たけしの家庭の医学12月25日認知機能チェックSP!テストと改善


たけしの家庭の医学12月25日認知機能チェックSP!

たけしの家庭の医学12月25日(火)は認知機能チェックスペシャルです。夜7時から9時48分までの放送予定です。

教えてくれるのは、認知症研究の第一任者である東京医科歯科大学特任教授メモリークリニックお茶の水理事長の朝田隆先生です。

スポンサーリンク

たけしの家庭の医学12月25日(火)放送内容

「名医とつながる!たけしの家庭の医学」12月25日(火)よる7時放送

動画の中にある「こちらの女性の素顔は何番ですか?」

これがわかれば認知機能は正常です・・ってすいません私たぶん間違えてる、ていうかわかりませんでした。え?ヤバいって?ですよねぇ~これは番組を見てチェックしなきゃですかね。

戸田恵梨香さんとムロツヨシさんの大恋愛のドラマも認知症がテーマでしたよね。

ドラマ内で簡単な物忘れテストやってましたけど、あれは大丈夫だったんですよね(〃艸〃)ムフッ

今回番組では、記憶力・注意力・視空間認知力・言語力の四つの認知機能を総チェックします。

スポンサーリンク

認知症はMCIのうちに発見するのが重要

認知症は認知症の前段階の MCI の段階で対処すれば正常な状態に戻しせる予防できることが分かっています。
MCIにいち早く気づくことが大事なんですね。
認知症に特化した治療や研究に長年従事している朝田先生は厚生労働省認知症研究班のリーダーも務めた経験があります、認知症治療の名医と言えます。
認知症というのは記憶力物忘れだけではありません人によって違う昨日から落ちることもあるので四つの力をチェックしておくことが大事と話しています。

スポンサーリンク

認知機能の四つの力とは?

物忘れなどにつながる記憶力
目で見たことを脳で処理する視空間認知力
様々なことに気を配る注意力
コミュニケーションに欠かせない言語力

以上の四つです。

朝田先生監修6つのテストでこの4つの認知機能をテストします。

認知機能チェックテストはたくさんあります、番組で紹介するのは以下のテストです。

認知機能チェック①イラスト記憶テスト

認知機能チェック①

  • ちょっと動くと用事を忘れてしまう
  • 同じものをいくつも買ってしまう
こんなことがありませんか?

イラストテスト

様々なものを描いた16枚のイラストをできるだけ多く覚えてください。
ちりとり、鼻、タンバリン、扇風機
カマキリ、玉ねぎ、象、おたま、消しゴム、バナナ、車、靴下、鳩、サッカーボール、アジサイ、タンス
では次に簡単な計算問題をします。
ストップというまで100から7を順番に引いて行ってください。
ストップ
先ほどのイラストにあったものの名前をできるだけたくさん書き出してください、制限時間1分です。

イラストにあったものを覚えた後に計算をしたので忘れるんですよね。スタジオの芸能人も苦戦している様子でした。全然ダメだった?でも安心していいんです、本当の記憶力テストはここからなんです!

別の紙を用意してください。今度は先ほどのイラストについてヒントを出します。ヒントを見ながらもう一度何が書かれていたか書き出してください、制限時間は1分です。
いくつ思い出せたかであなたの記憶力の衰えが分かります。

ヒント

1掃除道具2楽器3身体の一部4電気製品5昆虫6動物7野菜8調理器具9文房具10乗り物11果物12衣類13鳥
14花15スポーツ用品16家具

このヒントでいくつ思い出せましたか?ヒントがあると思い出すしやすいですよね。このテストで記憶力に問題なしは10個以上覚えていることです。

この同じテストを軽度認知障害MCI の方と一般の健康の方に答えて頂いたところそれぞれの平均値から10未満だと記憶力に問題ありと設定したと朝田先生は話しています。

記憶には三つ段階があり、記銘、保持、再生=覚える、保つ、思い出す。
年をとると昔のことを覚えているんだけれども最近のことが覚えられない、これは加齢によって記銘力が衰えるからなのです。この場合ヒントを見ても思い出せないのです。
今回のテストでチェックしたのは記憶を司る海馬の部分です。
認知症で記憶力が落ちるのは海馬が小さくなることで記憶力が低下すると考えられています。ですが早めに対処すれば記憶力は改善できると朝田先生は話しています。

認知機能チェック②顔認証テスト

知人なのに顔を見ても誰だか思い出せない!?
記憶力の中でも顔の記憶というのは特別な能力、頭の中には人の顔を認識する顔細胞が存在します。顔を正しく認識することは自分にとって味方なのか敵なのかという重要な判断をすることなので非常に大事な機能なのです。
顔の記憶力の衰えが進むと親しい人の顔も分からなくなる。記憶力が衰えている人は予防改善法があるのでしっかり行いましょう。
朝田先生おすすめ、毎日できることで認知機能の予防、改善法も紹介します。

認知機能の予防改善法!ひとつ前の食事回想法

認知機能改善のポイントは毎日無理なく続ける習慣化することがポイントです。思い出すトレーニングをすることが大切。思い出すというトレーニングを積極的に行うことで情報をインプットする力も鍛えられます。
ひとつ前の食事回想法
  • 朝ご飯の時、昨日の晩の夕食のメニューを思い出す。
  • 昼ご飯の時、朝ご飯のメニューを思い出す。
  • 夕ご飯の時、昼ご飯のメニューを思い出す

なかなか思い出せなくても諦めずに思い出そうとすると海馬が活性化すると考えられています。

認知機能チェック③

なかなか目的地にたどり着けない、地図を見て迷う。
同じような部屋や建物の多い場所で移動した場合、今まで居た場所に戻れないなど…
こういう症状がある場合は視空間認知力が低下しているサインです。
視空間認知力とは脳の中に地図を書いて自分がどこにいるか正確に把握する能力のことです。自分と周りの位置関係を正確に把握する能力、頭頂葉がこの機能を司っています。
この機能が衰えると方向や距離感覚がわからなくなるので、道に迷ったり家に帰れなくなったりする。また、距離感覚がわからないので出入り口などでよくぶつかることもあります。
認知症による行方不明者が年々増加しているのはこの空間認知力の衰えによるものだと考えられています。

ショッピングセンターの駐車場テスト

ショッピングセンターに来て家に車を止めます。出入り口Aからスーパーへ入り買い物をします。
買い物を終えて違う出入り口Cから出ます。あなたが停めた車はどれ?

立方体の展開図テスト

文字図形が組み立てた時どこに来るかを推測する。ある形から完成形を予想する力も、視空間認知力の一つで推論力と言います。推論力とは、形が変化した時どうなるかを理論的に推測すること。
この機能が衰えるとたくさんある物の中から目的のものを探し出せなくなったり、服を着る時どう袖を通していいかわからないなど日常生活に支障をきたします。

視空間認知力をアップさせる改善方法は?

逆さま配膳法

頭の中で位置関係の情報を様々な視点から捉え直す方法が有効で、毎日やっている配膳作業をひと工夫します。テーブルに食事を並べるときあえて向かい側から配膳することで祝歌認知力を鍛えます上下左右が逆転した状況で作業をすることで頭の中で位置関係を組み立て組み換えなければならず、頭頂葉が刺激されます。
視空間認知力が気になる方はぜひお試しください。

認知機能チェック④注意力

お茶を入れようとやかんを火にかけたものの、途中で違うことをすると忘れてしまう…など。
こうした現象は注意力低下のサインである可能性があります。
注意力が衰えると二つの行為に均等に注意を払うことが困難になります。これがさらに進むと高齢者の事故につながる恐れもあります。

赤鼻のトナカイテスト

歌詞を出すのでその通りに歌ってください、と問題が出ます。歌うだけで注意力の衰えがわかります。
赤鼻のトナカイテスト
まっかなおはなのとなかいさんは
いつもみんなのわらいもの
でもそのとしのくりすますのひ
さんたのおじさんはいいました
くらいよちみはぴかぴかの
おまえのはながやくにたつのさ
いつもないてたとかないさんは
こよいこそはとよろこびました

これ、二箇所歌詞が違うんですよね。

前頭葉が注意力を主に司っている。注意力が衰えると物事に集中する力を多くの情報の中から一つに注意を払う複数の作業に同時に注意を分割するなどが困難になるなど、普段通る道で標識等の変化に気づかず事故につながる恐れもあります。

注意力を改善するために大事なことは一つの事に集中する時間を作ること前頭葉は何かに集中している時に血流が増加し活性化する。

片足立ち

注意力を鍛える方法として片足立ちをおすすめしています。
  • 片足で立つと体のバランスをとることだけに集中するので良い。
  • 1日10秒でもオッケーなので無理のない範囲で行いましょう。

 

認知機能チェック⑤言語力

何かを説明する時に適切な言葉が浮かばない
時々人の話についていけなくなる
思い当たる場合は言語力が衰えている可能性があります

言語力とは文字通り言葉を正しく理解したり話したりする力のこと。言語力が衰えると相手が話すことの意味が分からなくなったり言葉をうまく発することが出来なくなったりコミュニケーションが不能になります。

紙とペンを用意してください

海にいる生き物テスト

海にいる生き物をできるだけ多く書き出してください(制限時間1分)
いくつかけたかで言語力の衰えが分かります。10個以上かければOK
言葉を理解する力(インプット)と言葉を話す力(アウトプット)からなります。
アウトプットの力が衰えているとうまく条件に当てはまるものが出てこない言語力の劣るが済むとコミュニケーション自体が難しくなる。
言語力の衰えを予防改善するには、普段から様々な言葉のインプットとアウトプットをしていくことが大切。

言語力を鍛えるには新聞の音読がおすすめ

毎朝新聞を読むときに、声に出して読むことをお勧めしています。
新聞じゃなくても好きな本やスーパーのチラシ何でもOKで声に出して読むことが大事とのこと。読むことで言語中枢の活性化が期待できます。

 

関連記事:

その他

名医が探り当てた原因不明の腰痛、腹痛の正体をドラマ形式で紹介する

スポンサーリンク

たけしの家庭の医学12月25日(火)出演者一覧

司会者=ビートたけし

アシスタント=澤田有也佳(ABCテレビアナウンサー)

ゲスト=山田邦子/榊原郁恵/ガダルカナル・タカ/具志堅用高/紫吹淳

関連記事:梅ズバ11月28日認知症予防に脳トレドリルが効果的!指の体操も紹介!

たけしの家庭の医学12月25日(火)再放送見逃し配信

たけしの家庭の医学の再放送の予定はまだ未定です。

見逃し配信ですがTver(ティーバ)などの無料動画サービスを探しましたが見当たりませんでした。

YouTubeやDailymotion パンドラなどの動画サービスってアップされることがあるかもしれませんが、アクセスしてパソコンが重たくなった動作が悪くなったなどあまり良い評判を聞きません。

忘れないように前もって録画予約することをお勧めします。

関連記事:たけしの家庭の医学12月4日老化ストップ食材!見逃し配信は?

 

コメント