スポンサーリンク

税の作文の書き出しの例文!題名を決めて書くのが早い!

Pocket

夏休みも中盤、もう宿題は終わりましたか?まだ作文ができてない~って人は頑張って終わらせましょうね。

でも、書けないんだよぉ~泣

と言う中学生のために参考になればと思い、書き出しの例文と題名をいくつか考えてみました。参考にして考えてみてください。

コツはまず、題名を先に決めると書き出しも意外とスムーズに進みます。

書き出しに関しては完全にパクリはまずいので少しリライトしてくださいね。

リライトとは

・語尾の言い回しを変える

・単語を類義語などに変える

ことです。例文のほとんどが消費税に関することになっていますが、自分の身近な物で経験があればそれを書くのが一番書きやすいと思います。

スポンサーリンク

税の作文の書き出しの例文と題名

・自分も納税者

消費税増税がテレビで話題になっていたので興味本位で調べてみたところ、私も立派な納税者なのだと学びました。

・私たちの生活と税金

私たちの生活で当たり前だと思っていたものは、税金によって支えられているそうです。毎日通っている学校でさえ、税金がなければ行けなくなってしまいます。税金の使われ方や大切さについて考えてみました。

・将来を考える

以前「また消費税が上がるんだって。買い物したくなくなるね。」と言う声が聞こえてきた時がありました。その税金は私たちにとっても周りの方にとっても大事に使われる税金だと言うことを知らないのでしょうか?

・父親と行った確定申告

ある日私は父親と税務署に行って確定申告を見ていました。確定申告とはどのようなことか分かりませんでしたのでとても興味があり調べてみることにしました。今回私が感じた確定申告の必要性をお話したいと思います。

・税金ってなんだ

日本にはさまざまな税金が存在します。何故払わないといけないのか。何に使われているのか。生活の身近なことを題材に考えてみます。例えば、みんなが捨てるゴミ、ゴミ置場に溜まったゴミはどうなっているか。

・母から聞いた税金について

私は中学校で税金について習い始めている途中なのですが、正直よくわかりません。今回税金を学ぶにあたり母親から様々なことを聞きました。その話から学んだことをより考察していきたいと思います。

・消費税が一律なのはなぜか

中学生が最も身近に感じる税金といえば消費税である。お菓子等を購入する際支払っているからだ。
消費税は誰が買っても同じ8%だが、累進課税のように支払う人によって税率を変えても良いのではないだろうか。

・おじいちゃんの教え

以前私のおじいちゃんが「将来のために税金は払わなきゃだめだよ。」と言っていた時がありました。今おじいちゃんは亡くなってしまったのですが、その税金を払わなきゃならないと言う意味が最近わかってきました。

・大切な税金の使い道

正直私は、税金は払わなくて良いのではないと思った時期がありました。しかしながら、ある一見によって私の中の税金のあり方が大きく変化しました。そのあり方が変化したきっかけをお話ししていきたいと思います。

・私が払った消費税は何所に行く?

スーパーでガリガリ君を買うとしよう。安売りだったら54円で買えるかもしれない。そのうち4円が消費税だ。この4円、めぐりめぐって何所に行くのだろう。

・医療費について私が考えたこと

私はテレビを見ていて、税金の3分の1以上が医療費であると言うことに大変驚きました。何とか医療費にかかる税金を抑えることができないかと私なりに調べて考えたことをまとめます。

・税金の必要性について

よくテレビやニュースで消費税反対という政党や、税金を安くしてほしいという一般の方のインタビューを見ますが、どうして税金は必要なのか?税金がなくなればどういったことが起こるのか、考えてみました。

・もし、この町に税金がなかったら

校舎が古くなって、新しく建て替えられてとても綺麗になった。「公立の学校って、みんなの税金で建ててるんだよ。他にも病院とか、道路とか…」

・税金って何のために集めてるんだ?

自分は子どもだから税金は関係ない、そう思ってた。だが、母に言われる。「消費税、それから貯金しているお年玉の利息に課税されてる。」僕は納税していたのだ。

・税金について学校で学んだこと

私たちはあまり税金に触れる事はありません。税金に触れるとすれば買い物をしたときに払う消費税位です。あまり税金に触れない私ですが学校で学んだ税金についてお話ししていきたいと思います。

・税の活用のされかた

私達中学生に一番身近な税は消費税です。しかし、社会に出ればそれ以外にも納めるべき税金が増えます。どのような税を納め、どのような使い道をされるのか、今から知っておく必要があります。

・インフラと税

普段当たり前のように利用している道路や橋、空港、鉄道などインフラにも、税金が使われています。

インフラに税金を使うことに対しては賛否があるようですが、災害が起こる度にその大切さを認識させられます。

・中学生でも関係ないなんて言わない

『税金』というと、大人が納めるものというイメージがあるかもしれませんが、買い物の時に商品の値段より数円から数十円多く払っている『消費税』。これも立派な『税金』なのです。

・税とは生きること

税について聞かれても、身近な消費税しか思いつきませんでした。しかし税を学び、税は生きていく上でずっと一緒の付き物なのです。私が暮らせるのも誰かの払った税金。

・今後私たちが支払っていく税金について学ぶ

中学生の私たちが税金を支払っているとすれば買い物でかかる消費税ぐらいしか思いつきません。そこで今回は、将来的に大人になっていく私たちが困らないために税金について学び考察を行っていきたいと思います。

スポンサーリンク

作文パクリサイトについて

ちなみに作文のパクリサイトなどもありますがパクリはおすすめしません。なぜならもしパクリがバレた場合大変なことになるからです。

もしパクった作文が学校内の選考で良い作文だと選ばれてコンクールに出すことになった場合、 コンクールの主催者にパクリがバレた場合はあなた1人だけの問題では済まなくなります。

学校中を巻き込んで謝罪しなければいけなくなり大変面倒なことになります。

まあ、なにも選ばれなければ問題ないんでしょうけどね。

スポンサーリンク

過去にパクリがばれた例

2010年日本福祉大学と朝日新聞主催「第8回高校生福祉文化賞エッセイコンテスト」

応募総数5550通16人受賞

九州の中高一貫の高校生が提出したものが2ちゃんねるの書き込みとそっくりだと話題になり、高校の校長が受賞を辞退するのでを大学側に伝えています。

その他にもネットでパクる場合は、ほぼ高確率でパクリがバレており受賞の取り消しや、パクリをした側からの受賞の事態が相次いでいます。

ほんの軽い気持ちでパクるかもしれませんが、 学校側も迷惑するし、主催者側も迷惑するし、自分自身も後悔するで誰もいい思いをもうしませんし得もしません。

そんなわけで、パクリは絶対にやめましょう。過去の受賞作品やネットに出回っている例文などを参考にするのは構いませんが、自分の中に取り入れた後に、必ず自分の言葉で、自分の意見を織り交ぜながら書くようにしましょう。

原稿用紙に向かって書くのが難しければ、スマホを持っていればスマホの録音機能などを使って音声入力で喋っていくという方法もおすすめです。

スポンサーリンク