?

若手VSトップ棋士14名の詳しい経歴はこちら

<トップ棋士チーム>

森内俊之九段(46歳)

三浦弘行九段(43歳)

藤井猛九段(46歳)

屋敷伸之九段(45歳)

郷田真隆九段(46歳)

木村一基九段(44歳)

行方尚史八段(43歳)

なんかもうね自ら指名って、藤井四段が誰を選ぶのか?世間の関心が集まるのがわかってますよね(笑)

藤井四段ありきの魂の七番勝負?

同じチームの若手棋士から圧力とかかかんないのかな・・(笑)

スポンサーリンク