PとJK実写映画のキャストがイメージにあわない?ネタバレと結末は?


PとJKとは現在も別冊フレンドで連載中、原作は三次マキ・累計310万部の大人気漫画(単行本は現在8冊あります)8巻は2016年12月13日に発売、9巻は2017年3月13日発売予定。

映画「PとJK」は3月25日(土)公開

<画像クリックすると試し読みできるページにとびます>


「PとJK」漫画ではなんと1巻目でもう結婚してしまいます!えっ!?じゃあその後はどういう展開?

夫婦になるけどまわりに隠しながらイチャイチャするというお話、なんかよくわかりませんね~(笑)警察官と女子高生だから?

スポンサーリンク

PとJK登場人物とキャスト

本谷歌子(カコ) 高校1年生(16歳) 土屋太鳳

佐賀野功太(23歳) 職業 警察官   亀梨和也

 

矢口三門 玉城ティナ

カコの親友、三姉妹の末っ子。

 

大神平助  高杉真宙

見た目はヤンキーだが根は優しくある事件をきっかけにカコにケガを負わせてしまいそのことでカコのことを気にかける、複雑な家庭環境で育った。

小森ふみ 大政絢

功太の同僚の女性警察官、2人のことを陰ながら見守る。

カコの父親役に村上淳

功太の上司役に田口トモロヲ

PとJK漫画のあらすじ

2人の出会いは合コン!JK(女子高生)の本谷歌子(カコ)は高校1年生(16歳)、友人の姉にたのまれ年齢をごまかして合コンに行きP(警察官)佐賀野功太(23歳)に出会う。

お互いに惹かれ合う2人だが、歌子が本当は16歳の女子高生だと言うと功太は急に冷たくなってしまう。

功太は警察官なので職業柄未成年とは付き合えないのでそれで冷たくしたのだ。内心は歌子に惹かれる功太だが仕方ないと諦めようとした。

ところが偶然なんども再会し諦めようと思う気持ちとは裏腹に思いは募ってしまう。

そんなとき事件が起きます。功太が以前補導した不良少年の大神平助(高校2年生)が功太に仕返しする計画をしていて、そのことを歌子が知り功太を守るため功太をかばってケガをしてしまう。

そんな歌子に心を動かされた功太は女子高生と軽々しくつきあえない・・そこで

「結婚しよう」といきなりプロポーズする

もちろん歌子の両親は猛反対します。ですが功太の真剣な態度に条件付きで結婚を許すことになります。その条件とは

高校卒業までは実家で暮らすこと

旧姓のままでいること

妊娠しないこと

功太の両親はすでに他界しているため2人は結婚する。カコは功太との結婚をごく親しい友だちにだけ打ち明けるが秘密にして新しい生活を始める。

それからラブラブなんだけどいろんな事件が起こり・・

PとJKキャストに賛否両論?結末は?

大人気漫画の実写なだけに原作のイメージにあわない・・ちがうという声もあるようですね

キャストに関しては人それぞれなので実際は映画を観てみないとイメージにに合うかどうかなんてわからないですけどね~

映画のストーリーは2人の出会いから結婚してそこから恋がはじまり・・大神平助という恋のライバルもからみあいながら、ほんとうの夫婦になっていく、どう転んでもハッピーエンドの結末だと思います(・∀・)ースキー♪

映画の宣伝のパンフにも

最高にハッピーなラブストーリーの誕生!

はっきり書いてますね(笑)

漫画の実写化についてはこちらもどうぞ~♪

コメント