斉木楠雄のΨ難の映画がつまらない?実写の口コミとキャラの評判


週刊少年ジャンプで大人気の超能力が使える高校生を描いたコメディ、「斉木楠雄のΨ難」

漫画単行本は26巻、アニメ放送、その人気から2017年には映画化。

しかし、アンチの意見なのかもしれませんが映画がつまらないという評判があります。

スポンサーリンク

斉木楠雄のψ難 映画つまらない ?

早速口コミを探してみました。

・邦画特有のチープさが満開の映画でいかにも低予算で作ったのがわかる。

・恋愛映画でもないしコメントしても中途半端すぎて残念すぎる。

・漫画アニメ共に見たことありますが映画の実写版としては合格レベル成功と言えるのかなと感じましたが映画館で見るなら物足りないかなという感じ。

・何も考えずに気楽に見るにはちょうどいい映画。

・コスプレは最高!

・ドッチボールのシーンの緊迫感のなさとつまらなさ。

・原作のお笑いのツボが分かっておらずうまく表現できていない。

・アニメの方が圧倒的に面白かった。

引用:amazon

アニメや漫画は面白いのに映画はチープさが目立っていてつまらないという口コミがありますね。

キャラについても見た目は完璧なのにしゃべるとイメージが違いすぎて残念だと感じたファンもいたようです。

原作が漫画、アニメ化されている場合はファンの中でキャラに対してのイメージが出来上がっているので、実写は難しいんですよね。

斉木楠雄のΨ難・映画のあらすじ

映画『斉木楠雄のΨ難』予告編

『斉木楠雄のΨ難』は、主人公・斉木楠雄と楠雄を取り巻く人たちとの青春コメディアニメです。初めて見る方は楠雄の見た目に驚くかもしれません。

色付きサングラス、頭に刺さっているピンクのアンテナのようなものは何?実は、楠雄は超能力者なんです。透視能力やテレポート、予知、念力などの超能力を持っています。

この事を知っているのは、楠雄の両親と一部の同級生だけ。楠雄は超能力の力を隠しながら、学校へと通っていますが楠雄の通う学校には楠雄以上に個性的な人がたくさんいます!

そんな楠雄のドタバタスクールライフを描いたアニメです。一風変わった青春ものですが、随所に笑えるポイントが散りばめられていて思わず吹き出してしまいます。

実写の口コミ・キャラの評判

・山崎賢人の一人語りが滑舌が悪くて聞きづらい。

・橋本環奈の美少女ぶりは認めるが背が低いのが残念に感じた。

・橋本環奈の変顔が思いの外よかった。

・吉沢亮と賀来賢人の演技はよくて突き抜けていた。

・窪谷須と海藤のキャスティングは適任だったと思う。

引用:amazon

斉木楠雄(さいきくすお)山崎賢人

主人公の楠雄は、超能力を持っているという点ではかなり個性的なのですが、その部分以外は普通の男子高校生。

できるだけ目立たず平穏に過ごしたい、テレビゲームが好き、学校行事に対して消極的な様子など、感覚はどこにでもいる高校生なんです。

そのような目で本作を見ていると、楠雄の周りにいる人たちの方がかなり変わっていることに気づくはずです。

個性的な面々が揃っているので、きっとあなたにハマるキャラクターが見つかると思いますよ!

燃堂力(ねんどうりき)新井浩文

 

金髪モヒカンと立派に割れたケツアゴがトレードマークの燃堂力は、本作の中で最も「愛すべきバカ」といえるかもしれません。

普通の人には思いつかない行動をよくとる燃堂は、楠雄のテレパシー能力を使っても、思考が読み取れない唯一の人物でもあります。

楠雄は燃堂のことをとても嫌がっていますが、「おっ、相棒!」と慕ってくる燃堂はどこか憎めません。楠雄が周囲と関わるようになったのは、燃堂の力が大きいのではないでしょうか?

照橋心美(てるはしここみ)橋本環奈

学校一、いや世界一の美人である照橋心美。楠雄の通う学校では、その美貌からマドンナ的存在。照橋さんを見た人は、その美しさに思わず「おっふ…」と言ってしまいます。

しかし、楠雄は一向に「おっふ」とは言わず、それが逆に照橋さんの心に火をつけます。なんとしてでも「おっふ」と言わせたい照橋さんとマドンナと関わることで目立つことを避けたい楠雄との攻防戦は回を重ねるごとにヒートアップしていきます。

照橋さんに芽生える気持ちの変化、照橋さんの妄想にもご注目ください。みなさんも、「おっふ」と言うこと間違いなし!

そんな超絶美少女を1000年に1人の美少女・橋本環奈さんが演じます!!まさにぴったりはまり役になりそうですね~

海藤 瞬 (かいどう しゅん)吉沢亮

右手に巻いている包帯がトレードマーク。海藤瞬は「漆黒の翼」として、悪の組織「ダークユニオン」と日々戦っています。

というのは、海藤が考えた自身のキャラ設定。みなさんの中にも高校入学を機にイメージチェンジをはかる「高校デビュー」をしたいと思う方は多くいるのではないでしょうか?

海藤もその中の一人。しかし、海藤はいかにも中二病患者な見た目と言動で高校デビューを果たしたのです。

中二病と聞いて、痛々しいと感じる方もいるかもしれませんが、海藤は教育熱心の母親のもとで育っており、塾に通うほど真面目な性格。

本作の中でも、「漆黒の翼」から「海藤瞬」に戻り、ツッコミ役に回ることもあります。照れた顔で「漆黒の翼」を演じている時もあり、思わず可愛いなぁと顔が緩んでしまいます。

灰呂 杵志 (はいろ きねし)笠原秀幸

心も体も燃え盛っている男、灰呂杵志は楠雄のクラスの学級委員長です。灰呂は「男」より「漢」という字がぴったりでバカがつくほど真っ直ぐで熱い人物。

体育祭では「我こそは!」と張り切る灰呂に、クラスは一致団結します。その真っ直ぐさから周囲の人たちから信頼される灰呂は、良い意味で周りを巻き込んでいきます。

灰呂に注目して見てみると、灰呂が気にかけているキャラに気づくと思います。

そのキャラとはなんと燃堂力!燃堂の桁外れな体力に負けまいと、灰呂はメラメラと闘志を燃やします。あなたはどちらを応援しますか?

窪谷須 亜蓮 (くぼやす あれん)賀来賢人

眼鏡をかけ、一見真面目そうに見える窪谷須亜蓮。彼には、同級生に隠している秘密があります。それは、元不良であること。

隠しているようで、言動の節々に不良だった頃の名残がでています。もちろん超能力を使う事が出来る楠雄にはバレていますが、それでも必死に昔の自分を隠そうとしている窪谷須は面白くもあり可愛くもあります。

これまでの自分をリセットし、新しい自分で友達を作りたいという窪谷須の気持ちは、元不良とは思えないほど純粋で真面目ですよね。

アニメ版第17χでは海堂に疑惑の目を向けられる窪谷須ですが、この危機にどう立ち向かったのかご注目ください。窪谷須から男気を分けてもらいましょう!

蝶野雨緑(ちょうのうろく)ムロツヨシ

 

蝶野雨緑はちょっと胡散臭いイリュージョニスト。超能力者の楠雄のことを同業者だと思っている、楠雄のイリュージョンに感銘を受け楠雄のことを勝手に師匠と呼び慕っている。

神田品助(佐藤二郎)

 

楠雄のが学校の校長先生。原作漫画ではあまり登場してない?そんな校長ですが映画では出番が多いのでしょうか?

ちょっとエロい校長という設定で完全なアドリブだとか?どういう役回りになるのか楽しみですね。

原作であまり登場してない人物が主要なキャストの枠に入ってるということは重要なやくどころになるんじゃないでしょうか?

斉木楠雄のΨ難キャラ評判まとめ

窪谷須と海藤のキャスティングが適任で良かった、この2人はビジュアルも完璧だし、演技はずば抜けててよかったという口コミが多数ありました。

吉沢亮さん、賀来賢人さんはその他ドラマや映画でも活躍されていますね。

漫画やアニメと見比べてみるのも楽しいですね。

自分のお気に入りキャラを見つけて下さいね。

コメント