スポンサーリンク

野際陽子の若い頃はアナウンサー?女優としての代表作は?

Pocket

野際陽子の若い頃はアナウンサー?女優としての代表作は?

2017年6月13日に81歳でお亡くなりになりなった野際陽子さん。下は若い頃の野際陽子さんです。

若い頃はNHKのアナウンサーで1958年~1962年まで名古屋放送局に赴任しています。 アナウンサー退職後は大学時代に演劇をやっており演技の素地があったことから女優に転身。1年間パリに留学をしています。

退職後に女優として出演したドラマ「 キーハンター」がヒットしトップ女優となりました。

スポンサーリンク

野際陽子さんの代表作は?

映画やドラマ出演は数数えきれませんがやはり代表作といえば千葉真一と共演した「キーハンター」は名作ではないでしょうか?

1968年の「キーハンター」津川啓子 役

共演者は丹波哲郎、千葉真一、谷隼人、大川栄子、川口浩 。

このドラマは視聴率が30%以上を記録し大人気で本当は1年の予定が5年間も放送されました。千葉真一はイメージが固まってしまうのを恐れ丹波哲郎に降板したい旨を申し入れるが千葉がいなければ「キーハンター」にならないため、番組を終わらせようということになった。

国際犯罪者の天国・スパイの甘い猟場ともいわれる大都会東京に架空の国際警察特別室を設定して、室長の村岡だけが知っている6人の冒険者・キイハンターが平和をおびやかす組織・陰謀・悪と戦う活躍を描き[1]、どんでん返しを含むストーリーや絶妙のチームワークと、千葉真一のアクション・スタントで大ヒットした東映アクションドラマの代表作である

ドラマの主題歌「 非情のライセンス」も野際陽子さんがどうしても歌わせてほしいと当時のディレクターに直談判して歌っています。

1992年の「ずっとあなたが好きだった」 桂田悦子 役

共演者は 佐野史郎、 賀来千香子

1992年のずっとあなたが好きだったでは佐野史郎の母親役でかなり強烈な姑役を演じ話題になりました。視聴率は初回は13%しかありませんでしたが最終回では34.1%をマークします。

このドラマから「マザコン」「冬彦さん」 の言葉がこの年の流行語に選ばれています。

流行語大賞の授賞式に佐野史郎と野際陽子さんが出席しています。

佐野史郎の冬彦さんの怪演とともに野際陽子さんの姑も当時世間を騒がせました。 この後から着物を着た姑スタイルの役が多くなりその後多数のドラマ出演をしました。

2000年の「TRICK」山田里見 役

共演者は仲間由紀恵、 阿部寛、生瀬勝久

TRICKシリーズで第1シリーズから第3シリーズまで新作スペシャルと新作スペシャル2にも出演されています。

自称天才マジシャン・山田奈緒子と、日本科学技術大学物理学教授・上田次郎のコンビが、超常現象や、奇怪な事件に隠されたトリックを解決していくミステリードラマ。

野際陽子さんの役所は自称天才マジシャンの奈緒子の母で書道家。 若い頃はシャーマン(巫女・祈祷師)だったという異色の経歴を持つ母親。

この他にもとにかくたくさんありますが2017年亡くなる直前までドラマ出演されていました。倉本聰さんのオリジナル脚本作品でシニアのホームドラマ「やすらぎの郷」

井深涼子、元女優の役でした。

野際陽子の死因は肺がん?緊急入院し娘の真瀬樹里が看病?

スポンサーリンク