スポンサーリンク

帝一の國3巻ネタバレとあらすじ!ライバルを蹴落とす帝一の作戦とは?

Pocket

帝一の國3巻のあらすじ

帝一の國1巻ネタバレとあらすじ!登場人物まとめ

帝一の國2巻ネタバレとあらすじ!地獄の夏合宿で生き残るのは?

帝一の國3巻

厳しい夏合宿も終わり二学期が始まる。2ヶ月後の11月には次期生徒会長の候補者3名が決まる、自分自身の生徒会長選に向け票を固めるためその中の有力候補に忠誠を誓わなければならない。

氷室から特殊任務を命じられた帝一と菊馬、氷室と次期生徒会長の座を争う候補の一人草壁を現生徒会長堂山が指名しないよう裏工作せよというもの。

どんな手を使ってもいいがもしばれた場合はお前たちを切る、という汚く難しい仕事。

菊馬は草壁にハニートラップをしかけ作戦は成功草壁は失脚すると思われたが、堂山会長の鋭い洞察力で見破られ菊馬の作戦は失敗する。

帝一は光明の作った噓発見器で草壁の本性を暴くことに成功する。

スポンサーリンク

帝一の國3巻のネタバレと読んだ感想

今回は氷室に忠誠を誓い取り入るため氷室のライバルである草壁を失脚させるために手段を選ばない作戦を実行する帝一と菊馬

高校生なのにリサーチ力高いし目的のためには手段を選ばないしほんとにかなり汚い。

菊馬は草壁の弱点を探すんだけど人並み外れた観察力や高校生とは思えない洞察力で草壁が実はムッツリすけべで、女子の方から声を掛けてくれる展開を夢見てることを見抜きます。

そして学校の演劇部で女形の役者に頼んで女装させまんまと草壁を罠にはめます。菊馬の仕掛けたハニートラップは当初成功かと思いましたが、結局失敗に終わり、逆に氷室が窮地に追い込まれます。

帝一は草壁はたたけばホコリがでる、悪事を暴くために成功するか失敗するか一か八かの大勝負に出ます。以前、堂山会長に嫌われ失脚したかと思われていた2年のルーム長の本田。

本田が堂山会長に嫌われる原因になった生徒総会の演出での失敗、これは草壁が仕組んだことを暴露することに成功したのだ。

光明が作った”噓発見器”をうまく使った作戦だったが正直、帝一にも勝算はなく危険な賭けだったがうまくいき、草壁は失脚。

堂山会長は帝一の作戦に気付いていたが今回は本田の身の潔白が明らかになったので不問に付すとなり、氷室の草壁を失脚させるという当初の目的は見事果たした。

2年の本田は堂山会長のことを本当に尊敬しているので誤解がとけてうれしいと涙を流して喜ぶ。

氷室は本田は自分の敵ではないと思っているので今回の結果には満足している様子、氷室への忠誠心がますます強くなる帝一

菊馬との競争に勝ち氷室の指名を受けることができるようになるのか?

帝一の心の声まとめ

抱擁では負けたがなんか勝ってる!!(帝一から弾)

僕は忠犬無限大公になる!!(帝一から氷室)

このロマンチックな抱擁を見よ! 大鷹弾完全勝利だ!!(帝一から弾)

この国を帝一の国にするために負けは許されないんだ!

そんな言葉は帝一辞典から削除済だ!!

今回も心の声が激しいです。次回も楽しみですね~

「帝一の國」菅田将暉主演映画についてはこちら♪

実写映画「帝一の國」のあらすじ予想!菅田将暉の衣装の小道具やピアノも

帝一の國4巻のネタバレとあらすじ感想はこちら

スポンサーリンク