3月のライオン後編のあらすじと結末予想!前編の大コケ挽回なるか?


3月のライオン後編のあらすじ

 

3月のライオン前編から1年後の物語。

 

前編では零が川本家の3姉妹と出会い、徐々に自分の居場所をみつけていく様子が描かれていたけど、後編では川本3姉妹の父親が登場します。

 

この父親が「他の女との間に子供作って出ていった」

「また一緒に暮らそう」と言っている。

など、予告編で見る限りでもまた一悶着ありそうな感じ・・

 

前編では有村架純演じる零の儀理の姉、香子との確執が物語の核っぽい感じだったけど後編で香子との関係はどうなるのか?

 

原作はまだ連載中なので最後どうなるのか?予想してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

3月のライオン後編のあらすじ予想

 

映画パンフレットにはこう書かれています。

”このあと公開される後編ではあらかじめ作っておいた最終回までの話、原作で当初予定していた結末が映画では描かれます”

 

前編では主に「将棋の世界」が描かれていて川本家との交流の部分はちょっと物足りない感じでした。

 

原作の時系列は無視でいいとこ取りしてうまくまとめた流れで掘り下げ方が浅いというか感情移入しにくかったです。

原作の流れから考えると後編ではひなたがいじめに立ち向かいなんとか乗り越えるまでが描かれると思います。その後くらいで川本家の父親・誠二郎が登場。

 

父親の誠二郎は”別の女との間に子供を作って出ていった”音信不通だったのに急に現れ一緒に暮らそうと言ってくるのです。

 

だがその理由がとんでもない!!またもや自身の不倫が原因で職場をクビになり家族寮をでなければいけないため、川本家に戻ってきたという訳。

 

しかも・・

「自分と同居は気まずいだろうからおじいちゃんのところに行け!」となんとも身勝手なことを言い家を明け渡すよう要求してきます。

 

川本3姉妹が混乱する中零は3人を守りたいその一心で行動します、面白くない誠二郎は

「他人が口を挟むな!」と言います。

 

すると零は「ひなたさんとの結婚を考えています」だから他人事じゃないとなんとか3姉妹を守ろうと責めにでます。

 

学校でいじめにあっているひなたが後編で話の中心になるとは思いますが、原作にあるように”プロポーズ”まで描かれるでしょうか?

 

 

原作者の羽海野さんはインタビューで

”最初に考えた最終回が映画の後編のラストシーンだったんです”

と衝撃の発言をしています。

 

ますます気になりますね~他の見どころとしては脇役の俳優さんたちの演技?

 

二海堂晴信を演じる俳優だれって思ったら、染谷将太さんなんですね~あの顔は特殊造形2時間30分かけて作ってるとか、いや~すごいですね~

 

 

 

前編で微妙だった義理の姉・香子の不倫問題も決着がつきそうですね。零は対局で自分が勝ったら家に戻ってよと香子にお願いしています。

 

その上で零との関係も好転する結末になると良いのですが?物語としては面白いと思いますが想定外な大コケをしてしまった前編。

 

原作のファンはたぶん後編も観に行くでしょうが、果たして後編で挽回できるのか?楽しみですね~

 

ちなみに2016年10月~2017年3月まで放映された3月のライオンのアニメ(第1話~第23話)が現在Huluで見放題になっています!2週間の無料トライアル

 

映画3月のライオン前編が予想外の大コケで実写化は失敗?あらすじと感想はこちら

 

コメント