スポンサーリンク

夏休みの自由研究でおすすめは?低学年向きテーマ7選!


夏休みの自由研究のテーマ7選!低学年向きおすすめ

 

夏休みまであと少しですね!楽しみな夏休みですが、同時に気が重くなるのが宿題の数々です。

特に自由研究は自由だからこそ、何をすべきか毎年迷いますよね。

今回はその中から簡単で楽しい、工作系以外のお勧めの研究をいくつかあげてみようと思います。

スポンサーリンク

食べ物、飲み物に関する実験

 

いわゆる理科系の王道テーマです。理科系というと敬遠する人もいると思いますが、台所であるものでやるのがポイントです。

どちらかというと低学年向けのテーマを3つご紹介しましょう。

 

1.凍るもの、凍らないもの

 

きっかけとしてはカキ氷系のアイスを食べてて疑問に思った、というところでしょうか。製氷皿が1枚あればその中にいろんな液体を入れて実験できるテーマです。

 

冷凍庫に入れて1日放置しておけば結果が出る手軽さもお勧めポイント。

油/ジュース/炭酸/しょうゆ/酒/たれ/めんつゆ/みりん…などなど。

いろんな結果が出るので低学年でも楽しんでできるテーマだと思います。

 

2.水に浮く野菜や果物はどれ?

 

先日クイズ番組で問題として出題されていたものです。お母さんが台所で野菜を洗っているのを見て、というきっかけもいいと思います。

 

家にある野菜や果物ならなんでも使えるのが強みです。水の入ったバケツと野菜があれば出来るし1日でおわるのもいいですね。

 

実際に浮いたか沈んだか写真を取って印刷し、貼り付けながら結果を報告していくといいかもしれません。

 

3.切ったりんごをつけておいて色がかわらないものはどれ?

 

小学2年の時に実際に友人と二人で行い、市の代表になったテーマです。きっかけは塩水につけたリンゴが塩辛いので味を変えたかったから、だったと記憶しています。

 

塩水/砂糖水/油/レモン汁/水/

 

思いつく食材を入れたコップにリンゴのかけらを入れ、1日おいたときと2日おいたときでどれくらい茶色くなるかを確認しました。

 

結果はここでは書きませんのでご自身の目で確かめてください。塩水と同じ効果が得られる食材がこの中にあります!なお、包丁を使うので大人の方が切るところまでは手伝ってあげてもいいかと思います。

社会系のテーマ

 

先ほどはインドアなテーマを選びましたが、こちらはアウトドア中心のテーマになります。道具をほとんど必要としないのと1日でできるのがポイントです。

指定がないものはどの学年の小学生でもまとめられる研究です。

 

4.どんなナンバープレートがあるのか調べよう

 

ナンバープレートにはいろんな色や種類があるので気になったというのがきっかけになるでしょうか。実際色の差だけではなく、地名も様々なところのものがあります。

 

ある程度交通量のある、歩道がある道路で観察してみるといいと思います。朝と夜とで傾向が違うのかを調べるのもいいですね。同時に交通量調査をしてしまうのもいいかもしれません。

 

5.マンホールの蓋を調べよう

 

数ヶ月前に実際に私も調べたのですが本当にいろんな種類があるし、意外と身近にあるのがマンホールです。きっかけは駅前で見つけた消防車の絵が描かれたカラフルなマンホールでした。

 

これは消火栓を示すものだったのですが、他のはどうなんだろうと思って歩きながら調べた次第です。地図があれば、マンホールの場所に印をつけて、どんなマンホールがあったかを記録するだけでもいいと思います。

 

きっと、マンホールの数の多さに驚くと思いますよ。なお、調べるときは車や自転車、歩行者に気をつけて行ってくださいね。

 

6.町の歴史を調べよう

 

身近に石碑や史跡があればそれをきっかけにして調べていくのがいいかと思います。図書館には地域の歴史に関する本が必ず置いてあると思いますので、年表にまとめてみたり、石碑に書かれた出来事を詳しくまとめてもいいでしょう。

 

小学3年生くらいからできる研究かと思います。

7.出かけてまとめるテーマ

 

博物館、美術館、動物園や水族館など施設に出かけた記録をまとめるテーマになります。撮影禁止のところが多いのでメモを持っていくといいと思います。

どの学年でも発表できる奥が深いテーマになるのと、遊びながら完成できるのがいいですね。

 

博物館の場合

 

博物館にはいろいろな種類があります。大きく分けると、歴史民俗学などの社会系と科学生物などの理科系です。社会系の場合は昔の生活や洋服はどうだったのか、とか。

 

歴史的な建物はいつごろどうやってつくられたのか、とか。地元に密着した研究ができることでしょう。理科系の場合は、わりと実験などをやらせてくれる体験型の博物館も多いです。

 

プラネタリウムなどで星の誕生について調べてみるのもいいですね。

 

先日、東京(お台場)にある日本未来科学館に行ってきたのですが、ここで小学校6年+中学校3年分の自由研究が全て行えそうなほど、さまざまな体験、実験ゾーンがありました。

 

たとえば休憩用の椅子にもさまざまな形があるので、どれが子供にとって座りやすいか、大人はどうか…なんて研究もよさそうですね。

 

美術館の場合

 

美術館には企画展と常設展があるところが多いです。企画展があれば、特集されている画家の話や展示されている絵を描いたときのエピソードをきいてみたりできるかと思います。

 

常設展ではまず自分の好きな絵を見つけて、そこから作者について調べたり描かれた時代背景を調べたりするのもいいでしょう。

 

 動物園、水族館の場合

 

動物の場合は観察中心の研究になることが多いかと思います。また、情報を本やネットなどで調べる必要が出てくるかもしれません。

 

例えば○○科の動物は何がいるのか。こどもと大人では姿がどのように違うのか、動物はどんな一日を送っているのかなどとなります。ハシビロコウはいつ動くのか、なんてテーマでも面白いかもしれませんね。

 

以上、出かけるテーマを1つとして合計7つ、ご紹介してきましたがいかがでしたか?疑問に思ったことがあれば、それが研究テーマになるのが自由研究。せっかくですから楽しんでできるものを選んでくださいね!

コメント