オオカミ少女と黒王子のあらすじ!めげないヒロイン篠原エリカの強さ


篠原エリカの諦めない心に恭也もタジタジ?エリカの強さに迫る!

 

本作品のヒロインである篠原エリカは、黒王子こと佐田恭也の彼女。あの黒王子を振り向かせたエリカはとにかくハートが強い!

 

 

恭也と付き合うことが出来るのはエリカだけでしょう。今回はそんな元気印のエリカの紹介をしていきます。

 

スポンサーリンク

黒王子にめげないエリカ

 

エリカに感心してしまうのは、恭也からどんなに冷たい扱いを受けようが、めげずに想い続けるところでしょう。

 

嘘を守るために必死だったこともあると思いますが、「ペットになれ」と言われ、下僕のように扱われたら普通なら心が折れそうなもの。

 

しかし、エリカはいつでもポジティブ!例え転んでも必ず立ちあがり前に進んでいく女の子です。

 

第2巻では、エリカは恭也に好きですと告白します。しかし恭也からの返事は曖昧なものでした。

 

さらには、「俺の言葉をいちいち気にして、日々悶々と過ごせばいい」とエリカの気持ちをもてあそぶ発言までします。

 

エリカは恭也の黒王子ぶりに驚きつつも、「振り向かせるために頑張るしかない!」とさらに恭也への想いを確かなものとします。

 

エリカの諦めない気持ちを見ていると、「エリカちゃん頑張って!」とつい応援したくなります。良い意味で頑固なエリカに恭也も心を揺さぶられたのではないでしょうか?

エリカに恋のライバル出現

 

第7巻では、レナというある一人の女の子が登場します。レナはエリカのいとこで後にエリカのライバルとなります。

 

ひょんなことから、レナの家庭教師をすることになった恭也。レナは次第に恭也への想いを募らせていきます。

 

しかし、恭也にはエリカという彼女がいることを知っているレナ。そこで、レナはエリカを呼び出し、恭也を奪うと宣戦布告します。

 

エリカは彼女としての余裕を見せつけ、レナの申し出を断るかと思いきや、なんと「正々堂々戦います!」とエリカもまた宣戦布告をしたのです。

 

エリカは自分にとって得か損かなど関係なく考えることができ、人の思いに真っ正面からぶつかっていきます。

 

エリカはベタな恋愛が好き?

 

エリカは自分自身のことを「ベタを愛する女」と言っているように、一般的に定番とされていることは自分も経験したいという考えをもっています。

 

それは恋愛に関しても同じでクリスマスは一緒にケーキ食べたい、元旦は初詣に行きたいなど、イベントごとは恋人である恭也と一緒に過ごしたいエリカ。

 

しかしこの気持ちは女性なら、誰もが憧れることですよね。そして、夢のような憧れではなくて、身近な憧れだからこそ可愛らしく感じます。

 

第5巻でエリカの誕生日が近づき、エリカの期待値は最高潮に!エリカの行きたい場所、したいことを叶えてあげる恭也ですが・・

 

エリカが一番恭也にしてほしいことは「好き」という言葉を言われること。しかし、恭也は気恥ずかしくて中々言えません。

 

そして言えないままデートの別れ際になってしまいます。エリカは恭也に「本当にありがとう、大好き」と感謝の気持ちを伝えます。

 

その言葉とエリカの笑顔に恭也は思わずエリカを引き寄せ、ついに「好き」と言います。普段からエリカへの気持ちを口にしない恭也に、エリカはメロメロ。

 

女性にとって「好き」という言葉はとても大事なもの!つい忘れがちかもしれませんが、エリカはささやかな幸せを大事にしていますね。

 

エリカにとって恋人と特別なことをするより、何気ない日常を恋人と過ごすことのほうが幸せなようです。

 

ベタを愛する女だから感じる幸せです。芯の強いところだけでなくエリカの可愛らしさに読者のみなさんも惹かれてしまうのでは?

 

オオカミ少女と黒王子のあらすじ紹介!実写映画化された青春ラブコメディ!

コメント