ゲンキの時間12月30日肺年齢をチェック!口すぼめ呼吸と呼吸筋トレ!


ゲンキの時間12月30日肺年齢をチェック!口すぼめ呼吸と呼吸筋トレ!

12月30日に放送された健康カプセル!ゲンキの時間では老化総チェック、改善方法のスペシャルでした。その中の肺についてまとめました。

スポンサーリンク

肺年齢をチェック

  1. 階段を上ると息切れする
  2. 咳や痰がずっと続く
  3. 風邪の治りが悪い

このような症状がある人は肺年齢をチェックすることをお勧めします。

以前タバコを吸っていた方などはCOPD など慢性閉塞性肺疾患と呼ばれる病気の可能性もあります。現在、潜在患者数は700万人と言われている肺の病気です。

スポンサーリンク

肺の老化度チェック

  1. 椅子に座って息を限界まで大きく吸い込みます
  2. 鼻をつまんで口から思いっきり早く息を吐ききります
  3. 息を何秒で吐き切れたか時間を測ります

判定の基準

息を何秒で吐き切れたか? 息を吐き切れるまで10秒以上かかった人は要注意です。呼吸器内科のある病院での検査、診察をお勧めします。

スポンサーリンク

肺年齢を若返らせる改善方法!口すぼめ呼吸と呼吸筋トレ

現在タバコを吸っている人はまずは禁煙をしましょう。

口すぼめ呼吸とは?

口すぼめ呼吸とは病院などで行われている呼吸器疾患のある患者さんのための呼吸法です。

詳しいやり方の病院のPDFがありましたので参考までにどうぞ。

独立行政法人国立病院機構刀根山病院リハビリテーション科

呼吸筋トレーニングとは?

呼吸筋トレーニングとは、リハビリテーション理学療法ことで COPD 以外にも肺疾患などにも検討されているトレーニング方法のことです。

口すぼめ呼吸のやり方

  1. 手のひらを顔の前から30cmほど離れたところに置きます
  2. 鼻から息を吸います
  3. 手に届くように口をすぼめながら息を吐きます
  4. その時お腹が動いているのを確認します

口すぼめ呼吸ができたら次は呼吸筋トレーニングを行います.

呼吸筋トレ

  1. 500mlのペットボトルを2本用意します。
  2. ペットボトルを両手に持ちます
  3. その状態で息を吸います
  4. 口をすぼめて息を吐きながら、腕を斜め上に伸ばします
  5. 息を吸いながら腕を下ろします
  6. 反対側も同じように行います
  7. 左右に10回を1セット朝晩2回合わせて行います

呼吸筋トレーニングのグッズ

口すぼめ呼吸と呼吸筋トレーニングを地道に行うことで肺の機能が鍛えられ、肺疾患になるリスクが下がるならいいですよね。ただ最初は一生懸命やるけれども次第に飽きてしまったり三日坊主になりがちです。

呼吸筋トレーニングのグッズなどありましたので紹介しておきます。(番組内で薦めているものではありません)

この呼吸筋トレーナーはテレビの健康番組でもおなじみの池袋大谷クリニック院長の大谷義夫医師が監修しているものです。

呼吸筋を鍛えると肺が鍛えられるだけでなくダイエット効果もあるとも言われています。いいことばかりのような気もしますが、無理をしない程度に鍛えてくださいね。

*この記事の情報は2018年12月30日時点のものです。

関連記事:ゲンキの時間血管年齢のチェックと改善方法!ほっトマト甘酒の作り方

コメント