ジャー坊ってどこのゆるキャラ?妖怪ウオッチとの関係は?


すっかり日本の文化に定着したゆるキャラ。全国各地に様々なキャラクターが活躍しています。そして2017年も、新たなゆるキャラが誕生しました。そのキャラクターがこちら!

ジャー坊と言います、なにかに似ていますね( ^ω^)・・・

スポンサーリンク

ジャー坊ってどこのゆるキャラ?妖怪ウオッチとの関係は?

ジャー坊は福岡県大牟田市の公式キャラクターです。

大牟田市は炭鉱が盛んな街として有名。ジャー坊は、そんな大牟田市の100周年記念に作られた公式PRキャラクターです。

「ジャー坊」という名前は、毎年夏に開催される「大蛇山まつり」の蛇からとって名付けられたみたいですよ。

気になるのがプロフィールですね!

スポンサーリンク

ジャー坊のプロフィール

大牟田市公式キャラクターのHP上には

ギリギリ人間に見える姿に変化(へんげ)した大蛇の化身。
炭鉱のまちの人々からもらったつるはしとヘルメットがお気に入り。
まちの守り神なのだと言い張るが、その真相は定かではない。

引用:大牟田市ホームページ – 大牟田市役所

とだけ記されていました。

ゆるキャラというと、好きな食べ物や特技などをゆる~く紹介しているケースが多いのですが、ジャー坊はいたってシンプル。そこがまた謎でカッコイイですよね。


ジャー坊の特徴は?妖怪ウオッチと関係が?

今年華々しくデビューを飾ったジャー坊ですが、特徴的なのがそのフォルム。何かのゲームキャラに出てきそうだとは思いませんか?

そう、『妖怪ウォッチ』です!

ジャー坊をデザインしたのは、大人気ゲーム『妖怪ウォッチ』で有名なゲームソフト製作会社「レベルファイブ」だったんですね。

新キャラなのに、どうりで親しみを感じるわけです。ジャー坊は世間での人気も上々で、市内外のPRイベントやプロモーション活動に積極的に参加しています。

記念切手などのグッズ商品や「ジャー坊のテーマ!」と題した「ジャー坊体操」も好評なようですよ。

スポンサーリンク

ジャー坊の生みの親は?

ジャー坊の生みの親はこの人。

「株式会社レベルファイブ」の代表取締役社長、日野晃博さんです。

「ジャー坊」の名付け親でもあるんですね。

日野さんは、大ブームとなった「妖怪ウォッチ」をはじめ、世界中でヒットしたあの「レイトン教授」シリーズも手掛けた売れっ子クリエイター。

なぜそんな世界的ヒットメーカーが、大牟田市のゆるキャラを作ることになったのでしょうか?

その理由は、日野社長の出身が大牟田市だった縁があるそうです。自分を育ててくれた街への恩返しに、一肌脱いだんですね。

「常に新しい挑戦を続け“世界一のエンターテインメントブランド”を目指す」

と公言している日野さんにとっては、ゆるキャラ製作も新たなチャレンジの1つだったのかもしれません。早くもブレイクの予感が漂うジャー坊。

近いうちに、「妖怪ウォッチとコラボ」なんてこともあるかもしれませんね!

関連記事:こにゅうどうくんが組織票で不正?ゆるキャラグランプリ一体どうなる?

コメント