くびれ母ちゃん体操の効果7.5cmお腹即ヤセ?やり方動画あり!


くびれ母ちゃん体操の効果7.5cmお腹即ヤセ?やり方動画あり!

くびれ母ちゃん体操が今話題になっいていますねー。

くびれ母ちゃんとはくびれトレーナーの村田由美子先生のこと。

ウエストやお腹周りがくびれててほんとにキレイですよねーうらやましい!

梅ズバ!、スッキリ、あさイチ、あさチャンなど数々の情報番組で取り上げられています。

この記事では、お腹ぽっこりを解消するくびれ作り体操のやり方の動画などを紹介します。

お腹ぽっこりの原因は姿勢が悪いのが原因だった!?食事制限筋トレなしでお腹ぽっこりを解消する方法とは?

スポンサーリンク

くびれ母ちゃんのぽっこりお腹解消法!

まずは動画をどうぞ!

YouTube

年齢とともに増えてしまう脂肪を大掃除! 筋トレも食事制限もなしにお腹の周りについたたっぷりな脂肪を解消しちゃいます!

くびれ体操を教えてくれるのが、くびれトレーナー村田由美子先生。村田先生は「膣締めるだけダイエット」「くびれ母ちゃんの最強ながらトレーニング」という本も出版しています。

村田先生が主催するくびれ教室は予約300人待ちという大盛況だそうですよ。

くびれ教室Yumi Core Body→公式サイト

村田先生めっちゃ綺麗で細いんだけど子供が3人もいて一番上は中1だとか!?そんな大きなお子さんがいるように見えないぐらいスタイルがいい!細~い!!

現在41歳の村田先生ですが5年ほど前までは,太ってはいないけれども今みたいにくびれていないごく普通の体型だったそうです。

村田先生はピラティスや整体をベースに独自の方法を考案。その成果はウエスト56センチ今のような美しいスタイルを作り上げました。

大事なのは姿勢で、ぽっこりお腹の大きな原因は姿勢が悪い事。猫背など姿勢が悪いと体型維持に必要な筋肉が弱りお腹がぽっこり出てしまうとの事。

姿勢の良い生活をすればお腹が凹む!ということです。

そして基礎代謝もアップし自然と痩せる!

スポンサーリンク

姿勢を良くするには?

固まった筋肉をほぐすのが大事です。 村田先生によるとほぐすだけですぐに効果が表れる速攻くびれスポットが2箇所あるそうです。

そのくびれスポットとは右の鎖骨の下の方にある小胸筋です。肩の付け根にある小胸筋が硬くなると猫背になりやすいのでこの筋肉をほぐします。

小胸筋にボールをおいて、そのまま床に伏せお尻は浮かせて全体重をかけるようにします。

前後左右に約1分動かしてほぐします。痛いと感じる場合は筋肉が硬くなっている証拠で続けると痛くなくなります。

ちなみに小胸筋ほぐしはボールがなくてもできます。ボールペンの先端部分などを押し当てて腕を前後に振ってもOKです。

2つ目のほぐしスポットはお尻の筋肉、中殿筋です。

  1. ヨガマットの上に仰向けに寝ます。
  2. 寝たら骨盤の上にボールを置いてそこからマットの方にころころころとボールを降ろしていきます。
  3. お尻の横に当たるのでちょっとかませるようにボールに乗ります。
  4. お尻に力を入れたときにできるくぼみの辺りです。
  5. そこに体重をかけてほぐします。
  6. ここが硬い人は股関節も硬いので十分にほぐします。

家でやる場合はテニスボールの上に座るなど工夫してください。

小胸筋とお尻の筋肉の二つの筋肉をほぐして準備は完了です。

くびれ作りの簡単方法

  1. 腸腰筋ストレッチ
  2. くびれ作り呼吸

骨盤を正しい位置に戻す腸腰筋のストレッチ

腸腰筋とは上半身とか半身をつなぐ筋肉のことです。

腸腰筋のストレッチをすると骨盤の位置が元に戻りくびれが作れます。

  1. 右足を大きく一歩前に出します
  2. 左足のつま先に重心をおきます
  3. 肛門を前に向けるように意識します
  4. その状態のまま右足を外側に2歩ずらします
  5. 左手を上にあげます
  6. このまま息を吸って右側に体を倒しながら呼吸します
  7. この時バウンドするとより左側の鼠径部が伸びます

くびれ作り呼吸法

  1. 水の入ったペットボトルを内ももに挟みます。
  2. 内ももを引き上げてくるイメージで、鼻から息を吸ってお腹を膨らまします。
  3. ゆっくり吐きながら内ももを少し締めます。
  4. ペットボトルを引き上げるように意識しながらゆっくり呼吸します。

骨盤の下を覆っている骨盤底筋に力が入ってそこから引き上げていくと、インナーマッスル腹横筋が働くので強化されくびれができます。

ペットボトル呼吸は1回約1分行います。家にいながら、ながらで取り入れ日常的にやり続けることがポイントです。

くびれ母ちゃん体操の効果!7.5cmお腹即ヤセ!?

主治医が見つかる診療所でくびれ体操を体験した大神さんはくびれ教室で一時間半みっちりレッスンを受けるところレッスン前に比べると7.5 cmも腹囲が減っていました!

レッスン前とレッスン後の実際の腹囲のcmは公表していませんが1時間半レッスンを受けただけで7.5cmってすごいですよね?

すぐに効果が出て続ければ痩せやすい体になるくびれ作りの体操。ぽっこりお腹の改善にながらでできるところが良いですね。

内分泌内科の岡部正医師によると、女性のぽっこりお腹は筋肉がよるものと姿勢が悪いので内臓が下がってきてお腹がぽっこりするのが原因。その筋肉をほぐしてストレッチして鍛えるというのは理にかなっています。

ただこれで内臓脂肪が減っているわけではないのでその点は注意が必要との事です。

心療内科の姫野友美医師は小胸筋と中殿筋をほぐすのはとても良いと話していました。

関連記事:主治医が見つかる診療所12月13日血管血液の掃除に良い健康鍋とは?

コメント