スポンサーリンク

下克上受験の最終回の結末を予想!佳織は不合格で公立中に進学?

Pocket

下克上受験の最終回の予想と考察

いよいよ下克上受験も最終回、前回の最後で信一と佳織が合格発表の掲示板の前で目を見開いてた場面で続き・・!あ~もう!もったいつけるな~

徳川親子はガッツポーズしてましたからまりあは合格したんでしょう。偏差値70超えって言ってたのでまあ間違いないでしょうね。

ドラマ(9回)では香夏子(深キョン)が

”佳織はもし落ちたら公立に行くの?”と信一(阿部サダヲ)に聞きます。すると信一は

”日本で1番高い山を知ってるか?山梨にある北岳(きただけ)なんだよ、でも言わないとわかんねーよな?俺さ、自分が中卒だっていうのも色々と説明してきたんだ、1番だと説明しなくてもいいじゃない?だから佳織には1番てっぺんに行ってほしいんだよ”

12月の時点で佳織の偏差値は62、桜葉学園の過去問題は難しく20点しか取れない。その後50点まで点数は上がったけど・・(桜葉学園は偏差値72)

他の中学の過去問を試しに解いてみると高得点がでた佳織は

”別に桜葉学園じゃなくてもいい、みんな受験すること知ってるのにどこにも(私立中)行かないで公立中に行ったら笑われる・・”

よくわかってるね(笑)

それでもなんとかなだめて受験したわけだけど・・

最後まで桜葉学園の合格圏には達してなかったみたいだし合格の可能性は低いでしょうね~

ドラマの佳織が言うように、第1志望にこだわらずに今まで頑張ってきた証じゃないけど、合格する中学校、それが第2志望だろうが、滑り止めだろうが、本人がよければいいと思うけどね。

スポンサーリンク

佳織は合格それとも不合格?予想してみます!

下克上受験は実話でモデルがいます。実話の佳織は第1志望の桜蔭には不合格・・その時の父親との会話もネタバレされてます。

掲示板に自分の番号がなかった佳織は信一に話します。

”一緒に勉強できて楽しかった、でも桜蔭に合格したかった”

受験がダメだったら公立中学に進学する予定だったけど佳織は別の偏差値70近い進学校で有名な中学校も受験しておりそちらは合格。進学したという。

すべり止でも偏差値70近い中学に進学してるので最初(偏差値41)から考えたら相当すごいですよ!ドラマの佳織はできたら合格してほしいけどね。

信一は”娘のこと愛してる”とか”佳織の将来のため”とか言ってるけど、なんだかんだ言って自分の学歴コンプレックスの裏返しだし価値観押し付けすぎだし、香夏子への暴言もひどかったし。

”毒親”じゃない?て気もするけどね、大体どうしても1番の中学がいいならもっと早くから受験勉強しろよ・・ってそこは突っ込んでも仕方ないか(笑)

スポンサーリンク

ドラマの最終回で予想されるパターンは4種類!

1.奇跡の合格!まりあと共に桜葉学園に進学。

2.不合格で地元の公立中学に進学

3.不合格ですべり止の別の中学に進学

4.不合格で地元の公立中学に進学、その後編入試験を受けやっと桜葉学園に入学

原作と同じパターンの3かな?とも思うけど、9回のドラマの流れから言うと、信一が自分の考えをそう簡単に変えるとは考えられないし・・

第一、滑り止めは受けてない?(9話を見る限りでは)設定だし・・実は陰で受けてましたとかないよね?

結局・・4がドラマとしても意外性があるのかなと思う。

佳織はまりあと一緒に桜葉学園行こうねって約束してたしね~なので編入だと1年後になるけど、滑り止めに進学するよりも初志貫徹したということでストーリー的にはいいんじゃないかと(笑)ハッピーエンドだしね~

できれば実話の佳織の大学受験まで追跡調査もしてまたドラマ化されるのを期待(笑)また深キョン母親役で!

下克上受験最終話は3月17日(金)

スポンサーリンク