スポンサーリンク

帝一の國4巻のネタバレとあらすじ感想!海帝祭で弾が氷室を殴り決別?

Pocket

帝一の國4巻のあらすじ

帝一の國3巻のネタバレとあらすじはこちら

いよいよ次期生徒会長候補の選挙公約の演説が始まった。候補者は本田章太、森園億人、氷室ローランドの3人。

本田章太はもともと頼りない感じなのでほぼ、森園と氷室の2人の戦いになるのはだえが見ても明らか。

森園は部活動においては文系、体育系にかかわらず前年の成績によって予算配分を決める能力主義にすると話す。

しかし成績が芳しくなくても翌年度の可能性を考え”期待予算”を計上するちいう案をだしてきた。

森園とはちがい氷室は学力はもうすでに秀でているのでスポーツで全国に名を轟かせようと運動部に予算を増やすことを選挙公約にすると宣言した。

氷室は多数派である運動部の票をがっちり固める戦略にでたのだ。投票は2月の第1周、あと3ヶ月で票固めをしなければならない。

11月20日に海帝祭があり、氷室は生徒会長の堂山から指示をうけ帝一には開会式の演出を菊馬には閉会式の演出を任せた。

テーマは”日本の美”海帝祭を成功させることは氷室の票固めのチャンスでもある、失敗は許されないと張り切る帝一。

帝一は氷室に票が集まるような演出として、氷室をはじめ運動部の部長がふんどし姿で太鼓を叩くことでリーダーシップをアピールすることに成功した。

帝一は美美子に不純異性交遊が禁止されているので海帝祭には絶対にこないように釘をさしていたけど、美美子はこっそり来てしまう。

大鷹弾は森園億人と美美子と3人で文化部を見学して回るが、そのどれもが高校生とは思えない高いレベルであることに驚く。

”こんなに優れた文化部を切り捨てる氷室君の政策は間違っている”そう話す億人を見つめる弾。

スポンサーリンク

帝一の國4巻ネタバレと感想

億人と美美子と3人で文化部の見学をしていた弾のところに帝一が来て話があるという、

”このままいけば氷室が生徒会長になるのは確実、そしてその次に自分が生徒会長になったら副会長にしてやる”

だから氷室側に入れと話す帝一に断ると言う弾、

弾は”お前とは友達だと思っていた”

帝一はそんな風に思ったことは一度もない!と2人は決裂する。

海帝祭のさなかでも裏では票固めに動き回っていた。

閉会式は菊馬が親のコネを使い盛大な花火を打ち上げ感動的なフィナーレを迎えようとしている。

氷室は弾に近づきとんでもない提案をした。弾の家の経済状況を菊馬から聞き自分の傘下に入れようと取引をもちかけたのだ。

氷室の父親は大きな自動車メーカーの重役を務めている。弾の家の借金をいくらか肩代わりするという条件をだしてきた、その代わりに自分に投票しろとささやく。

氷室の甘い誘惑にぐらつきそうになった弾だが、氷室を殴り、決めた!俺は億人さんを生徒会長にする、戦うぜ!

こんな卑怯な取引をするヤツを生徒会長にはしたくない!

それまでどちらにつくか決めてなかった弾は森園派になると表明した。

海帝祭も無事終わり、弾は運動部の票を動かそうと働きかけるがことごとく失敗、氷室にがっちり抑えられ票を取り付けるのはなかなか難しそうだ。

そこで弾は生徒会長候補の本田章太に森園派に入るように提案する、もともと生徒会長になりたいという野心がない本田は森園が生徒会長になったら本部入りすることを条件に”億章同盟”を組み団結することに成功。

だが”億章同盟”を組んだことを菊馬達がいち早く察知、氷室に報告する、氷室は完成間近の自身の”ヒムローランド”は邪魔させない!と血相を変える。

スポンサーリンク

またいわくありげな(BL)シーンが?

海帝祭で帝一の父親と氷室の父親が顔を合わせたときお互いをじっと見つめるシーンがあって、なんかいわくありげ?

どうやら知り合いらしいのだが・・帝一の父は何も言わなかった。これは何かありそうです。

氷室の父親をじっと見る譲介を見た帝一は

”まさか父さん、外国人男性に興味が・・?”て大真面目な顔して言うシーン。

いやいや、んなワケねーだろって(笑)

この漫画、作者の趣味?なのかちょいちょいBLっぽい描写があります。

好きな人は楽しいかも?あ、だから設定が男子校なのか・・?

帝一には美美子という恋人がいるのでもちろんソッチのけはないんだけど・・

光明との間でもBL描写がありますね~

2巻の夏合宿のときと海帝祭のふんどし締めるシーンで、これはちょっとモザイクないと描写できませんので漫画で読んでください(笑)
帝一の國の試し読みはこちらからできます♪
帝一の國5巻のネタバレとあらすじ感想はこちらからどうぞ

実写映画「帝一の國」のあらすじ予想!菅田将暉の衣装の小道具やピアノも

スポンサーリンク