主婦の就職に役立つ資格は?ハローワーク求人数からわかること


スポンサーリンク

ハローワークで求人票を閲覧して気づいたこと

 

仕事が減ってハローワークに行き職業訓練をすすめられ(参考)https://nanairo-diary.com/kunren189-189世の中の厳しさを再認識したところで・・まあいいや、気分転換に求人票でも検索するかな~♫で求人票の必要な資格の欄に「不問(あれば尚可)」ってあるんですよね

 

でも「あれば尚可」って・・・持ってる人VS持ってない人=持ってる方が有利!て考えなくてもわかりますね

 

「学歴・経験不問」とあっても企業側は採用の自由がありますからよりよい人材を採用します。なので「学歴・経験不問」や資格の欄に「不問(あれば尚可)」て書いてあるからと履歴書たくさん送っても玉砕するわけです。学歴もあって経験もある、尚かつ即戦力になる人がきたら・・・絶対そっちを採りますよね。

 

じゃあ未経験だと仕事見つからないってこと?どうすればいいの?30代~40代でブランクのある主婦だとやはり未経験で雇ってもらえる職種は限られるようです。

 

介護職は今人材不足なので引く手あまたみたいですね、私も腰椎ヘルニアの過去がなければ職業訓練に申し込んでたかもしれません、あとすすめられたのがコールセンターですが滑舌が悪いと言い訳しましたが、コールセンターて求人誌でいつも募集してるんですよね。

だいたいいつも募集してるところって怪しいんですよね(勘!)マニュアルあるので大丈夫です~ということはテレアポ必須?インセンティブて・・・ノルマ有り?間違いなくきついよね?みたいな(笑)

 

そんなこんなでどうしよう、今ひとつ職種を絞り込めなかったんだけど色々見てて気づいたのが・・必要とされる資格です。資格持ってたら必ず仕事にありつけるわけじゃないけど・・見てて興味深かったので参考までに

ハローワーク資格別求人数データ(H28年度)

資格名平均求人数
宅地建物取引主任者1542
マンション管理士11
管理業務主任者111
電気工事士(第2種)4177
電気主任技術者3種688
社会保険労務士237
行政書士47
簿記検定(日商1級)280
簿記検定(日商2級)1885
簿記検定(日商3級)1682
FP技能検定1級4
FP技能検定2級13
FP技能検定3級9
CFP/AFP5
測量士651
測量士補469

 

資格別求人数からわかることまとめ

 

FP検定て意外と少ないんだな~もっと需要があるイメージだったけど・・多いのは

電気工事士(第2種)~ビル・商店・工場・住宅などの電気設備の工事をする人は資格がないとダメ。実務経験はなくても受験でき理系の資格ですが文系で独学でも合格は可能なようです。かなり需要があるので取得して損はないと思います。でも主婦向けか?て聞かれたら・・すいません(汗)

 

宅地建物取引主任者~宅地や建物の売買、交換、貸借の取引を行う者。不動産のプロフェッショナル、毎年20万人を超える応募者のいる人気資格です。

 

簿記検定(日商)~簿記とは会計の記帳方法、1~3級が主で各級により難易度が異なる。

ハローワークの求人で多いのは3級で、税理士事務所の事務や中小企業の経理事務などで求められる。2級は工業簿記を修得し財務諸表の数字から経営内容を把握できるレベル。1級は税理士や公認会計士などの国家資格への登竜門となる。

企業の経理・会計部門への就職に役立つようです。どれも頑張れば手が届きそうな気もしますね~

あと大事なの1つありました!それは・・普通自動車運転免許!!です。書いてある求人票多いです!・・事務なんていらないじゃんて思うけどな~でもこれはもう最低限持ってて当たり前?って感じみたいです(悲)

コメント