スポンサーリンク

ワイプで抜かれるのがウザい?ワイプ芸人は必要?

Pocket

ワイプで抜かれるのがウザい?ワイプ芸人は必要?

この右上の四角の画像のところ分かりますか?これ、ワイプと言います。

テレビを見ていたら真ん中の画像よりずば抜けてリアクションしてて目を持っていかれることがありますよね(笑)

このワイプでリアクションする事をワイプ芸と言います。

変なタイミングでワイプで抜かれたりするとイラッとしてワイプがうざいと感じるのは管理人だけでしょうか?今回はこのワイプ芸について紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

ワイプ芸ってなに?

まずみなさん「ワイプ芸」という言葉を知っていますか?

ワイプ芸とは、テレビ番組におけるワイプ(VTR中に隅にゲストの顔が表示される丸や四角で囲まれた枠)内で見せる芸です。

このワイプの中に自分の顔が写されると、そのVTR中の出来事に対して大げさなリアクションを見せて芸をしています。

このワイプ芸をウリ?にしていたのは元モーニング娘の矢口真理さんだったらしいです。

テレビを見ていて、そのVTRの話に集中していたのにワイプ芸の人のリアクションの大きさに驚いて内容が入ってこないこと1度はみなさん経験ありますよね?(笑)

スポンサーリンク

ワイプ芸人がうざい!?

そもそもワイプというものは情報を複数表示することによって、視聴者により多くの情報を伝えることが目的だと思われます。

このことから芸能人がVTRを見ている際にどんな表情をしているのかを写すことによって私たち視聴者にとってより多くの情報や共感を得るためにしています。

つまり、ワイプに写されている芸能人はいつ自分がワイプに写されているのかわからない素の表情をしている必要がありますよね。

いつ抜かれるかわからないからこそワイプが面白くなるのかもしれませんが。

しかし芸人が撮られることを前提として、リアクションをオーバーにしたり無理やり表情を作っていたりするのを見るとちょっとどうなのかなと思います。

しかしこのワイプ芸がうまい人います!芸人でいうとフットボールアワーの後藤さん、バナナマンの設楽さん・・・。

VTRを細かく観察して、ほかの人が言いそうにない、かつ私たち視聴者が感じていることをコメントしてくれています。

スポンサーリンク

ワイプいつから?必要それともいらない?

いまからおよそ30年ほど前に、「ビデオジョッキー」という型ができた時から始まったと言われています。

この後くらいから取材VTRを見ながらしゃべるという「ビデオジョッキー」という形式が浸透したようです。

バラエティやワイドショーでは「ビデオジョッキー」当たり前になっていきました。

その形態だと番組側がキャスティングした大物タレントの露出がVTRのせいで少なくなりますよね?

高いギャラを払っているのにもったいない、それを防ぐために大物の顔を映し出したことがワイプの始まりです。

とらえ方は人それぞれですよね。「このワイプに写っているタレントのリアクションがうるさすぎてVTRに集中できない」と思う人もいれば、

「このワイプ芸のおかげで番組がより一層盛り上がっているとおもう」と思う人もいます。一概には言えませんが、ワイプ芸の人たちの素の表情も気になりますよね。

「あ、この人自分と同じリアクションしてる(笑)」と感じるようになると、いろんなテレビ番組を見るのも楽しくなります。

ということで時々ウザいなぁ~と感じることもあるけど素の部分が垣間見れたり、リアクションがめちゃ面白いときもありで、やっぱりワイプ芸人?は必要! 

スポンサーリンク

『ワイプで抜かれるのがウザい?ワイプ芸人は必要?』へのコメント

  1. 名前:TREK TOS 投稿日:2018/04/06(金) 15:29:15 ID:6c1632f62 返信

    対策として、取敢えず「地デジ(UHF)アンテナ」捨てました。

    • 名前:yao 投稿日:2018/04/06(金) 15:42:17 ID:b13d96669 返信

      コメントありがとうございます。