ジョブチューン12月8日スシローリベンジは?血糖値糖尿病予防食材


ジョブチューン12月8日スシローリベンジは?血糖値糖尿病予防食材

12月8日のジョブチューンはスシローの寿司ネタを超一流の寿司職人が美味しいかどうかをジャッジするという内容ですよ~!

TBSで土曜日に放送されるジョブチューン!ジョブチューン12月8日は夜7時から2時間スペシャルで放送されます。リアルタイムで見れない人は要録画ですよ。

スシローのリベンジ!果たして結果は?

『ジョブチューン』12/8(土) まさかの判定にスタジオ驚愕!! 👀💦 スシローはリベンジを果たせるのか!?【TBS】

今回のジョブチューンの見所はかつて一流寿司職人から寿司ネタ10品中、3品不合格を出されたスシローのリベンジマッチ。

しか~し!予告を見る限りでも今回もかなり厳しい判定の様子、はたしてリベンジはできるのか?

2017年11月11日放送のジョブチューンでスシローのマグロが寿司職人たちから厳しい意見をもらい不合格となってから一年、今夜はリベンジという事で再度、一流の寿司職人たちに食べて頂くという回でした。

今回は10品で勝負をし4名以上が合格を出せば美味しいと判断されます。合格が8品で不合格が2品でした。ここからは詳細です。

  1. 合格だったのは、専用の機械で6回ひっくり返して作ったたまご。
  2. 前回の肉寿司の牛タンのリベンジで出た塩カルビ。
  3. 冷凍せず輸送し鮮度にこだわった生甘エビ。
  4. 食べる直前に炙っている炙り上穴子。
  5. 超一流料理人も安さと美味しさを絶賛したのどぐろ焙り。
  6. 人気のエビアボカド。
  7. 売り上げ3位のイカ。
  8. そしてリベンジのためグレードを上げたマグロです。

不合格だったのは社長イチオシだが風味がなかった大赤貝と旨味がないと言われた真鱈白子でした。

8品も合格が出るなんてすごいですね。社長イチオシの赤貝が不合格で残念でしたがこれを機会に更に美味しさを追及してくれることを期待しています。どのネタも美味しそうでスシローに行きたくなりました。

スシローの食品開発の方たちの努力と研究を重ねた結果、マグロの種類から見直したスシローのマグロは見事合格クリアになりました。

不合格を出した方もいましたが、社員の方はまだまだ努力と挑戦を続けていくという姿勢にスシローの好感度が上がりました。不合格は二品ほどありましたが、他は全てクリアしたので見ていてホッとしましたね。

スポンサーリンク

ジョブチューン12月8日の放送内容

豪華2本立て!
『スシローのネタを超一流の寿司職人がジャッジ!』&『プロが教える「最高の方法」』

『超一流寿司職人がジャッジ!スシローで食べるべき寿司ネタはどれ!?』
◇昨年11月、日本一の回転寿司チェーン「スシロー」が誇る人気の寿司ネタを、
超一流寿司職人が本当に美味しいかどうかをジャッジする対決企画を実施。
審査した10ネタ中、看板商品のまぐろを含む3ネタが不合格という厳しい結果に!
あれから1年…スシローからの再戦申し入れを受け、リベンジマッチが決定!
◇1年かけて大改革した人気商品「まぐろ」をはじめ、スシローが味に絶対の自信を持つ
厳選10ネタを超一流寿司職人が試食し、合否を判定!
果たしてスシローはリベンジを果たせるのか!?
◇超一流寿司職人も認めた、美味しいお寿司が食べられる!実際に食べてアタナもジャッジ!
スシローのお食事券3,000円分を100名様にプレゼント!

『より美味しく! より健康に! プロが教える「最高の方法」!』
◇毎日の食事を、より美味しく、より健康的なものにするための「最高の方法」を、
農家、医者、管理栄養士など「食」のプロフェッショナルがクイズ形式でぶっちゃける!
◇しいたけでがんリスクを下げる!ゴボウで糖尿病を予防する!りんごで腸内環境を整える!
バナナで老化を防止する!食パンを美味しく食べる!白菜の旨味成分を引き出す!などなど…
栄養効果を高める、さらに美味しくなるなど、食材に対する「最高の方法」をご紹介!
◇堀内&土田チーム、設楽&柴田チーム、日村&ギャル曽根チームに分かれて真剣勝負!
より多くの「最高の方法」を正解するチームは果たして!?

引用:ジョブチューン公式サイト

血糖値を下げるトマトのリコピンを増やす最高の方法

関連記事:ジョブチューン11月24日2時間SP!最強の食べ合わせ動脈硬化高血圧

健康になるための最高の方法をごぼう農家、管理栄養士、トマト農家、医者などのプロがぶっちゃけます。

トマトは元々暖かい国で栽培されている野菜です。そのため血糖値を増やす最高の方法は常温で保存することです。買ってすぐに冷蔵庫で保存していたので驚きました。

トマトは血糖値を下げるという効果があることを初めて知り驚きました。いつも何気なく食べていたトマトですが、常温保存をするというさらに一工夫することでリコピンを増やし血糖値を下げることに繋がるのだそうです。

しかし冷蔵庫では熟成しないらしく常温で熟成させることでリコピンを増やします。いつも買ってきたらすぐに冷蔵庫へ入れていたのでこの方法には目からウロコでした。

さらにリコピンを増やすには料理をする時に加熱することだそうです。サラダに入れたり生で食べるのが定番だったので加熱して食べる料理を考えてみようと思います。

スポンサーリンク

糖尿病予防にごぼう!

ごぼう農家の女性の顔ツヤがとてもよく、若々しいことに驚きました。健康そうでまた糖尿病予防も期待できるごぼうの秘密はなんだろうとワクワクして見ていましたが、とても簡単なことでした。

最高の方法はなんとアク抜きをしない事でした。ごぼうはアク抜きをするのが当たり前だと思っていたので今までやっていたのが逆効果だと知り衝撃的でした。

アク抜きをすると茶色い水になりますがその中に栄養が全て出てしまっていたらしいです。実際にスタジオで食べ比べをしていましたがアク抜きをしていない方は色が濃くごぼうの味が濃いそうです。手間が省けて美味しいなんていいことだらけで嬉しいです。

私もよくやってしまっていたのですが、ごぼうを切った後に水にさらすのは栄養を流してしまっていることと同じなのだそうです。流さずそのまま調理すればごぼうの味も深みも感じることができ美味しいとのこと。

ごぼうには食物繊維とカリウムがたくさん入っている健康に良い食材です。その中でもクロロゲン酸という成分が血糖値の上昇を防ぎ糖尿病を予防してくれます。

スタジオで試食されていたごぼうチップスがとても美味しそうでした。

腸内環境改善にりんご

青森のりんご農園の方は健康そのものという感じの方で、リンゴを何度も丸かじりしているの様子がとても印象的でした。1日に4~5個ほど食べていると言いやはり便通は良いそうです。りんごの食べ方一つで腸内環境をより良くキープできることに驚きました。

りんごのリンゴペクチンという成分が腸内環境を整えてくれます。その最高の方法は切り方でした。

今回紹介された最高の切り方は、縦に櫛形に切るのではなく皮を剥かずに輪切りにすることです。リンゴペクチンは皮と実の間に多いそうで、成分が便通を良くしさらには傷ついた腸内を守る役割も果たしているという話でした。

今まで皮と一緒に大切な成分も捨てていてもったいないことをしていました。皮を剥かなくていいし輪切りにすれば芯を切って取る必要もないです。

りんごを切る時はうさぎにしたり皮を向いて切ったりしていました。明日から早速食べ方を変えようと思います!

疲労回復にはバナナ、老化防止効果もあり

バナナには抗酸化作用が多く活性酸素を取り除いてくれます。ビタミン、ポリフェノールも多く生活習慣病予防と老化防止作用があります。

最高の方法はシュガースポットが出てきたら皮を向いてラップに包んで冷凍することでした。

シュガースポットが出るまでに熟したバナナが1番最高の状態だそうです。バナナは熟するのが早くさらに言えばシュガースポットが出てからだと一気に熟するスピードが進む気がします。

食べるタイミングがなくそのまま腐ってしまうこともありがちなバナナが凍らせることで栄養をキープし、いつでも最高の状態で食べれるというのはいい方法だと感じました!夏場は特に美味しくいただけそうです。

冷凍したまま食べても美味しく切ってから冷凍すればヨーグルトに入れて食べることもできると紹介されていました。実際に紹介してくれていた男性が若々しく元気だったので効果があることを実証してくれていました。

ジョブチューン12月8日のゲストは?

関連記事:ジョブチューン11月10日は薬味2時間SP!

MC

ネプチューン>名倉潤・原田泰造・堀内健

パネラー

バナナマン(設楽統/日村勇紀)
土田晃之/柴田理恵/ギャル曽根

進行

田中みな実

プロフェッショナルゲスト

《スシローブロック》
六角 圭(商品仕入部長)
吉田啓之(商品開発部長)
村井友梨香(広報担当)

 

コメント