子供の金銭感覚がおかしいときの4つの対処方法とは?


スポンサーリンク

スマホアプリでの課金から金銭感覚を養う

 

スマホアプリの高額課金で書きましたが、クレジットカードは=お金を使っている意識が薄いです。大人でもそう感じるのに子供なら尚更意識しにくいかもしれません。クレジットカードの仕組みを教える必要もありますが(これは学校ではやってくれませんので)

お金に関する認識や使い方~生活感覚~考え方や価値観につながると思いますが、他者(友達など)との関わりの中で自然と培われるものもありますが、ベースは家庭でのしつけ、親自身の接し方が大きく関わってきます。

 

子供が小さいときからできるお金に関すること

1.何でも買い与えない。

子供が欲しがるからといってなんでも買い与えるのは良くないです。我慢することが大事とかそういうことじゃないですが、だって家計には限りがありますよね?なのできちんとその事を教えてやるべきなんです。まあ1,2歳では理解できないでしょうが小学生、いや幼稚園児でもわかりやすく説明すればたいていのことは理解しますよ。こどもだからわからないだろう・・というのは大人の勝手な思い込みで意外に理解してたりします。

2.お手伝いをさせる。

大人(親)は労働の対価として報酬(お金)を受け取っている→それで物を買う→生活が成り立つ。

いたってシンプルな流れですがこれを体感させるためには年齢に応じたお手伝いをして報酬→お金じゃなくて物でもいいと思います。

2.お金について話す。

子供が成長するにつれ友達との関わりの中で「〇〇の家って大きい!」とか「〇〇って車に乗ってる!」←超高給車!、お金の使い方も派手だったりと・・・自分との違いに気付きます。

お金って一体どっからくるんだ?なんで違いがあるの?お金がどうやって手に入るかをきちんと教えていかないとトラブルになったりします。具体的にいうとお金の価値がわからないので簡単に人にあげたり失くしたりします。これでは大人になっても大変ですよね?親自身の価値観や使い方などを普段から話す事。可能なら家計簿を見せて家計管理に関わらせるのもいいですね。

3.物には価値がある事を教える

生活の中で何にお金がかかってるか?←ほぼすべてですね!

電気・水道・ガス・電話・テレビ、冷蔵庫のなかのおやつだって!買ってるんだよ?

毎月の予算はいくらで~おやつの予算はいくらで~実際に小銭を用意して見せてあげるといいですね!そしてそのお金でスーパーに買い物に行くとさらにいいです。

 

学校や幼稚園にも月謝払ってるよ、そこで使う道具ももちろん買ってるんだよ!なんでも買ってるんだよ!ばかり言うと金金金!!っていってるようで・・逆に執着しない?という気もするけど、物にも価値がある事がわからないと大切にしないので基本を教えることは大事ですよね。

4.やりくりをさせる

いくら物には価値があるんだよ~お金は限りがあるんだよ~よそんちとは違うんだよ~っていってもピンtとこなかったり・・・結局本人に体験やりくりさせるのが一番いいんですよね

百聞は一見にしかず!

お手伝いで発生!お小遣い制でもいいし、毎月定額制にして簡単な収支をつけさせるのがおすすめ!

欲しいものは誕生日やサンタに頼らず!計画的に貯めて買う方法を身に着けさせるのが自立につながり将来的にも役立つのでは?

コメント