母になる6話麻子の母は毒親?戸籍の謎や麻子の壮絶な過去が明らかに!


母になる6話麻子の母は毒親?戸籍の謎や麻子の壮絶な過去が明らかに!

 

いろんな謎が6話で明らかにされました..あらすじとネタバレを感想を交えながら書きます。

 

麻子は当時、仕事先で一方的に付きまとってきた男の暴力が 広に及ぶのを恐れて、犯行を決意。犯行の前に 広を施設に預けていた。人殺しかと思いきやナイフで脅した殺人未遂でした。

 

よかった、人殺しではなかったね・・・

 

だけど・・今までの最大の疑問、 広の戸籍はどうなってるの?学校は?

 

木野によると施設に来る子っていうのは信じられないような境遇の子もいて出生届がないとか戸籍がないとか当たり前にあるらしい。なので最初は麻子のことを本当の母親だと信じていたし疑問に思わなかったらしい。

 

ん~~そんなものなのかな?でも病院はどうしてたんだろう?保険証ないから100%実費か・・金かかるな。。ていうか戸籍がないってことはやっぱり広は学校はいってなかったんだね。それでいきなり中学行くとか設定無理すぎじゃない?

 

スポンサーリンク

木野は広の手紙に疑問を持ち麻子に会いに行く。

 

麻子は国選弁護人にも子供の父親のDVから逃げて各地を転々としていると説明していたらしくそれで出生届も出していない、だから戸籍もない。というのを弁護士もそのままを受け止めていたと・・

 

木野が疑問を持ったのは手紙を読んでからだと話す。木野は広の手紙を読んで「本当の母親が現れるでしょう」書かれている内容がどういうことかわからず刑務所にいる麻子に会いに行き事の真偽を問いただすが麻子はひたすらはぐらかす。

 

木野の問いかけにようやく麻子は話し出した。

 

広と麻子の出会い、そして麻子がどうして広を育てるようになったのか?それは10年前のこと。

 

えっ?弁護士、そんな適当なの?

 

まず出生届というか・・戸籍がない時点でもうちょっと調べろよ、あり得ないわ(笑)もし広の手紙がなくて木野がおかしいと思わなかったらどうなってたの?

 

10年前の壮絶な過去と麻子の母が毒親で怖すぎ!

 

10年前の麻子の壮絶な過去が明らかになった。麻子の告白が木野の口から語られます。

 

麻子の告白によると高校、大学、就職と母のおかげでうまくいった。麻子には当時、社内恋愛で交際している人がいたこと。麻子は結婚を考えていたが話しは進まず、結局麻子は上司の娘と二股をかけられていて妊娠するも捨てられる。

 

麻子のふるさとの母親からは、結婚はまだなの子供はまだなの?結婚を考えている人がいるという嬉しい報告がありましたがそれから時間が経ちましたがどうなっていますか?

 

から始まり結婚はまだですか?になり次第に「雑誌を見てたら結婚しなくても子供は持った方がいいとか書いてあったのよ。女にはリミットがあるから後になって産んでおけばよかったと後悔してもダメなのよ。」

 

「早く私に孫を抱かせてちょうだい」

「この間精密検査を受けました、お願い早く孫を抱かせてちょうだい」

 

病気なのは分かるけど普通こんなこと言う?本当の親がこんなこと言うのかな?なかなか結婚しない子供に対して誰かいい人いないのとか、こんな話があるけどと進めるのならまだしも・・・

 

結婚しなくてもいいから子供だけ産まない?

早く孫を抱かせてちょうだい?まさに毒親!

 

毒親ナレーションが怖すぎ!

 

麻子が会社のお茶入れる給湯器の所でひたすら手を洗いながら「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」って謝ってるシーンがあるけど。。

 

麻子は毒親に支配されて生きてきたんだろうな~だから病んでるのか~と思ったら麻子、闇深いな、まだまだこの先闇展開になりそう・・

 

麻子は最後のチャンスを逃す?

 

付き合ってた彼氏は上司の娘と結婚して海外に行くことになり麻子は捨てられる、その時妊娠していて産婦人科で麻子は産婦人科医に・・

 

「あなた2回始末してるわよね・・最後のチャンスかもよ?」と言われ一人で産む決心をする。

 

なんか二股男にも腹立つけど、2回も・・って麻子もどうなの?そしてつきあってた男は華々しく見送られてる陰でひっそり会社を去り、麻子は小さな会社に転職。

 

転職した会社でも麻子の「病み」っぷりが垣間見えるエピソードがあったりと、やっぱり闇が深そう。

 

赤ちゃんグッズとかも揃えて楽しみにしてたけど運悪く階段から落ちて流産してしまう。なんか不幸すぎて段々かわいそうになってくるね・・

 

麻子と広の出会いや母になるまでと結衣の決断

 

そんな時に隣の部屋からの泣き声で 広に気付き・・・最初は警察に届けようと思っていたけど、結局自分で育てる、私が母になる!と決意した経緯が語られた。

 

広は「ママはいなくなった」と言ってたの、だから置き去りにされたと思った。1度は交番に連れて行ったけど気持ちが変わりもしかしたら「ごほうび」かもしれない。そして私が「母になる」と決意しました。

 

ん~~そんな簡単育てられないでしょ?だいいち「ごほうび」って最後のチャンスを流産したのは可哀想だけど、やっぱり考え方がおかしいし身勝手としか言えない。

 

木野から麻子の壮絶な過去と広との出会い、そしてどうして広を育てることにしたのか全てを聞いて結衣は思い切った決断をします。

 

麻子が育ての親だとは全く知らなかった里恵(風吹ジュン)は琴音ちゃんとともにマンションで麻子と話していました。

 

里恵「一緒に住んでただけで母親じゃないでしょ?!」

麻子「母親って何ですか ?母になるってどういうことですか?」

 

結衣の決断とは?7話で結衣と麻子が対決で修羅場の展開!

 

結衣は麻子を柏原オートで雇うことにします一度でも母親の気持ちであったならきっと分かりあえるはず・・・

 

そして次の日麻子を昼食に招きます。 広は陽一に釣りに連れて行ってもらい家には結衣と莉紗子だけで麻子を迎えます。

 

一体結衣はどういうつもりなんでしょうか?予告をちょっと見ると沢尻エリカが小池栄子をひっぱたいてましたね!波乱の展開~修羅場?

 

「あなたが抱きしめてる間に私は生きてるだろうか?心配してたのよ!!」

 

泣きながら迫真の演技~!1話の鼻水ズルズルの号泣シーンは凄かったけど次も期待できるかな?抑えめの演技もいいけどやっぱり泣き顔が迫力あってすごいですよね!

 

それに対して小池栄子も「私の方が母親にはふさわしい!」なんて言い切っちゃってるし思いっきり修羅場になってるけど?

 

この先どうなるんでしょうか? 広は麻子の顔見たら何て言うのかな・・・?

 

母になる視聴率は?

 

1話で沢尻エリカさんの大泣きの迫真の演技、泣き顔がすごい!子役棒読みだけど可愛い!ドラマのテーマは重たいけど面白いかなと思ってずっと見続けてきました。

 

シリアスな内容なのに出生届とか戸籍、学校がどうなっていたのか分からずモヤモヤ。麻子が刑に服していた理由がなかなかわからずイラッとしたけど今回6話で戸籍の謎や麻子の過去が明らかになりようやくすっきり!

 

同じように感じた人も多いんじゃないかな~

 

1話の視聴率は10.6%

2話の視聴率は10.7%

3話の視聴率は9.3%

4話の視聴率は7.9%

5話の視聴率は8.3%

 

やっぱり徐々に落ちてるな・・ちょっとやっぱり戸籍の謎とか麻子の刑に服した理由を引っ張りすぎたのも視聴率落ちた原因かなと感じます。

 

7話で結衣と麻子が対立するのでここからが面白くなるかどうか?俳優陣の演技というよりも脚本次第かな~

 

とりあえず7話が楽しみですね!

 

コメント