年末年始に太った主婦必見!簡単に体重を減らす方法は?


スポンサーリンク

食べる機会の多い年末年始こそ体重のコントロールが必要!

去年の12月からこの時期はやれクリスマスだ~忘年会だ~集まりだ~と食べたり飲んだりする機会が多いですよね。この時期はボーナスで財布も潤うし、日本て殆どが仏教なのになぜクリスマス?だし

 

小さい子なら”サンタさん来る?”とかいうのも可愛いですが、うちみたいに中学生と高校生だともちろんサンタの正体を知ってるわけで・・なのに”サンタさん〇〇くれないかな~”

 

なんて言われると正直めんどくさいわっ!(心の声)いつまで親にサンタやらせるんだよ、ブツブツいいながら結局ケーキ買って食べるしね。

 

ハロウインにしろクリスマスにしろバレンタイン、ホワイトデーなんかこれらすべてのイベント業者の販促イベントとしか思えないんだけど・・クリスマスでケーキとチキン食べて、忘年会や飲み会で鍋食べてお酒も飲んだりと12月はお金も使うけど脂肪も蓄えますね!

 

どのくらいカロリー摂取したのか?計算してみると

そして増加した体重を落とす間もなく新年あけましておめでとう!おせち料理、おもち、アルコール、すき焼きや焼肉などご馳走三昧の日々が続いてさらに体重増加!おもち何個たべました?私は元日だけで10個以上食べました。え?少ないって?いやいや多いでしょ?!

 

ちなみに丸餅1個(35g)当たりのカロリ-は83kcal

白餅10個食べたので83kcal✖10=830kcal

調べてみると成人女性一日当たりのカロリー総摂取量は1800~2200kcal

ザックリしすぎ?な気がするんだけど。 それに1800kcalでもちょっと多いかな?

 

<成人の一日の必要摂取カロリー計算方法>

「身長(m)✖身長(m)✖22」

例えば私は153cmなので

1.53✖1.53✖22=51.4998

で51kgになります。まあちょっと多いかな?と感じますがまあいいでしょう!

それに25~30をかけたら摂取カロリーがでます。

51✖25=1275(kcal)

51✖30=1530(kcal)

 

年齢や運動量を考慮して低いほうの1275kcalでかんがえるとおもちだけで

830kcalはどう考えてもカロリーオーバーですね~

当日食べたもの=白餅10個以外にあん餅2個、おせち、清酒(210ml)←糖類0だけど165.9kcalあった。まちがいなく皮下脂肪に蓄えてますね!まだ体重計に乗ってないけど怖いよー

 

食べすぎた分をもとに戻すとしたらやっぱり食べない?!いやいやそれは生活上無理なので、食べ方などで工夫して増えた分を戻す!という気持ちでやるしかないよね。でも1日の総摂取カロリー1275kcalだと多少食べる物を減らしても多分あまり変わらない・・じゃあどうすればいいの?基礎代謝をあげたらいいんじゃない?ということで

基礎代謝を少しでもUpする方法を調べてみた

 

体重を落とすためにエネルギーを消費する代謝の種類について

基礎代謝(70%)

とは主に呼吸。体温調節、内蔵の活動など生命維持のためのエネルギーで安静

にしていても消費されるエネルギーの事。

生活活動代謝(20%)

日常の動作や運動などで使われるエネルギー

食事誘導性体熱産生(10%)

食事を摂った後の消化吸収で消費されるエネルギー今まで知りませんでしたが3種類あるんですね、この中で70%と比率の高い基礎代謝を高めることが重要になります。基礎代謝の内訳は内蔵の生命維持なんですね、なので内蔵の機能を高めることが基礎代謝upにつながるようです。筋肉量を増やせばいいらしい?と聞いたことがある人は多いと思いますが実は筋肉の割合は18%で肝臓の消費量27%が一番多くなっています。なのでそういう点をふまえてみると

1.軽い運動

食事前に軽い運動(エクササイズ)をする!ストレッチ、体を伸ばしたりするだけでも

血行が促進され良いようです。ウオーキングなどもおすすめ!

2.アルコールは控える

3.バランスのよい食生活

まあ言うは易く行うは難し・・なんですが上記の事がきっちりできてたらそもそも太らないけどね。食物繊維を意識して摂取して、肝臓に負担のかかる脂っこいものや炭水化物の摂り過ぎに注意する。要するに肝臓を休めることを意識すればいいわけですよ。アルコール摂り過ぎたなと思ったらしばらく飲まない!揚げ物が好きならノンフライヤーを使ってみるとかノンフライヤーがなければ電子レンジのオートメニューに唐揚げとかあるのでそれで油分カット!炭水化物は主に白い食べ物=ご飯・もち・パン・うどんはじめ麺類なので朝多めに食べて夕方17時以降は軽めにするとかもいいですね!

これから春にむけて分厚い脂肪を脱ぐために少しずつ継続は力なり?!

コメント