スポンサーリンク

貴族探偵2話のネタバレと感想!ベッドでのラブシーンが面白すぎ!

Pocket

貴族探偵2話のあらすじと感想

貴族探偵2話も見ましたよ~2話を見ての感想をあらすじと交えながら書いてみたいと思います。

今回、高徳愛香(武井咲)は人気ミステリー作家の厄神春柾(大和田伸也)から探偵に取材したいという依頼を受けて、迎えに来た編集者の日岡美咲(紺野まひる)の車で厄神の別荘へと向かう。

山道を走っていると左手の崖の上からいきなり大きな岩が落下してくる。対向車に危険を知らせるため愛香はいったんその場を離れる。

戻ってくると日岡の姿が運転席になく、あたりを探すとそこに・・

貴族探偵が応接セットを用意して優雅にお茶を飲んでいた。今回もまた現れましたよ、貴族探偵さんが、まあお約束ですけどね(笑)

貴族探偵の貴族様は「こんな大きな岩を落下させた人に文句を言いに行きましょう」と言い、日岡が崖の上に厄神の仕事場の別荘があると話す。

みなで厄神の仕事場の別荘に向かうが・・

スポンサーリンク

推理しない貴族探偵?

はい、もうお約束~勘の良い人は大体先が読めると思うけど、別荘で厄神が殺されちゃってます。

貴族様が第1発見者、メイドの田中は厄神の小説のファンらしく今回の推理は田中が担当するとか。

「田中さんには絶対に負けません!」と愛香は言うけど、結局今回も負けてしまいます。というより全然的外れの推理をして貴族様に鼻で笑われます。

あなた自分で何も推理しないじゃない!と愛香はかみつきますが、貴族様は遊んでるふりしながらドローンの性能をなにげに確かめてたり、厄神が発見された部屋のドアの鍵を確かめてた事に後から気付きます。

貴族探偵は「こんな下世話な推理は使用人にさせる」「貴族がする必要はない」などと散々言ってますけど、実はちゃんと推理してたっていう伏線?

スポンサーリンク

やっぱりコメディ路線狙い?

まあやっぱりコメディなんでしょうか?生瀬勝久の鼻形警部と言い、貴族探偵の推理の再現VTRといい、脇役の貴族のスタッフ?執事の山本・運転手の佐藤・メイドの田中。

この3人がなかなかいい味だしてますよね~再現VTRなんて一体いつ撮ったんだ?ってくらい出来がいいし(笑)

メイドの田中も今回もしっかりワイドショーばりのボードで登場人物の相関図作ってるし。鼻形警部も

「うわっ!いつの間に!ミヤネ屋かっ?」って・・・おいおい!

驚きすぎ、盛り込みすぎ、演技うますぎだし(笑)

被害者の作家厄神春柾(おおわだしんや)の妻が横山めぐみって!!真珠夫人~~!久々の共演?

このキャスティングは絶対に狙ってますよね?真珠夫人は2002年に放送終了した昼ドラですが当時大ブームになりましたから(見てました)

スポンサーリンク

貴族探偵2話の見どころ

やっぱり真珠夫人の大和田伸也と横山めぐみの2ショット?大和田伸也は被害者なんで絡みはないですけどね。

あとは執事の山本・運転手の佐藤・メイドの田中の3人での推理の再現VTR!!

大和田伸也演じる厄神は担当編集者の女性2人とアバンチュールを楽しんでいたが、その妻・厄神令子(横山めぐみ)も編集者の滝野と不倫していた。

事件が起こった日、令子と滝野と不倫している現場(自宅)に突然厄神が現れ修羅場になる。令子はトロフィーで厄神を殴り殺した・・というのが真相。

この再現VTRを3人でやるんだけど・・

ベッドでいちゃいちゃするシーンを山本と遠藤がやり、そこに来る厄神を田中が演じるという(笑)

ベッドシーンは田中さんじゃないのか~~!と思わずツッコミ!山本と遠藤のベッドシーンは正直いらんやろ、キモいわ(笑)

でもこの再現(笑)VTRが一番のみどころですね!前回1話のネタバレとあらすじで貴族探偵は早くもコケるか?と思いましたが、段々面白くなってきました。

中山美穂のメイド姿がかなり痛いと話題になってますが・・中山美穂さんはやっぱりかわいいと思います!

貴族探偵のメイドの中山美穂のコスプレ感は狙い通り?1話のあらすじ!

貴族探偵の中山美穂のメイド姿が痛すぎる?持ち上げ過ぎで不評続出?

スポンサーリンク