花粉の季節はPITTAMASK(ピッタ・マスク)が効果的?3回洗えて経済的


スポンサーリンク

顔型密着素材採用PITTAMASKって何者?

名古屋市にある医薬品などの製造販売をしているアラクスという会社の商品「PITTAMASK]ピッタ・マスクが優れものなんです!最初はインフルエンザや風邪対策で購入したわけですが、このマスク花粉にかなり効果があるということでAmazonでも超人気です。


3枚入りで590円なので1枚約200円、使い捨てにしては高いわね~と思ったらなんとこのマスク、洗えるんです。ちょっと特徴を見てみましょうか。

 

ピッタ・マスクの種類と特長

 

まず謳い文句というかこのマスクのキャッチコピー

花粉捕集率99%を実現 通気性が高く息がしやすい

新ポリウレタン素材で、花粉の侵入を徹底ガード。

 

種類は4つ有りますね、まず普通の

「PITTA MASK]

「PITTA MASK GLAY]   色違い?黒です。その日のファッションで使い分け可能。

「PITTA MASK SMALL]  小顔の方向けの小さいサイズ

「PITTA MASK 2.5]    PM2.5に備えるマスク、これはプリーツ型です

 

<メリット>

まず花粉の捕集率99%!

ポリウレタン素材なので顔に密着しやすくすき間ができにくいこと

顔にフィットするので耳が痛くならない

洗って繰返し使える!

密着すればメガネが曇りにくい!

<デメリット>

黄ばんでしまうこと

若干コストが高いこと

グレーのマスクをつけた時目の下のくまが強調されて不健康に見える

鼻の部分に針金がないため顔にフィットしない場合はすきまができる

素材特有の匂いがすること

 

メリット・デメリットどちらもありますが、顔にフィットして匂い等が気にならなければかなり使えるマスクだと思います。洗濯出来るマスクなんて他にはないので

洗って繰り返し使用できて

3回洗っても花粉捕集率99%を保ち経済的

3回洗って使えばコスト面でも元はとれそうですね。

 

 

ピッタ・マスクのつけごごち

ワンサイズしかないので顔にフィットするのか不安でしたが、Sサイズでぴったりでした。使い捨ての不織布のマスクだと耳にかけた部分が擦れて痛くなったり、カサカサしてかゆくなったり、チクチクして不快感を感じるのですがこのマスクは全然大丈夫でした。

ポリウレタン素材で密着するのに息もしやすくて快適!です。

 

ピッタ・マスクの洗濯方法

え~っとマスクの裏の説明によると・・・洗濯マークの表示がありますね

 

手洗い30℃以下

水もしくはぬるま湯で優しく手洗い。

エンソサラシ☓マーク

劣化する原因になるので漂白はやめてくださいね

陰干し

乾かすのは陰干しです、紫外線で黄ばんだりするようですね

 

洗剤を使っていいのかどうか悩んだので直接メーカーさんに聞いてみると・・

基本的に花粉等は水やぬるま湯で落ちるそうですが、化粧品や皮脂がの汚れなどは中性洗剤をつけて洗うといいですよとのことでした。

洗剤で洗ったら変色するの?防ぐ方法は?

ためしに使い終わった後、いろいろな洗剤で洗って試してみましたよ

 

1番良かった?黄色くならなかったのが「ブルーダイヤ」粉末洗剤、次が液体のナノレベルまで落とすという洗剤(注:あくまで個人の使用感で科学的な根拠はありません)

 

ただ干し方などでの影響もあるのでこの洗剤を使ったからで変色したともいえないし、この洗剤を使えば変色を防げるかなどもいえません。

 

素材上、紫外線の影響で室内保管でも2日くらいでクリーム色っぽく変色してきますから。

変色が嫌な人はGLAYのタイプがいいかもしれませんね。

 

これからの季節におすすめのマスク

これから花粉の季節になるのでPITTAMASKおすすめです。「PITTA MASK 2.5」というのもあるのですが、これはPM2.5用ですが春にかけて需要が増えてきそうです。プリーツタイプの不織布のマスクだと隙間から花粉が入ってきてくしゃみが・・辛いですもんね

 

PITTAMASKのプリーツタイプの形ですが顔とマスクの間に隙間ができないように「隙間密着シール」というのがついています。隙間がでないように密着させて使いましょう。

コメント