スポンサーリンク

中学生の暮らしと税金作文の書き方!パクリ厳禁!

Pocket

中学生は夏休みの宿題として作文がありますね。テーマは暮らしと税金ということで、どうやって書いたらいいんだよ~と頭の痛い中学生の声が聞こえそうです。

ネットで「暮らしと税金 」「暮らしと税金 作文 書き方」「暮らしと税金 作文 パクリ」

ってよく検索されてるけど間違ってもパクリなんてしちゃダメですよ~

多少文章がおかしくても良いので自分で頑張って書く努力をしましょうね~

スポンサーリンク

中学生の暮らしと税金作文の書き方

まず文字数確認します。

20×20=400文字の原稿用紙が3枚なので1,200文字になります。1,200文字ですと多いように感じますが、起承転結でうまくまとめようとすると簡潔に書かないと原稿用紙が足りなくなってしまうかもしれません。

まずはテーマについて知る

暮らしと税金の作文ということで募集要項をよく確認しておきます.

テーマはずばり「税に関すること」ですね。

内容が税に関するものであれば何でも構いません。例えば税の仕組みや使われ方などについて家族や自分の周囲で日常体験し又は見聞きしたこと。あるいは税の申告や納付のこと学校その他では何の税についての感想など書いてください。

とあります。ここから税に関することで何について書くかを考えます。

税に関することと言ってもたくさん種類がありますよね。

家族で自分の周囲で日常体験し又は見聞きしたこと・・で何を思い浮かべますか?

私も少し考えてみました。ぱっと思いついたのが

・ふるさと納税

・確定申告

・固定資産税

・消費税

などでしょうか?固定資産税などは完璧親目線ですが、 子供も全く関係ないとは言えないですよね。

自分だけが考えて思いつくものは限られていますので、税に関することの種類にどんなものがあるかを最初にピックアップします。

スポンサーリンク

税金の種類は?

税金の種類って言ってもどうやって調べるの?普段こんな難しいこと考えないからわかりませんよね~

国税庁の税の学習コーナーというところで税金のことを調べることができます。

小学生向け、中学生向け、高校生向けと別れており、例文も載っていますので参考になりますよ。一人で読んで理解するのが難しければお母さんやお父さんなどに頼んで一緒に見ながら考えてみるのも良いですね。

・税金とは何か?・もし税金がなかったらどうなる?

・一番身近な税金について

・税金はどういう時にどんなところで使われる?

・税金の使い道は誰が決めているか?

この辺に注目して書き出してみると良いです。その他に、

・税金の納付方法

・税金の還付制度

・確定申告について

スポンサーリンク

見出しから決める

いきなり書くよりも見出しを考えてからその見出しについてまとめていくとスムーズに書けます。例として「消費税」で考えてみます。 消費税について出てくる疑問を箇条書きにします。

・買い物をする時に取られる消費税について

・いつから消費税が取られるようになった?

・今まで意識していなかったけどこの消費税は何に使われている?

・消費税は誰がどこに納めている?

上記のように見出し案をいくつか考えてから、その見出しに合うように答えを書いていきます。

書きながら自分が思ったこと感じたことを付き加えてまとめていけば1200文字なんてあっという間に埋まりますよ。

税の作文の書き出しの例文!題名を決めて書くのが早い!
税の作文の書き出しの例文!題名を決めて書くのが早い!
税の作文の書き出しと題名の例文をいくつか考えてみました。毎年、中学生の夏休みの宿題で出される税金についての作文の書き方。パクリはバレると大変なのでやらないほうが良いですよ。
スポンサーリンク