スポンサーリンク

PM2.5が日常に及ぼす影響と予防方法!人気のマスクと見えない対策?

Pocket

PM2.5が日常に及ぼす影響と対策、マスクの選び方

数年前から話題になっているPM2.5。埃のようなものである、有害である、中国から飛散してくる、などの情報が有名ですが、それ以上はあまり知られていないのではないかと思います。

具体的にどのようなものなのか、対策はどうすればいいのかなどをお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

PM2.5の意味と発生原因

大気中にある固体や液体の微粒子のうち、大気汚染となる物質を粒子状物質と言います。そのうち、直径2.5μm(マイクロメートル)以下のものがPM2.5です。

尚、粒子状物質を英語で言うとParticulate matter(パーティキュレイト マター)で「特殊な物質」Particulate matter 2.5μm=PM2.5と呼ばれています。

2.5μmというのはとても小さい超微粒子になります。風邪のウイルスとは違い、スギ花粉よりも小さく、マスクをすり抜けられる小ささだと言えば判りやすいでしょうか。

発生原因は様々です。タバコの煙にも含まれていますが、多くは安い石炭を大量に燃やす時に出る有害物質への環境対策をしていなかったり、

暖房などで使う練炭の質が悪かったり、自動車に使うガソリンの質が悪いなどがあげられます。

タバコ以外の原因は中国で発生しており、現地では社会問題になりました。日本への影響は春先から見られるようになります。

冬は家庭での練炭の使用も多く、中国で大量発生したPM2.5が黄砂と共に日本に飛来してくるからです。

スポンサーリンク

PM2.5が身体に入るとどうなるの?

PM2.5は超微粒子のため吸い込んだ場合肺の奥深くまで入り込みます。

すぐに現れる症状としては

・喉の痛み
・咳
・鼻水、くしゃみ
・目の充血やかゆみ
・気分が悪い

などがあります。風邪、花粉症の症状とよく似ていますので注意が必要です。
特に抵抗力の弱いお年寄りやお子様は気をつけたほうがよいでしょう。

これらの症状は大気の状態がよくなることで改善します。

さらに大量に摂取することで循環器系の疾患や呼吸器疾患が起こる可能性が上がると言われています。

長期で摂取すると肺がんのリスクもあがります。

また現在狭心症や喘息、気管支炎にかかっている場合悪化しやすくなります。

もちろん、吸い込む以外にもPM2.5が体内に入る方法があります。皮膚についたり、水の中に入る場合です。

シャワーの水にも影響してくるため、アトピー性皮膚炎にかかっている方の症状が悪化することもあります。

スポンサーリンク

どうやってPM2.5を予防すればいいの?

一言で伝えるのならば「出来る限り外気に触れない」ということになります。

具体的に言うと
・屋外での長時間の作業や外出を減らす
・どうしても必要な場合は肌を出さず、高性能な防じんマスクをつける。
・室内でも窓の開閉など、換気は最低限にする。
・空気清浄機を併用する。
・シャワーヘッドや水道の蛇口に高性能な浄水機能をつける。

などでPM2.5の進入を防ぐことがよいようです。ただわかってはいても「外気にできるだけ触れない」なんて無理ですよね?

高性能な防じんマスクの着用も・・仕事をしていたらほぼ無理な注文でしょう。ところで高性能な防じんマスクって何?普通のマスクとどう違うの?ってことで調べてみました。

高性能な防じんマスクとは?見えないマスク?

PM2.5は通常使用している使い捨てのマスクやガーゼマスク、いわゆる「家庭用マスク」では防ぐことができません。

「医療用マスク」「産業用マスク」と記載されているもの、中でもN95(米国規格)やDS2(日本規格)という規格のものを使う必要があります。

こちらはN95より上の規格N99で0.1μm以上の微粒子を99%以上カットしてくれます。

正しく装着できれば高い効果が見込めますし人気のマスクになります。

装着に関しても皮膚とマスクとの間に隙間ができないよう工夫されており、それでいて呼吸が苦しくならない工夫もされています。

鼻につけるのに抵抗がなければ装着していることがわからない鼻の中に装着して防ぐタイプのマスク?もあります。これは画期的でいいですね~これなら仕事関係なく使えますね!

PM2.5いつ気をつければいいの?

日本ではPM2.5の環境基準というものを定めています。

その値は「1年の平均値が1立方メートル当たり15μg以下であり、かつ1日の平均値が1立方メートル当たり35μg以下であること」となります。

つまり1日の平均値が1立方メートル当たり35μgを超える場合は注意喚起が行政から出されます。

また、朝5時から7時までの間に1立方メートル当たり85μg以上の場合、朝5時から12時までの間に1立方メートル当たり80μg以上の場合に注意喚起が出ます。

光化学スモッグ注意報のようなものと考えるとわかりやすいでしょう。
もし注意喚起が出た場合は普段以上に対策をたて、不要の外出は控えたほうがよいかと思います。

PM2.5は私達で発生を防ぐことが出来るものではありません。各国が中国へ働きかけていますが、国の事情もありなかなか対策が進んでいないのが実情です。

長期的に吸い込むことで疾患を発症した場合、病院に通い続けることになったり運動に制限がかかったりと体に影響がでますので、できる限り対策をし、体内にPM2.5を入れないよう気をつけてくださいね。

スポンサーリンク